トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 赤西仁
CATEGORY ≫ 赤西仁
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

赤西仁『Hey What's UP』を聴いたよ

「【UVERworld Live at Avaco Studio 2】公開」、「ONE OK ROCK 2013TOUR『人生×君=』@横浜アリーナ 0525」への拍手ありがとうございます!



台風で関西方面をはじめ各所被害に遭われていますが、皆様大丈夫でしょうか。
管理人宅は幸いにも特に被害はありませんが、そもそもがハザードマップで危険地域に指定されてるので他人事ではないなぁ、と。

川に囲まれてて洪水起こったらアウトなんで、印鑑とか通帳とかそういう大事なものは1階に保管しておかない方が良いかもしれませんねぇ…。


さて。

赤西の『JAPONICANA TOUR 2012 IN USA 〜全米ツアー・ドキュメンタリー〜』が来週に発売を控えておりますが、あまりに金欠過ぎて発売日に買えるかどうかも危ういです(笑)!
Amazon先生は26%引きの3500円という素敵な金額を提示しておられるので買うならAmazonかなぁ。もちろんBlu-rayで。

新曲もその翌週には発売と。なんかこの1年5ヶ月の間にリリース予定だったんだろうなぁっていうアイテムが矢継ぎ早に投入されてる感がハンパじゃねー(笑)

そんな怒濤のリリースの前に、超今更のような『Hey What's Up?』の感想をば!(ホント今更)

HEY WHAT'S UP?(通常盤)(外付け予約特典ポスターなし)HEY WHAT'S UP?(通常盤)(外付け予約特典ポスターなし)
(2013/08/07)
赤西仁

商品詳細を見る



あの、まず言いたいのは3曲とも超ツボ!っていうこと。好みです、めちゃめちゃ。

初聴の時点でいいなぁって素直に思った表題曲はもちろん、c/wの『KEY TO YOUR HERAT〜君のココロの鍵〜』『SUMMER LOVING』もすげー良い!
今のところ『KEY TO YOUR HERAT』が一番好きかな。“君のココロの鍵”っていうサブタイトルは厨二臭すぎて要らないんじゃないかと思うんだけど(つ∀`)


『JAPONICANA』自体も凄い好きなアルバムではあったんですけど、今回のシングルって今まで以上にグッと全体の完成度が高まってる気がします。

アレンジとかサウンドの処理にスキがないというか。

で、エンジニア誰なんだろうとかマスタリングスタジオとかどこなのかなーとか知りたくて歌詞カード開いてもクレジットに載ってねぇww載せろww


『SUMMER LOVING』以外の2曲は日本語と英語のちゃんぽん歌詞ですが、日本語をハッキリと日本語らしく発音していないような歌い方で、これは恐らく赤西本人としても意図してやってるだろうな、と思います。

言葉をハッキリと伝えるというよりは、音としてサウンドに馴染ませていく方向に完全に針を振った感じで、非常にいい

過去にも度々このブログで言及していますが、管理人は音楽を聴くときに歌をまずは「音」として認識するので、周りのサウンドにちゃんと馴染むのかどうかって凄く大事。

その意味で『HWU』も『KYE〜』も耳馴染みとしては最高です。
『KYE〜』の“きっと今愛は咲くと”なんて最初何言ってんのか全然日本語として認識出来ないレベルだしね。

ていうか、曲中の「KEY TO YOUR HEART」って何度聴いても「KILL YOUR HERAT」に聞こえるんだけど、わざとですか(笑)??

2曲ともボーカリゼーションとしてはちょっと掠れてるというか、あんんまり力入れてない感じなんですけど、それが逆にたまにはっきりと歌うような箇所(「HWU」の“ガンガンに〜”とか)を際立たせているのでメリハリついてていいなぁと。


『SUMMER LOVING』は他2曲が打ち込みで進行する中、しょっぱなからギターの軽快なカッティングで始まるので、シングル全体としてうまくバランスが取れてる感じ。

比較的力強い地声で伸びていく「Baby It's summer let's party」からサビに入るまでのバックサウンドとか、ベタと言えばベタだけど、すごいハマってて聴いてて気持ちイイですね。



どの曲も赤西の根本的に悲しい声を活かしたいい曲とアレンジなので非常に満足ですわ。
歌詞にないフェイクとかも相変わらず入れどころを逃さないで曲に表情を入れていく感じ、好きです。

「HWU」はPVも歌詞もリア充感出しつつやっぱり刹那的だし、「KEY TO YOUR HEART」はあの溶けそうな声とアレンジに失恋ソングだし、「SUMMER LOVING」も典型的な一夏の恋って感じで、なんか全体的にやっぱり満たされない感じですよね、赤西。

それが似合うと思います。


3曲ともクオリティが高くて何周してても飽きないね、っていう。
これはぜひともクラブとかライブハウスで聴きたいなぁ。

ひたすらリズムと声にノって揺れていたい感じ。


新曲も楽しみです。



スポンサーサイト

赤西の声は悲しい


新曲の『HEY WHAT'S UP?』のPVショートバージョンが公式サイトで公開中ということでペタり。

http://wmg.jp/artist/akanishijin/news_50037.html


あー、これ凄いイイっすね。

PVのアイデアは若干エイベックス系のアーティストっぽい匂いがしつつ、色彩は蜷川実花っぽさとかを感じつつ、単純にいいMVだなぁと思います。

つーか赤西ってイケメンだったのな(超今更)。びっくりしたわ。


楽曲が非常に好みということに加えて赤西が凄くいい表情してるなぁって。

以前も全く同じ事書いた気がしますが、赤西ってモロにその時の精神的なコンディションが雰囲気に反映される人間だと思っていて。で、今すごいいい感じなんだなぁというのが分かる(笑)


あと、久々の新曲を聴いて思ったのは、赤西の声は基本的に「悲しい」なぁと。「切ない」とかっていうのも近いのかもしれませんが。

上手くいえないけど、刹那的喪失感を感じる声と言いましょうか。

今回の新曲も割とPOPな路線の曲なんだけど、ずーっと続く楽しさというよりは一瞬を切り取ったような空気を感じるのですよね。

もちろんサウンドとかアレンジの影響もあるとは思ってますけどね。

何となく、赤西の声のそういうところが好きかな、と改めて感じましたわ。


ダンスシーンも相変わらず遊び慣れてる雰囲気MAXの、自分の魅せ方知ってるなって感じの、つまり好みです(笑)。

発売前の曲のPVをこんなにヘビロテするのって実は管理人的には珍しいっす。いやぁ、そのくらいイイわコレ。




音楽が好きなんだねぇ、君は。


『HEY WHAT'S UP?』ジャケ写&イベント解禁


赤西のジャケ写解禁&イベント決定〜。
http://wmg.jp/artist/jinakanishi/news_49861.html

ジャケ写は初回Aと通常が好みです。

4種全種買いでイベントが予想通り過ぎて特に何の感想も出てこないんですけど(笑)、しかしアイドルヲタって今後須らく財力を試される方向に行くんでしょうか

イベントはまた横浜アリーナとかそういうキャパなんすかね。今回は大阪もあるみたいだし会場にも寄るけど倍率読めない感じ!


問題は4種類も買うお金無いってことですよ!I'm 無職 nowですよ!収入は無いのに税金だけでも毎月ン万円と飛んできますからね・・・。
あ、でもそろそろ無職が解消されそうな空気です。(空気って何だ)


そして応募特典Bコースが今時フィーチャーフォン限定の待ち受けwwww


さすがにジャニヲタももうスマホ層の方が多いんでないの、と思うんだけどどうなんでしょうね。

なんかもう新曲の着うたが配信されてるらしいですけど、CD発売日までまったり待ちますわ〜。
と思ったらそもそも配信対象がフィーチャーフォンとAndroidだけだったw

赤西再始動!


赤西再始動きたどおおおおおお!!!


【赤西仁、1年半ぶり新作「HEY WHAT'S UP?」で活動再開】
http://natalie.mu/music/news/93435

【赤西仁が活動再開を宣言。8月にシングル発売決定 「この日が来るのを待ち遠しく思っていました」】
http://www.excite.co.jp/News/music/20130623/E1371968374435.html


その他もろもろスポーツ新聞とかWEBサイトとかにアップされてますが、要約すると

★8月にシングル出すよ!夏っぽいアップテンポな曲だよ!
★リリース形態は後日発表するよ!
★8月以降の活動は今のところ未定だよ!

そんなとこですかね!!


いやー、1年5ヶ月ぶりとか長かったような短かったような。

これ↓を見ると復帰に関してはワーナー・ミュージックとJ事務所の連名でマスコミに発表されたようで。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130623-00000047-dal-ent

この手の復帰というのが通常どういう手順で行われるものか分かりませんが、連名というのがスタンダードなんですかね?

赤西に関して言えばグローバル契約云々で、記者会見に暫定的にワーナー・ミュージック・ジャパンの代表も務めていたラッキー・ラザーフォード氏が出席してくれていましたので、かなり上同士で(金額も含め)大きい話をしていたんでしょうから再始動に当たっても色々な話が動いていそうだなと思います。


そしてワーナー・ジャパンのCEOが結構前にラッキーおじさまから別の方に変わっておられたんですね〜。
現在は石坂 敬一氏(元・ユニバーサルの代表らしいっすね)がCEOだそうで。だから何だって話ではあります。



いやー!再始動一発目がバラードとかじゃなくて良かった(笑)!!

さりげなくアレンジバージョンがめっさ楽しみ

TEST DRIVEがいよいよ7日に発売ということで。

TEST DRIVE featuring JASON DERULO(初回限定盤)(DVD付)TEST DRIVE featuring JASON DERULO(初回限定盤)(DVD付)
(2011/12/07)
JIN AKANISHI

商品詳細を見る


平日はCD屋に行けないこともあり、最近早く聞きたい新譜はセブンネットで予約して調達しとります。
数日前までに予約しとけば、ほぼ確実にフラゲ出来ますので、ネットで注文してフラゲしたい人にはおススメ。
本は大体アマゾンなんですがね。

そういえば楽天市場の総流通額だか何だかが1兆円を超えたというニュースも見ましたが、楽天をとんと使わなくなったなー。


購入者にだけイベント参加権が当たるという(しかも当たったら当たったでチケット代別)というどこのAKBだよ的商法が実施されるわけですが、思えばBANDAGEの時からして超ドーピングしていたわけで、ファンとしては何とも複雑っす、という。

デビューしたばかりのグループが握手会やってノイエとドロドロの1位争奪戦してたりとか、先輩グループがセブンネット盤出して年間1位奪取したりとか、そういうのって一旦相手方(この場合すべてAKBだが)のやり方に乗っちゃうともうほんとただの消耗戦になるよなー。

むしろAKB側がああいう商売をしているんだから1位を取れないエクスキューズが用意されているともいえるわけで、そこでさらっと初登場1位が絶対みたいな慣習をやめてしまえばよかっただろうに。


あぁ、そういえばハイエイタスの新アルバム、初動3.3万枚だったそうで。1stの時の初動に比べたらだいぶ下がってるけどそれでも宣伝ほぼなしみたいな状態でおまけ要素もつけずに3.3万売るアーティストって今じゃ貴重なんだろうな・・・。おめでとうございます。年末フェス効果とかで累計で伸びるといいな。


話は戻って。
つまり何が言いたいかというと「ごめん、テスドラ初回と通常1枚ずつしか買わないw」っていうことですね。
誰に対する宣言か不明。


いや、アーティスト側も苦しいんだろうし商売だからアレですけれどもね・・・。

CDや本雑誌がもはや食玩状態のこのやり方っていつまで続くんだろうなぁとか思いながらテスドラの発売日を心待ちにしております。

かしこ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。