トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2007年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2007年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ジャニーズ
CATEGORY ≫ ジャニーズ
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

10/2 大奥舞台挨拶@丸の内ピカデリー

1週間以上経っててもはや需要的に皆無かと思われる【大奥】舞台挨拶14時~の回レポです。
メモり切れてなかったり順番思い出せてない部分も有るレポすがどぞ!

メディアが入ったのは10時25分~の回だったようで。

20101003020814.jpg

キャパ800人くらいのスクリーンで、映画館としては大規模ですが出演者を生で見るって点で言うと中規模の劇場レベルですか。帝劇の半分以下ですもんね。

日比谷からプラプラ歩いて13時40分頃についたのかな?
既に入場者はロビー奥に列を作ってました。(それとは別にグッズの列もあって結構並んでた)

会場に入場する時にチケット切られるのと同時に5円玉が入った大入り袋が全員に配布されましたよ!

20101003020809.jpg

何でも初日だけで17万人を動員した記念だそうです。
衣装が総額2億円だったと特番か何かで見ましたが衣装代は初日で回収出来たということですかー。

座席はPの25番、ちょうど右ブロックの通路側だったので見やすかったです。

14時になると入口が閉じて司会の伊藤さんが登場。舞台上手にスタンバイ。
「今からの舞台挨拶はカメラ等もないのでリラックスした感じになるかもしれませんね~」みたいなこと言って舞台挨拶スタート。

出演者が登場すると女性客の歓声がちょっと上がったんですが(そこまでキャー!!って感じではなかったです。)「たっちょーん!」「ニノー!」という声に混じって「玉木あーん!」という声も。俳優さんが黄色い声で呼ばれる場面に生で遭遇したのは初めてだったんでなんだかちょっと新鮮でした笑。

登場したのは監督含め9人。(ツイッター速報ではなぜか8人と書いてましたが9人です)
ステージ向かって左(下手側)から以下の順番で並んでました。(敬称略)

佐々木・阿部・玉木・柴崎・二宮・堀北・大倉・中村・金子監督

衣装は既にWSやメディアでのレポにあがってると思いますが、全員黒基調で赤を差し色にしたフォーマルな装い。

柴崎さんが思ってたよりずっと小柄だった。二宮君と並んでも小柄だと感じたくらい。そして黒のニーハイですよ!女でもハァハァしますね(真顔)!
そして(中村)蒼君けっこう背が高いのね!170そこそこかと思ってたけど大倉君と並んで少し小さいくらいだから175くらいは有る?BECKの番宣でよく彼を見かけてて気になる俳優さんになりつつあるんですが、リアルなサイズ感も手伝ってテレビで見るよりずっと男っぽい子だと思った。
玉木さんと佐々木蔵之介さんはタッパあってスラっとしてて素敵でした!すっごい俳優オーラ出てましたよ。「うわー、芸能人だー」みたいな(笑)。2人とも良い声してて、いい男って声までいいのか卑怯だなと。
金髪大倉君も案外違和感無かった。そして大きいね。

そして番外(?)ですが金子監督が非常に小柄でして(二宮君より小柄だよなぁ)、その点もちょっとびっくりしました。

二宮君から順に挨拶。コメントはほぼすべてニュアンスですのでご容赦をー。

二宮:「本日はお越しいただいてありがとうございます。ついに出来上がりました。(劇中で)絡んだどのキャラも魅力的で楽しかったです」
司会者:「役を演じて感じたことは..?」
二宮:「水野ですか?ええっと、イイ男だな、と。あの、僕じゃないので(笑)」
司会者:「共通点は?」
二宮:「(ちょっと考えて)...男ってところじゃないでしょうか(笑)」(観客笑)「あとは...すいません、もう一度映画ちゃんと見ます(笑)!」

柴崎:「初の時代劇です。でもあんまり時代劇時代劇していないです。男女逆転も見ていて違和感がないですし。いい男がいっぱいなので堪能して下さい(笑)!」

堀北:「お信は私自身も凄く好きで尊敬してます」

大倉:「僕は映画初出演で、上映前にこうやってお客さんに会えるっていうのが映画なんだなぁと。...先輩である二宮君とこうして一緒にお芝居出来たのも本当に嬉しかったです。あざっす。」(なぜか後半の方はかっこつけた言い方になってた笑)
司会:「ということですが、二宮さんどうでしょう?」
二宮:「(後半の大倉君の喋り方をマネして)...後輩である大倉君と、こうして...一緒にお芝居出来て本当に嬉しいです。・・・あざっす」(一同爆笑)

んー、二宮君余裕だなぁ(笑)。

中村:「凄い豪華なキャストで、自分がこの場にいられて嬉しいです。衣装も凄いこだわってるのでそういうところも見て欲しいです」

玉木さん佐々木さん阿部さんのアダルト3人に関しては頭から飛んでますすいませんorz
でも玉木さんが「肩肘張らずにリラックスして見れる時代劇」とか何とか仰ってた気が。



続いて共通の質問コーナーで『自分が演じた役以外で演じるとしたら誰を演じてみたい?(理由付きで)』

司会者:「誰からいきましょうか?笑」

どういう経緯か忘れましたが阿部サダヲさんから答えることに(笑)。

阿部「ブルース・ウィルスになりたいです」(一同爆笑)
二宮:(1歩前に乗り出して)「ちょっと待って(笑)!僕の見た原作にはブルース・ウィルスは出てこなかったんですけど、違う原作読んでるんですかね(笑)」
阿部:「いや、なんかブルース・ウィルスいいなって」
二宮:「(笑)大奥だと誰がいいの?」←二宮君最初は控えめでしたがこのあたりからノってきます笑
阿部:「大奥だと総取締役(=佐々木さんの役)ですね。取り締まれるのって良くないですか?僕取り締まられる側なんで」(会場笑)
二宮:「じゃ第1候補は藤波で、第2候補がブルース・ウィルスだと(笑)」

玉木:「僕は御伽坊主がいいですね!」
柴崎:「(玉木さんの発言にかぶり気味に挙手しながら)私も!!」(会場笑)
玉木「ただのエロジジイなんだけどね(笑)」

理由は何だったか忘れましたw

二宮:「これもう先に言ったもの勝ちだよね(笑)俺は...」
佐々木「(割り込み感全開で)総取締役!!」(一同爆笑)
誰か:「今すごい強引に(笑)」
二宮「しかもあの人ぶれてないぞ!!(笑)」←劇中でも総取締役だからねw
佐々木「いいじゃないですか、取り締まる側だから(笑)。立場が上なんで(玉木さんとしたようなこと)誰とでも出来ますよ(笑)」

二宮:「俺は誰だろうな...杉下がいいかな」←阿部さんと2人で杉下いい役だよね~としみじみ話してました(笑)。
司会:「では杉下役をやる場合、誰を水野にしたいですか?」
二宮:「そうですねー、(中村)蒼くんかな」
中村:「あ、ホントですか?嬉しいです!」
司会:「なぜでしょう?」
二宮:「蒼くんほんとに可愛らしいので、色々教えてあげたいな、と(笑)。あとやっぱ僕が杉下で水野が佐々木さんとかだとちょっとね(画的にムリがあるという意味だと思う)。なんせ総取締役ですし(笑)」

大倉:「僕は(中村)蒼くんの役がいいなーって。キスとかしてじゃないですか。ああいうのもうちょっとやってみたかったです」(会場笑)
二宮:「あなたも玉木さんに寄り掛かってたりしてたじゃないですか。あれじゃ満足出来ない?(笑)」
大倉:「もうちょっとあっても良かった(笑)」

中村:「僕は鶴岡(=大倉君の役)ですかね。腕っ節強いところとか、殺陣をバチバチやったりするのカッコいいなって。」

堀北:「私も鶴岡がイイです」(会場からちらほらと何故?という空気が)
誰か:「何で鶴岡がいいの?」
堀北:「やっぱり殺陣をやったりしてる姿がかっこよくて...」

じーっと何かをアピールするようにまきちゃんを見る二宮くん。

堀北:「あ、二宮さんの殺陣もかこよかったですよ!(フォロー・笑)」(会場笑)

司会:「ちなみに監督はどなたを演じてみたいですか?」
金子監督:「僕ですか?僕は花魁やってみたいです!」(一同笑)

監督は花魁のあの独特の歩き方(ぽっくりを地面に擦って歩くアレ)をやってみたいらしいです。
それにしても誰一人主役の水野を挙げないってある意味凄くないですか(笑)。

この質問の時だったか忘れちゃいましたけど、二宮君と柴崎さんが何やら話して2人で笑ってたりする場面があっていい雰囲気でした(´∀`)


最後に締めの挨拶ということで金子監督。
「こんなふざけた話ししてる僕らですが作品は真面目に作りました!」(会場笑)「今日の舞台挨拶をもって【大奥】は僕らの手から離れます。後はみなさんの手で育てていって下さい!」

そして主演二宮君の挨拶。
「えー、ほんとにこんなお話してますが、お芝居は真面目に、真面目に(強調w)やりました。浸るも良し、傍観するも良し、皆さんが観たいように観てお楽しみ下さい。ありがとうございました」

二宮君のこの観るスタンスを相手に問わないコメントが非常に印象に残ってます、はい。
こういうところ良いな、と思います。

最後は登場した時と同じ下手側から捌けていきました。
ステージを降りるとき柴崎さんが客席に向かって両手を小刻みに振ってて可愛いかった。
大倉君も客席に向かって片腕の拳(?)を前に突き出すような動作をして降りていきました~。


他にも阿部さんが凄い面白い発言とかしてたきがするんですがどうにも思い出せない(つД`)
番宣とかで少ししか喋らなくても面白いとこガッツリもっていってましたがあんな感じですほんとに(笑)。凄いなーズルいなー阿部サダヲ。
正味20分くらいでしたが、和気藹々と言うかアットホームな舞台挨拶で非常に楽しかったです!

レポ以上です。お粗末様でした!

スポンサーサイト

5LDK(生田君)&MR.ブレイン

録画したままだった番組を6割ほど消化。その中から「5LDK」と「MR.ブレイン」の話を。


まず生田君がゲストで出たTOKIOの冠番組5LDKなんですけど、もうこの放送回の個人的なハイライトは生田君の自宅写真ね(笑)!!

でっかいhideちゃん人形があるではないかーーーーーー(しかも2体)!!!


うわー、改めて親近感湧いたわ(笑)。流石LEMONedの服を着てテレビに出た男だわ。

その人形があったのが生田君のCD&DVDが収められたメディアスペースだったんですけど、hideのシングルBOXもあって、X JAPANのコンプリートBOX(定価約3万円)も確認出来ました(笑)。

松岡君も「あれhide?」って食いついてくれたのが嬉しい←単純
そういえば松岡君もhide好きなんでしたっけ?(そんな話を聞いた事あるけどうろ覚え)


あ、この番組見て思ったんですけど、生田君をジャニーズだと認識してない人たちってかなり多いんですかね。

この時のゲストが生田君と比嘉さんだったんですけど、松岡君がゲスト入室シーンで生田君だけ追い出すんですよ。
当然バラエティ特有のネタなんですけど、でもこの時にテロップで「TOKIOは生田君所属事務所の大先輩です」みたいなテロップが出てて。

生田君=ジャニーズ所属のイメージが一般にあればこんなテロップは不要だと思うんで(先輩後輩のじゃれ合いだというのがすぐに分かる訳だから)、わざわざああいうテロップ出すって事は、「生田君=ジャニーズ」のイメージが無いって事なんでしょうねー、多分。

この番組中で生田君によるジャニーズ年表みたいなシーンがあって、パネルに仁亀出演(笑)。
「亀がこの辺(98年)でー、で、仁もここ」みたいな感じに。生田君の「仁」呼び@肉声って初めて聞いたかも。

しかしあれですね、ほんとに彼はイケメンですね。hide好きだからという贔屓目を抜きにしても(笑)、好青年ですな。
トーク出来て演技出来て顔もいいんじゃ、そりゃ人気も出るよね、と。

「魔女裁判」もですが、来春公開の「人間失格」もめちゃくちゃ楽しみです。BANDAGEもあるし、先の楽しみが沢山あるっていいですねー。



そして《MR.ブレイン》

木村氏主演の新ドラマですね。木村氏主演のドラマをちゃんと見るのは実は初めてです(マジで)。
ロンバケ、HERO、華麗なる一族、その他etc、一切見た事ありません。木村氏が嫌いな訳では全くないんですけどね(むしろ彼は「凄い」というイメージ)。
数日前にこの事実に気がついて我ながらビックリしてますわ。

そんな訳で個人的に記念すべきドラマです《MR.ブレイン》。勢いでMR.ブレインパンも買って食べたましたよ。亀梨も宣伝してたしね(笑)。

1話と2話をまとめて見ましたが、出演者豪華過ぎる(笑)。ちょい役で出てる人だけでも何か凄い事になってるよこのドラマ。

でもその豪華さに埋もれない木村氏も凄い。どんなに出演陣が豪華でも「飽くまでも主役はこの人」っていう空気があるもんね、常に。

で、ドラマの出来自体は個人的に「ブラッディ・マンデイ」と同系統という印象です。
内容が被るという意味ではなくて、

「現実に有りそうな設定で且つ科学的な側面をフューチャーしてるけど、突っ込みどころ満載」

という点においてです。

特に1話目の解決方法は、暴力的だよなぁ・・・・と。

そんなに重く観るドラマじゃないのかも知れませんけど、試験段階の科学技術で犯人を暴くという展開がどうしても暴力的に感じてしまう訳で。

現在リアルタイムで「20年前のDNA鑑定が間違っていた。当時はまだ充分な精度では無かった」という問題が発覚しているだけに尚更ね。

「脳みそは嘘をつかない」かもしれないけど、「勘違い」も「忘却」もするんですよね。


脳に関する蘊蓄や、木村氏のあの飄々としたキャラクターは非常に魅力的だし、それなりのミステリー要素もあるので見続ける予定ですが。

また、このドラマの重要なテーマの一つであると思われる《何らかのきっかけで趣味嗜好さえ変わった自分が、以前の自分と「同じ人間」であると言えるのか》という、ある種哲学的な問いにどういう着地点を与えるのかというのも興味深いところではあります。


見たい!

太宰治の代表作、『人間失格』が映画化決定。

主演:生田斗真



ぬおおおおおお!!!マジでか(゜Д゜)!!



『人間失格』、生田君のweb連載でも書かれてましたが恐らく日本一読まれているであろう小説でしょうね。
管理人も中学生のとき読みましたよー。


あの「大庭葉蔵」を生田君が演じるんですねぇ・・・・。
どんな感じになるのかちょっと想像出来ません。正直、生田君にそういう破滅的で自堕落なイメージが無いですからね。

それだけに逆に生田君が大庭葉蔵をどう演じるのか非常に楽しみであります。


古典と言っても良い名作の主演であるだけにプレッシャーも相当のモノかと思われますが、うん、楽しみです。


これを機にまた読み返してみようかなぁ。
中学の時に読んだのは新潮文庫でしたが、集英社文庫版が読み易いデザインになってるらしいのでそっちを買おうかな。

集英社文庫の新装版はヒカ碁やデスノの作画を担当した小畑健氏が表紙を担当した事も有り、古典作品としては異例の7万部以上の売上を記録したそうですが今回の映画化を機にまた売れるのかしら。

集英社文庫の『人間失格』は270円という素晴しい価格設定ですし、手に取られ易いかと思います。


人間失格 (集英社文庫)人間失格 (集英社文庫)
(1990/11)
太宰 治

商品詳細を見る




生田君とhide


さっき初めて知ったんですが。

生田斗真君ってhide(とX JAPAN)が好きなんですねーーー。


妹曰く「結構テレビとかでも普通に言ってるよ」とのことなんですが、いかんせん、管理人はテレビをあまり見ないので全く知らなかったっす。
ファンの方の間ではもはや常識な感じですかコレ。スイマセン。

オールナイトニッポンでは「人生の師匠として尊敬してるアーティスト」とかおっしゃってたそうで。(リスナーへのクイズ・コーナーだったみたいですが)

ドラマ『花ざかりの君たちへ』の公式HPでの質問コーナーでも「よく聴く音楽/好きなアーティストは?」との問いに「ロック/hide」と回答しています。

更に、劇団新幹線の吉田メタル氏のブログによると主演舞台『グリース』の東京公演時、楽屋にhideのポスターが貼ってあったと。


そ ん な に 好 き な ん で す か 


管理人、生田君の演技をきちんと見たことは無いのですがwebでの連載とかちょくちょく覗いたりはしてて。
で、芝居に対する姿勢とか考え方とかが非常に誠実な人だなと思ってはいたんです(ココでもちょっと書いたけど)。

そういう人が「人生の師匠」とまで言ってたりとか、座長を務める舞台の楽屋にポスター貼ってたりとか、なんか凄い嬉しいなーと言うか、一気に親近感が湧いたと言うか(超単純)。

でもマジでhide好きな人って、生き方や人間性も込みで好きって人多いですよね。管理人もその一人ですけど。(入り口は音楽なんだけどね)

その辺りに関して生田君は何か語ったりしたことってあるんでしょうか?
知ってたら教えて下さい~(ボソボソ)



大倉ソロコン17日2部 雑感&備忘録

大阪公演も決定した大倉君ソロコン、17日の2部に行って参りました。

なんやかんやで買ってしまったテディベアの【オオクマ】(3500円也)

20081019145309

しかもモノグラム模様が「大倉」で非常に遊び心満載の一品(笑)。

20081019145103


会場に入ると、エントランス的な場所にグッズ売り場、関係者からの花、その真ん中にドラムセット、その横にモニター。モニターには関ジャニメンバーからのメッセージが流れてました。

開演はほぼオンタイムで、約3時間の公演。
色んな要素が詰まってて、大倉君自身も色々とあんなパフォーマンスやこんなパフォーマンスを披露してて、非常に楽しかったです。ただ個人的に一番期待してた分野でのパフォーマンス時間が短めだったのが残念かなー。
V6の三宅氏とMAD(でしたっけ?)の方々が来場してて、最後の方に紹介されたました。
「最初に紹介すると、みんなそっち見て、僕の方見てくれなくなりそうだったんで・・・」と何処までも謙虚な大倉君。

ネタバレ禁止令が出てるのであまり詳しく書けませんがちょこちょこと。


開演前にカメラと思しき物体が見えまして、同行者様に「あれってカメラですかねー」なんて言っていたんですが、コンサート中に大倉君本人の口から「カメラあるんです」と正式にコメントが。
中丸の時といい今回といい、連続でカメラ収録日に被ってます。

当然客席からは「何でーーーー!?」という期待のこもった声があがる訳ですが。大倉君曰く「知らん」(笑)。
「みんながテイチクさんに一人5通くらいメールを送れば何かあるかも知れません。こいつなかなか人気あるやん!とか思ってくれるかも知れん(笑)」みたいな事言ってて、「あ、でもこれでテイチクさんが大変なことになったらどうしよう・・・」とか最後は若干弱気な口調で仰ってました(笑)。

いやーでもマジでDVD化はして欲しいですよねー。もう知ってる人も多いかとは思いますが、例の映像とか、あれもソロコン限定でお蔵入りさせるにはかなりもったいないと思います。
大倉君も、ノーギャラで手伝ったという(笑)某Nさんも非常にセクシーでした。是非是非映像化を。

中丸と上田も映像化をお願いしたいわ。

それと私がカツンの中でもとりわけ贔屓にしている某A氏がかつて一人で歌った先輩の曲を歌っててビックリ。先輩達の歌を歌ういうのはジャニウェブで既にネタバレされてましたが、この曲かーーみたいな。

アンコールは一応トリプルだったかな?
ダブルアンコで出て来てパフォーマンスしたんですけど、ファンがそれで終わって欲しくないーーみたいな感じで「たっちょん!たっちょん!」と手拍子で煽るので「え?今のじゃ1曲やった事にならない?」みたいに聞いてきて(聞き方が可愛い)、客席が「ならなーーい!」とか答えて(それもそれでどうよと思ったけど/笑)そのまま「じゃぁ、最後に・・・」とラストの曲へ。
このラストの曲のイントロが流れると悲鳴に近い声があがってました。


MCもちょこちょこ挟まれて来てて、以下簡単に抜粋。(あくまでもこんなこと言ってたよ、という感じであって正確な言い回しではありません)

●カレーが好きだとずっと言ってたら、楽屋にカレー屋のメニューが用意されてた(ちなみにすばる君の時は無かった/笑)。いくら好きでもそんなに毎日食べる訳じゃ無いです(笑)

●関西ジュニア「ベテラン」の浜中君に「今日はMCうまいこと回せてるやん」と褒められる。
大倉「俺今日まわせてる?でも何で上目線なん(笑)?」

●同じく関西ジュニア「ベテラン」の人(名前を失念)が体型の話になったときに「食べても太らないんですよ」と発言
大倉「食べても太らない?  ・・・・僕が一番嫌いな言葉です」(客爆笑)

●大倉「ソロコンも今日でもう・・・・(指おり数える仕草)1週間近くになるわけですが、MCのネタがないんですよ(笑)。もう3日目あたりからネタは尽きてるんですけど。いつもMC前の曲になると『何しゃべろう』ばっか考えててん、だからさっき(MC前にやった)曲の時とかあんま踊れてないでしょ?
だからもう、こう、カフェで友達と2~3時間話してる時のように、大体そういう会話って家に帰った時に記憶に残ってへんやろ(笑)?
あんな感じで下らない話でもダラダラしてみようかなと思います」

いっぱいいっぱいな感じが伝わってきます(笑)。

●新曲『無責任ヒーロー』の話題に。
大倉「もう予約した人ーーー?」
客「はーーい」(大半が手を上げる)
大倉「まだ予約してない人ーー?」
客「はーーい」(チラホラと手が挙がる/笑)
大倉「よく予約せんでおれたな・・・!」
客(爆笑)

●本編ラスト曲前
大倉「これで最後の曲になるんですけど・・・」
客(まばらに)「えーー?」
大倉「微妙な『えーー?』をありがとうございます」
客(笑)
この他にもちょいちょいブラックユーモアがあってツボでした(笑)

●本編終了後?の挨拶みたいな感じの時。
大倉「僕は歌が特別うまい訳でもないし、ダンスで何かを表現出来る訳でもないですし・・・それでもこうやってソロやらせてもらえるのは凄く嬉しいです。
でもやっぱり、横にすばる君がおって、丸ちゃんがおって、っていう・・・そういう光景じゃないことに凄く違和感も感じてて、やっぱり僕は関ジャニが大好きなんやなーと、関ジャニあっての大倉忠義なんやなーと、思いました。
まだまだ未熟ですが、応援ヨロシクお願いします」


うん、謙虚という言葉がよく似合う人だなぁ、と思いました。
乱雑にとったメモと出来の悪い脳みそでは思い出すのはこの位が精一杯です(チーン)!
詳しいネタバレ解禁は11月公演が終わった後って事になるんですかね。
しかし私何ぞよりもっと上手に詳しくレポ出来るエイターさんや大倉君ファンがたくさんいらっしゃるでしょうし・・・(なんせ知ってる曲より知らない曲の方が多かった管理人/爆)。

一応メモの整理は始めてますが、これ以上のレポ書くかどうかは未定です。


お粗末様でした!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。