トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2007年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2007年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年09月
ARCHIVE ≫ 2007年09月
      
≪ 前月 |  2007年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

急に

寒くなりましたねー。起きたとき掛け布団にくるまってました。
秋冬物の服なんか全然買ってないのに、困ったもんです。

日付が変わって今日がイベントの日。今日も寒いらしいですね。しかも降水確率40パーですか。重い荷物+傘って出来得る限り避けたいコンボです。


イベント用の小銭を少し追加して(パンフレットの存在を忘れてた)、合計で40枚に。
いつも使ってる財布に入れるわけにはいかないんで(つか入らないんで)、バイト前に、手頃な値段で出し入れしやすい大きめの小銭入れ(お札と分離出来ればなお良し)を探したんですがコレというモノが無く。
結局化粧道具なんかを入れる為の手頃なサイズのポーチを買いました。
さっき実際に明日の分を入れてみましたがなかなか良い感じ。

しかしみんなこんなにいっぱい小銭用意してるんですかね?私やりすぎ?


スポンサーサイト

シアキス当落結果及び考察

ちょっと長めな記事。

やってきました、シアキス先行予約の当落発表日。
今日は11半頃に起床。
のんびりご飯食べて洗濯物干して、12時半過ぎにルシエルにアクセス(チケデリをブクマしてなかった)。ルシエル、チケデリ共に一発では繋がりませんでしたが、2~3回のリロードで意外とサクサク繋がりました。
埼玉アリーナ両日×2枚の申し込み。

【結果】 両日当選


ツアー会場の中では一番キャパのある会場ですからね。特に興奮もなく、アリーナツアーなんだし妥当な結果だな~とか思ってたら。
あれ、落選してる人が予想以上に多い‥‥‥?特に代々木。
何で?これFC先行ですよね?アリーナツアーですよね?
全滅の人なんかもいてちょっと驚きました。


しばし思考。

今回のツアー14公演の総動員数は

◆埼玉アリーナ(1.7万)×2=3.4万人
◆大阪城ホール(1.6万)×4=6.4万人
◆日本ガイシホール(1万)×2=2万人
◆代々木体育館(1.3万)×4=5.2万人
◆マリンメッセ福岡(1.5万)×2=3万人
合計20万人

ですよ。(埼玉は会場の使い方でキャパが大きく異なるが、浜崎あゆみ氏が1.7万人だったらしいのでラルクさんも恐らく同規模であろうと想定)

これだけの動員予定数がありながら、FC先行の時点でこれだけ落選者が出るのは何故でしょうか。

【1】FC先行枠が減った
【2】またハー火の争奪戦悪夢が頭から抜けなくて、保険をかけまくる人が多かった(複数名義含む)
【3】半通・全通するつもりの人が増えた(ヲタ指数が上がった人が増えた。あるいはまたハー火不参加組の意地)
【4】新規が増え、出戻りも増えて実質会員数が増加した

今、パーっと思い付く理由はこの4つかな。
当然、どれか一つが原因って事は無く、複合作用が有るでしょうけど。
原因の割合が問題です。

とりあえず、主たる原因が【1】と【2】だった場合はまだ悲観するような状況ではないんですよね。
【2】に関して。またハー火の時に複数名義で入会してる人がそれなりにいるでしょうから、今回も同公演を複数申し込ん人や、友人とダブルで申し込んだ人。
この人達が当選してた場合は、しばらくしたらダブった(場合によっちゃトリプった)チケットが譲渡BBS等で放出されますから。
現時点で見かけ上は激戦でも、実質的には需要と供給のバランスに激しい偏りは無いということになります。
【1】も同様に、現時点での倍率と最終倍率にはかなりの差が出ます。何故枠を狭めたかの推察は後述します。

問題(?)は主たる原因が【3】と【4】だった場合。どちらの場合も一度獲得されたチケットが放出される可能性が極めて少ないです。特に【3】の場合は今後もチケット獲得にかなり積極的に乗り出して来るでしょう。
ダブったチケットも譲渡ではなく交換という形が多くなるでしょうし。
【3】の割合が多ければ多い程、倍率は下がりづらくなるってことですね。


で。FC枠が狭まったと仮定して、その理由は何かを考えてみる。

◆プレミアムシートを売り切るため
◆ルシエルネットに登録させるため

多分この2つだろうなぁと予想。メインはプレ席でしょう。
またハー火と違って、プレ席と普通席、どちらにも同時に申し込みが出来るってのがミソかと。
この段階で、みんなが予想しているであろう以上の普通席落選者数を出して、ルシエルネットで申し込む時に保険でプレ席を同時に申し込ませようという魂胆なのかなぁ、なんて。
で、プレ席を優先的に当選させて、売り切ったら普通席を捌いていくんじゃないだろうな、とか邪推してる訳です。
前にも書きましたが、普通に総動員数と値段を考えたらプレ席は完売しなさそうだから。


かくいう私は、FCで申し込み忘れた代々木公演をルシエルネットで申し込む予定。部類で言えば【3】に近いです。

大人になった

20070926215304

髪を少々切ってストパーを前髪とサイドにかけてきました。
美容院に行く時に、かなり久しぶりに小学生時の通学路を歩いてみたのですが、全くと言っていいくらい風景が変わっていなかったです。変わらないって、凄い事ですよね。



Mail-en-Cielが来ました。1問目のHYDE氏の回答が次のツアーへの期待感を高めてくれますねー。つか、このメルマガ企画っていつまで続くんですかね。またソロをやりだすまでは継続なのかな?
そんなシアキスのFC先行予約の抽選結果はいよいよ明日発表です。玉アリ両日当選したら19400円かぁ。
ちょっと予定外の出費があって金欠具合に拍車掛かったし、秋冬用の服とか買わなきゃなんでガゼットさんのFC限定の申し込みは締め切り日ギリギリになるかも。


メディア情報がダーッと更新されましたね。Mステでデイブレが披露されるシーンを想像するとかなり興奮します(悶)。音源通りの歌い方でも良いけど、出来ればライヴバージョンの濃ゆいというか大仰な歌い方希望です。お茶の間がドン引きするくらいで頼んますアニキ!
ガンダム特集は録画する程のモノなのだろうか。Gacktとか出るんだろーなー。


・・・・「がくと」って打ったら「Gackt」って出たよこのパソ・・・はいどは出ないのに(笑)!!!

やはり散財は楽しい。

5日振りにバイト。少々間が開いたせいか、勤務時間(8時間)があっという間に感じられました。
ちょうど私が上がる頃に来客のピークが終わって、ちょっと悔しかったです(笑)。


いつもより早めに出て早めに上がったんで、帰りに寄り道。
20070925010303
イトー〇ーカドーで簡易家計簿を購入。
今まではノートに手書きで線引いたりしてたんですけど、ちょっと単純すぎる形式で不十分だなぁと感じてて。かといって細かく作るのもメンドいんで(結局ソレか)、思い切って市販の家計簿を買ってしまいましたよ(漫画の下のやつ)。
週間区切りで支出合計が出せて、シンプルで見易いなスケジュール欄も載っているので使い易そうだなー、と。
ホントはエクセルとか使えば良いんでしょうが、いかんせんデジタル音痴orz

その後、古本屋へ。入った瞬間に何故か歯医者と同じ匂いがしました。今までそんなこと無かったのになぁ。
今更【TRIGUN】を読んでみたくなったので購入。
そして、最近日参しているスラダン・ファンサイトの管理人様がネタに使っていたという理由で(どんなだ)【G戦場ヘヴンズドア】も購入。2巻までしかなかったですが(全3巻の作品)。

雑貨屋で傘も買ったんで本日の総支出は2350円なり。チケ代諸々のために節約しなきゃイケナイはずなんですがね。どーしましょ。
でもやっぱりあれですよね。こうやって欲しいと思った物をすぐに買えた時って気持ちいいですよね。バイトしてて良かったと心底思う瞬間(笑)。

脈絡無

20070922191806
やっとバガボンド用の保存カバーを買ってきました。といっても100均モノです。



いつもROMってる某業界人さんのブログで知ったのですが、ラルクさんの所属事務所の社長である大石氏が、音楽制作者連盟の理事長になられたそうです。
どれほど凄いことなのかはよくわかりませんが(オイ)。

同ブログでフリーウィルの件にも触れてて、そこで12012の宮脇氏に関してちょろっと書いてましたが、「うん、まぁ、やっぱりそうなんかな」と思いました。
宮脇氏の件とトミー氏の件が取り沙汰されるタイミングが余りにも合いすぎだもんなぁ。



ライヴやらリリースやらが続くんで、出費確定事項と今後予想される出費(欲しいものとか含む)をザーッと書き出してみたらエライ金額になりました。
が、10月前半はグループ研究の追い込みが有るんで、バイトがろくに出来ないという恐怖。
しかし今月末に諭吉が飛ぶであろうイベントが控えておりやす。
ラルクさんのシングル&アルバムは良いとして、クロ3は年内には買えないだろうなぁ。

あぁ、無情。食費削ろう‥。

今日は寿司だ

さっき、デザート系を買ってこいと言いつけられて自宅近くのビッ◯Aにいってきて、ついでにお酒買おうと思ったら店員に拒否られた了です。

「身分証明書お持ちですか?」と聞かれて、学生証持ってくりゃ良かったなーと思いつつ「一応これでも20歳なんですけど」と抵抗してみたものの、「すいませんが、ちょっと成人の方には見えないんで・・・・」とカウンターパンチ。
童顔で年齢相応には見てもらえないのは自覚してましたが、いざ拒否られるとガビーン(古)ですな。
年齢確認をきっちりやっているという事実にちょっと驚きました。コンビニとかはわりかし適当な感じですからね。


妹が就職内定をもらったらしい。高卒で金融関係の職場を斡旋をしてもらえるのはそこそこ珍しいとかで、先生から色々プレッシャーかけられてたみたいです。私も家で面接練習の相手とかさせられましたが、そんな面倒もやっと終わる(嬉)!
これで来年度からは兄と妹が同時に社会人で、私だけが学生ということに。これから2人はお金をもらいながら勉強するんだなぁ。私も頑張らないとなぁとか思いました。



キスチケ予約の変

シアキスの先行予約は明日までだと勘違いしてて、さっきチケデリにアクセスしたら「受付は終了しました」の文字が。

(ノ∀`)ナンテコッタイ


玉アリ2DAYSは既に申込済だったから良いんですが、代々木がね!!
何日目を申し込もうか決めてなくて保留してたらすっかり忘れてて、そろそろ申し込もうかなとか悠長にパソ立ち上げたけど手遅れですよー。

ちょっと凹みましたが、まぁ、ルシエルネットで取ればいいかぁと気楽に構えてます。
ルシエルネットでもチケ柄はFCと同じだったハズだし。


ガゼットとラルクの先行申込期間がちょっと被っている事&シアキスのチケ代のおかげか、最近はバイトやってるとすぐに働いた時間をチケ代に換算してしまいます(笑)。
17日&18日の2日間で15時間15分働いたんですけど、パッと換算しちゃって。
「シアキスのチケ代2公演分(手数料抜き)にはギリギリ届かねー」
「ガゼットのFC限定ライヴなら3公演分(手数料込み)払えて、おまけにSLAM DUNKの画集買えちゃうじゃん。しかもお釣りが来ちゃうよ。」

みたいな(笑)。

改めてシアキスのチケ代って凄いのね、って思いました。払おうとしてるファンも凄いね(他人事か)。

デイブレとかキスチケ予約とか。

「DAYBREAK'S BELL」の初フルOA@ラジアンを無事にMDに収めました。

最近またラルクさん関連のニュースをあまりチェックしない日が続いてたのですが、昨日たまたま気が向いてオフィを覗いたら翌日にデイブレがフルで流れるということ知ったという。
タイミングの良さに運命を感じました(気のせい)。

基本的にバイトを終えて家に着く頃には日付が変わっていて、そこからご飯食べたりお風呂に入ったりするんです。んで、デッキの取説を紛失してて予約録音のやり方とかMDの編集方法・ラジオver.が分からないんで実際に番組を聞いてなきゃいけなくて。
ぶっちゃけ面倒くさいな~と思いつつの捕獲でした(笑)。

良いですな。やはりツボに来ます。雑音混じりですが。
曲が純粋に美メロ。
hydeさんの全体的に気怠いというか吐息ちっくな声の使い方が素敵(ウィスパーボイスとはちょっと違う気が)。それでいて声が若返ってる。
ベースがズンズンしてて良いっすね!Aメロのドラムフレーズもキてます。ギターソロのラインも切ない感じで胸に迫る。

でも、ライヴとはかなりニュアンスが違ってhydeさんがだいぶあっさり歌ってる印象。ライヴだとサビの部分のファルセット→地声の切り替わる部分がもっと感情的で鬼気迫る感じだったと記憶してます。なぜその歌い方を変えるのだろうか。
音源の方は初期っぽい香りのボーカリゼーションで、これはこれで味です。
あんまり聴き過ぎるとアレなんで程々にしつつリリースを待ちます。



そしてシアキス先行予約。すんなり繋がりましたね。今の所、玉アリ2DAYSのみ申し込んでます。
代々木は何日目を申し込もうかまだ考え中なので保留。
今回のツアーは規模が規模なんで(チケ代もチケ代だし)、およそ希望通りの会場を取れると思います。なので当落発表を待つドキドキ感はあまり無し。
ただ、さっきまでは玉アリ×2、代々木×1の参加予定だったのに、デイブレ聞いたおかげで代々木×2になってしまうかも(笑)。

うん、ホントに『KISS』が待ち遠しいです。

あ、

「SLAM DUNK」15巻の120ページ5コマ目、よく見ると神と宮益が恋人繋ぎもどきしてますね。

了です。


また飽きもせずにスラダン読んでるんですけど(課題はやらなくて良いのかお前)、細かく「見ると」色々発見があって面白いです。
そんなスラダンですが、わが家にあるのは通常の単行本のみで、完全版を揃えようかどうか迷ってます。
何分、10年近く前に(兄が)買い揃えたやつなので黄ばみが有るんですよね、ちゃんと保管してなかったから。
カバーが無い巻も10冊程。当時は兄がカバーというものに全くこだわらなかったので、買ってきてすぐに邪魔だからとか言って捨てていたという恐ろしい話。
おまけに、むかし悪さをして母に怒られた時に八つ当たり的にスラダンの12巻&13巻の一部を破られてしまってるのですよ。
ちなみにこんな感じ。
20070916191204

んでそれ以来放置してんですけど(笑)。
で、再ハマリしたのを機に今更ながら買い直そうかなと思ってて、どうせなら完全版揃えようかなーって。しかし単行本Ver.のカバーも捨て難い、みたいな(笑)。
この際どっちも買ってしまうか、みたいな選択肢も検討中。
今年中にはその選択肢を完遂してそうな自分がいて怖いです。


それとですね、井上雄彦氏のデフォルメ自画像(?)が可愛くて可愛くて可愛くて(エンドレス)しょうがないです。帽子を後ろ向きに被ってるアレです。Dr.Tって言った方が分かりやすいのかな。
Dr.Tをフューチャーしたグッズが有ったらマジで購入しますよって位に大好きなんですけど、妹に言ったら「どこが?」で一蹴されました。


同志求む。

ハリクリ予約

20070915225804
『Hurry Xmas』初回生産限定盤が、オンラインショップで軒並み予約受付終了になってるみたいですね。人様のブログでその事を知りました。
私は予約する気ゼロだったんですけど(笑)、「予約した方がいいのかなぁー、こりゃ」と思って今日バイト帰りにそこそこ馴染みのCD屋へ。

ここで初回盤予約出来ないって言われたら、気長に中古屋とかで見つかるのを待とうと思ってたんですが、「初回盤ってまだ予約出来ますか?」と聞いたら「はい~、大丈夫ですよ~。」てな感じで割りかしアッサリと初回盤の予約が出来ました。
何も見ずに即答したところから推測するに、同じ事を何回も聞かれてるのかも。
以前このCD屋でクロゼロ初回盤を買おうとしたらフラゲ日に売り切れてたんで、意外とあの界隈にラルクファンが結構いるらしいという事は確定してるし。
ついでにデイブレも予約。アルバムとDVDはどうしますかと聞かれましたが、まだ良いです、と断りました。

なんだかんだでオンラインの方はFLAの時みたいに、しばらくしたら予約受付を再開するような気もしますな。
再開しなかったらヤダから店頭予約しましたけど(笑)。


シアキスの先行予約は明後日からでしたっけ?
すんなり繋がると良いですね。

チケット話

ラニバDVD見ました~。予想以上の内容というか、思いの外ストレートなライヴDVDで驚きました(笑)。感想はまた後日書こうかなと。


ツアー(巷ではシアキスと略されてるみたいですね。)の詳細が発表された訳ですが。
見事にチケ代上がってますねー(゚∀゚)

9000円てあんたちょっと。いや、彼等のライヴにならそれくらい出しても良いとは思ってますが、ライト層をまったく寄せ付けないお値段ですな。
決してラルヲタでは無い友人Yが「ラルクのライヴなら行ってみたいかも。楽しそう。」と言ってくれましたが、ハッキリ言って誘えません。えぇ、誘えませんとも。
ツアタイから想像するに、セットや演出は豪華そうですが。

S・Aの区分は無くなったんですか。別に構わないけど、アリーナみたいに視認性に差が大きく生じる場所でこそやらんでどーするよって話。
やっぱホールは基本大赤字だから、少しでも負担を軽減するためのS席だったんですかね。座席種が2つしかないのに4000円なんていうアホみたいな差額の理由はそれくらいしか考えつかなかったです。


関東は6公演ありますがチケ代がチケ代なんで今のとこ申し込むのは3公演かなー。
またハー火に行けなかった友人Aと一緒に玉アリ2日は行こうって話になってるで、玉アリ×2と後は代々木を1公演1人参加(友人は都合がつかず)の予定。他にも行きたくなったら後でチケット探すことにします。
何せ3月に行われるガゼットさんのFC限定ライヴも申し込みが始まってますから。その後もホールツアー&グランドファイナルがあるし。ラルクさんだけにお金を回せない状況。ぶっちゃけガゼットさんのPWTBシリーズツアーの方が行く本数多くなる予感。



それにしても、あの3万円の席って誰が買うんだろうか‥‥。
異常なチケット争奪戦だったホールツアーなら選択肢としてあの高額席は有ったかもしれないけど、よっぽどの事が無い限り一カ所もチケットが取れないなんて事態にはならないであろうアリーナツアーでは話が違うでしょうからね。
またハー火でさえ人気の無い会場はPD席余ってたのに。
あの席がどのくらい用意されてるのか知らないけれど(200~300席位?)、半分も埋まらない気がするなぁ。

大人買い

今日の選択肢は2つ。
ラルクさんのラニバDVDを見るか。
それとも・・・・・。



というわけで(?)大人買いしてきましたよバガボンド。そしてカメレオンジェイルまで。
20070912185506


スラムダンクに再ハマりしたら他の井上雄彦作品も読みたくなりまして。作者買いをするタイプの私としては必然の行動。
先日、友人Yと遊んだ際に5巻まで買って、徐々に集めようかなと思ってたんですが我慢できなかった(笑)。兄と父とで回し読み状態なのですが、「全部まとめて買ってこいよー」と父からリクエストが来てたしね(笑)。兄は「これで卒論書くペースがかなり落ちるな」とかほざいてました(ダメじゃん)。
バガボンドは中学生の頃に同級生に借りて1度読んだっきりになっていたので殆ど内容を忘れてしまってます。その頃はまだ小次郎編に突入したあたりだった記憶がぼんやりと。なのでほぼ新作として楽しんでます。
リアルもまとめて買ってしまおうかと思いましたが、止めときました。

カメレオンジェイルの画を見た後にバガボンドを見ると本当に同じ人が描いてるのだろうか?と思ってしまいますね。個人的に、井上雄彦氏の画は年々ワイルドかつセクシィになっていっていると思います。
最近、連載中にどんどん画が変わって行くタイプの少年漫画家さんってあんまりいませんよね。何でだろう。


明日はラニバのDVDを見る予定です。

色々。

書き遅れましたが、ついにラブログに登録させていただきました。もとが気分屋なため、アメブロ時代から「どうしようかな」と考えていましたが、此の度、思い切って登録。
ラブログ界隈ではすっかりラニバDVDの話題で持ちきりですね!うちにも届きましたよ。
20070912014403

しかし今日も楽しく23時まで労働だったため、まだ見ておりませぬ。アマゾンの段ボールすら開封していませんとも。明日の楽しみに取っておくのです。



過ぎた話ですが、ガゼットさんの武道館ライヴ当日、開場前に神保町へ行ってきました。
古書が日本一集まる場所、神保町。
一応、ここは私の生活圏内に入ってはいるんですが、いつでも行けると思うからなのか、なかなか足を踏み入れなくてですね。
久々に武道館へ行くし、神保町にも久々に行こうかな、と。
ちょうどある雑誌のバックナンバーが欲しいと思ってて、ライヴの日程と需要が合致してたのでこれはもう行くっきゃないなって感じで。

靖国通りを歩いている時に、グッズのショップバック(黒)を持ってる人を結構見かけました。
ガゼットさんのグッズって、「いかにもバンドのツアーグッズです!」みたいなデザインではないから、知らない人からみたら普通のショップバックに見えそう。ちなみに私はショップバックは白しか買いませんでした。

この日は高温多湿という天候だったので、ただ真っ直ぐ歩いてるだけでも汗が滴ってくる。風も強くて、こういう日は眼鏡ってホントに邪魔だな、と痛感。
しばらく歩いて、アイドル・演劇・音楽・映画などなどサブカルを主に扱っている某書店へ到着。
早速お目当ての雑誌【Switch】を発見。最初は井上雄彦関連のバックナンバーしか買わない予定だったのですが、たまたま見つけたためhydeさんの特集号も購入。さよなら3800円。
20070912014004

本当はまだ欲しい本がかなり有ったのですが、あんまり買いすぎると荷物になって帰る時に地獄を見そうだったので自重しました。来月また行こうかなと思ってます。

今日は中学時代からの友人Yと久々に遊びました。
今では年に数回しか連絡を取らないけれど、会えばすぐに中学時代と変わらないテンションで接することが出来る、気心知れた関係。
ファッションもライフスタイルも趣味嗜好も、基本的には共通点が無いのですがどういう訳だかお互いに気が合うのです。

ちょっと遅めの誕生日プレゼントという事で、雑貨屋でイニシャル型のギンギラキーホルダーを買ってもらいました。Yも自分のイニシャルを購入。
こういう『お揃い』みたいなのってガラじゃないんで普段はやらないのですが、今回は相手の好意を素直に受け取りました。

それからサイゼに行き軽食をつまみつつお互いの近況報告。
Yは私と違ってかなりアクティブなので色々と話を聞いてて面白かったです。
びっくりしたのが、今はもう解散した某V系インディーバンドの元・ギタリストに告白されたという話。
Yは断ったらしいけど、そのギタリストいはく、「女にフラれたのは初めて」だとか。自信過剰な男だな。
いや~、世間は狭い(笑)。ちなみにYはバンギャじゃありません。大学のサークルの付き合い上、知り合ったみたいで。最初はバンドマンだとは分からなかったようです。
ただ、そのギタリストさんの音楽を聞いて、「これは売れないな」と思ったとか(笑)。

その後カラオケに。最初、なぜかちょっとした宴会が出来そうな大部屋に案内されました。2人で歌うのには持て余す空間だったんで、小さいとこに変えてもらいましたが。
初っ端から2人でスラダンのOP&ED曲を制覇
それから私はガゼットやシドやCoccoを歌い、Yは中島美嘉や湘南の風やHYなどを歌いました。趣味がバラバラな2人です。
シメはドラゴンボールの「CHA‐RA HEAD‐CHA‐RA」(笑)。
女子大生2人がカラオケのシメで歌う曲がこれで良いのか、という疑問がYから発せられましたが気にしません。

その後はブックオフに行ったりして。
Yが夕方からバイトが有るため、一緒に4時半頃にはバスに乗って帰宅。

非常に楽しい1日でした。

その日のうちに来るだけマシか。

案の定ひどい筋肉痛です。ライヴから帰宅してすぐにアンメ◯ツを塗りたくりましたが。左ふくらはぎが痛すぎてなかなか寝付けず。バイトに行く頃には足は平気になりましたが肩甲骨から上がボロボロ(笑)。首とか曲げるのもつらい状態で7時間労働してきましたよー。

そんな訳で行って参りましたthe GazettE TOUR 2007-2008 STACKED RUBBISH[Pulse Wriggling To Black]01
@日本武道館
(ツアタイ長!)。
細かいレポは自分には不向きなのだと確信しましたので、自分にとって印象的だった事だけを書くスタンスにすっきりさっぱりと変更します。

14時頃に家を出ました。強風ではあるものの、晴天。そして高湿度(嫌)。べたつく暑さでした。
ダイヤに多少の乱れはあったもののスムーズに会場へ。
大手町で東西線に乗り換えるときにいつも思うんだけど、道程長すぎ。
会場についたらすぐに物販へ。ちなみに買ったのはコレ
20070908233505
■パンフ(ホールツアー版)¥2800
■パンフ(武道館版)¥3000
■ミラー¥1500
■ショップバック・白¥600

グッズ買ったら会場を出て靖国通りを直進し、神保町の古書店街へ。お目当ての品GET。これはまた別記事で書きます。

開場時刻ちょうど位に武道館へ戻って入場。
席は北東R列。ステージを若干後ろから眺めるような角度。ドラムの真横からの姿をほぼ正面から捉えられる位置。ステージのメインスクリーンは見えませんでしたが、サブスクリーンが北東と北西にあって、そこにステージ正面図やメンバーが写りました。
開演20分前になっても半分弱しかお客さん入ってないんで、『これは空席が結構出んのかもなー、台風だったもんなー 』とか思ってましたが開演時間にはほぼ満員状態で立見も出てて。良かった良かった。
開演時間を数分過ぎたときにスタッフ(よく見えなかったんだけど、もしかして久坂さん?)が出て来て諸注意をアナウンス。
最後に『では、間もなくライヴが始まります。盛り上がっていきましょう!』みたいな事を言ってました。この時お客さんのレスポンスがありますが既にテンションはヒートアップしてる感じで良い雰囲気。
「イェーイ!!」っていうか「ヴォォォォイ!」って方が適切な表現かと思われます(笑)。
私も勿論、既にハイです。

以下、セトリ(所々、順番が違うかも)。

1.ART DRAWN BY VOMIT
2.AGONY
3.FILTH IN THE BEAUTY
4.HYENA
5.BURIAL APPLICANT
6.Sugar Pain
7.ガンジスに紅い薔薇
8.GENTLE LIE
9.CALM ENVY
10.体温
11.千鶴
12.Nausea&Shudder
13.SWALLOWTAIL ON THE DETH VALLEY
14.COCKROACH
15.CIRCLE OF SWINDLER
16.MOB 136 BARS
17.DISCARGE
18.PEOPLE ERROR

EN
1.Ride with the ROCKERS
2.Ruder
3 Anti pop
4.枯詩
5.REGRET
6.GO TO HELL
7.関東土下座組合
8.LINDA~cady dive pinky heaven~


暗転して『ART~』が流れ出すと歓声の後にリズムに合わせた手拍子&掛け声。メンバーが登場した時の絶叫具合は素晴らしい。

そしてそして念願の生『AGONY』!!
うはははは(故障中)!!やべーカッケェェぇえ!!
リズムも間もベース音もスクラッチの入り方も効果的に入ってくるギターもルキの声も、何もかもがツボ過ぎるぞ『AGONY』。
ひたすら本能のままに体を揺らすのみ。心配だったルキの英語もあからさまな不自然さは無かったかな。映像で冷静に見たらどうなるか知らんですけど。
つかルキの髪型がスーパーサイヤ人に見えました。
ステージ上でハイジャンプとかしててかっこよかったですよ。
で、この時点で思ったんですが、音響が良い。前に別のバンドで武道館に来たときってそんなに良いと思わなかったんですけど。
声も楽器もよく聞こえて良かった。

『FILTH~』『HYENA』『BURIAL~』でしょっぱなから飛ばす飛ばす。アドレナリン、フルスロットル。
『Sugar Pain』は最初葵さんがギター弾いてるとき何の曲だか分かんなかったです(笑)。全ての楽器が入ってやっと「あぁ!」と気づく。おかしいな、好きな曲なのに。
サビメロがすっごい好みで。前の走り書きライブ感想でも書きましたが、ルキの歌がうまくなったなぁ、と。Aメロの低い声もサビの高い声もきっちり出てて、聞いてて気持ちよかったです。

『ガンジス~』はお立ち台のラインに沿って高さ30cm程の炎が。「おぉー」という声があちこちから上がってました。ルキが薔薇を1本持っていて、そっと薔薇に口付けた後、その薔薇を炎に投げ込むという演出。サブスクリーンで見てましたが、薔薇を投げ込んだ後にルキを映すカメラが斜め下からのアングルに切り替わった時、映画のワンシーンみたいだなと思いました。
この曲はドラムをじっくり見たいと思っていたので、ほぼドラムしか見てませんでした。やっぱり戒くんのドラミングが大好きだと実感。腕とか手首の使い方、体で間を取る時の仕草がいちいち私のストライクです。何か悔しいぞ(笑)。
ベースソロの時にちょっと葵さんのギターが被りすぎたように聞こえた。

『GENTLE~』から『千鶴』までの歌モノの流れはヴォーカリゼーションの着実なステップアップが感じ取れて良かったです。ちゃんと抑揚がつけられてたし、ウィスパーボイスも堂に入ってきた感じで。『千鶴』のややねっとりした歌い方も、曲の陰鬱な雰囲気を再現するのに貢献してたし。
そしてギターが良いね。良いフレーズ弾いてます、2人とも。再現力も確実に向上してて嬉しかったです。『GENTLE~』と『千鶴』もドラムばっか見てたな、そういえば。

『COCKROACH』はこの跳ねたリズムが良いっすね。基本的にこういうリズムが好きです。もう跳びまくりのヘドバンしまくり。
ただ、この後半~アンコールにかけての暴れ曲&煽り曲の連発はちょっとダレルな。個人的に。連発を通り越して乱発に近くないかな?
1/3くらい減らしていいと思うぞ。そっちの方がライブ構成としてもメリハリがつくと思うんだけど、いかがなもんでしょ。そしてコレ系の曲は、まだまだ音が潰れて濁り易くなるなぁ、と。
『Anti pop』をやったのはちょっとビックリ。『Ruder』のとき、ルキが麗のギターネックにキスするのは相変わらずの様で。

『枯詩』は純粋に名曲。何回も言うけどルキがちゃんと歌モノを歌えるようになってて、終始安定してたと思います。ラストのサビも声の伸びが十分で聞いてるこっちがちゃんと曲に入り込めたんで良かったです。これもドラムフレーズが好みなんで、戒くんガン見。
『REGRET』は意外とライブ映えする曲だなぁ。間奏のツインギターの絡みがすごい綺麗でした。

『関東土下座組合』は戒くんの腕の早さに、見てるこっちが腕を吊りそうになりました(笑)。あの細い体でよく叩けるなぁと感嘆。


約3時間のライブでしたがあっという間って感じでした。セトリの組み方にやや疑問はあるもののトータルでは楽しかったし、来て良かった。なんだかんだでノリまくってはいるので冒頭のような状態だし(笑)。
終演後に今後の予定が発表されましたが、もう行く気満々。ラルクのツアーも有るのでお金がすっ飛びますね~。ははは。どうにでもなれ。
ホールは去年も今年も行かなかったんで絶対に行きたいな。代々木も2DAYS申し込む予定です。

それと、MCでルキが「こうやってずっとバンドやってると、離れて行く人もいれば、ずっとついてくる人もいる。俺はそれで良いと思ってるから。」という趣旨の事を言ってました。
私もそれで良いと思います。ファンをやるのも音楽を聴くのも、義務じゃないもんね。
良いと思えば手に取る。そうは思えなかったら手にしない。飽くまでも基準は自分の感性。
バンド側も自分たちの信じる道を進んでくれると良いと思う。


これより以下、オーディエンスに対しての辛口コメントなので、「そういうのは見たくないわ」ってな方はここで記事を閉じる事をお勧めします。








上から会場を見てて思ったんですが。
手扇子とか、ギターソロの時の両手をひらひらさせる変な振り(?)ってまだ有るんですね。びっくりした。正直、もうそういうバンドじゃないと思うんですけどね。3年くらい前までの、有る意味「狙い過ぎ」だった時期のライヴならいざ知らず。
あれ見るとテンション急降下するんで、なるべく視界に入れないように努力してますが。『千鶴』のときに周りの手扇子率が思ってたより高くて一瞬萎えました。
せっかくカッコ良いライヴやってて、お客さんだってMCで煽られれば「ヴォオオオイ!」ってな具合のレスポンス返してたりするのに。
このツアーが映像化される暁にはそういうリアクションの部分は是非とも映さないで戴きたい、とエディターの皆様に嘆願したいくらいです。

もちろん、ノリ方なんてのは個人の自由だとは思う。本当にああいうノリをしたいんなら、私なんかがとやかく言う事ではないのも分かってます。誰にも迷惑かけてないしね。
ただ、やりたくてやってる人がどれだけいるのか。甚だ疑問。
正直な話、場違いだとさえ感じてる。

筋肉痛の予感。

20070907214805
ガゼットさんの武道館終わりました!
満員御礼、立見ぎっしりでびっくりした。2割くらいは来れないかと思ってたのに。

明日もバイトでゆっくり感想とか書いてられないかもなので、とりあえず箇条書で。


〇ルキ歌上手くなった
〇枯詩はやはり名曲
〇戒くん最高
〇弦楽器隊も上達したね!〇音響が良かった
〇特攻スゲー
〇煽り曲ちょっと多すぎじゃね?

〇怒涛のツアー発表
〇大阪城ホール、代々木体育館って、咄嗟にラルクを思い浮かべた
〇シングル早く聞きてー!!


結論

来て良かった。めっさ楽しかった。

台風直撃

今日は23時までバイトの予定だったのですが、近隣の一部の電車が止まった21時半の時点で、電車通勤の人は強制帰還させられました。

他の電車も止まる前に、との配慮だったようですが、残念ながらちょうど着替えて駅につく頃に私の利用してる電車が止まりました。
そんなわけでタクシー拾って帰宅。念のため財布に万札入れておいて良かったです。
駅まで10分弱歩くのですが、強風雨だから傘は無駄だと思ってささなかったんですよ。そしたらこれがまた意外と濡れずに済みました。風が激しすぎたからなのかな?


明日はガゼットさんの武道館ライヴなのですが、大丈夫なのでしょうか?
午後には台風が去っても、交通機関の状況次第では中止の可能性もあるよなー。上り新幹線などはもとより、都内の電車も午前中は運休予定だったりするみたいなので。
今のところオフィシャルじゃ、これに関してなんのアナウンスもしておりませんが。

【遅くとも明日の××時には公演の有無をお知らせ致します】みたい目安くらい書いてくれても良さそうなもんなのにね。
公演中止・延期になるとかなりの損害が生じるらしいから、ギリギリまで粘りたいのかも知れないけど。

肝心なことはなかなかアナウンスされませんが、武道館で販売されるニューアイテムはアナウンスされています。
これって今までのホールツアーのアイテム+ニューアイテムって事なんかな?
そうじゃないと嫌なんですけど(笑)。やはり一目惚れしたミラーが欲しい。
ニューアイテムで欲しいのってパンフだけだなぁ。


偶然、そして微ヲタク

今日は昼過ぎに国民年金の手続きのために市役所に行って参りました。思えば、市役所の中に入るのは小学生の時の社会見学以来。結構綺麗で洒落た作りでした。
私は病院の如く待たされるものと思って漫画持っていこうとしたんですが、兄が「待たないよ。何回か行ったこと有るけど、誰もいなくてすっげー暇そうにしてるもん」とか言うので何も持ってかなかったんです。

そしたら待ちました(チーン)。20分ちょっとだけど。

多分、『消えた年金問題』を境に国保年金課を訪れる人が増えたんでしょうね。他の課は全然待ってる人いませんでしたもん。


そこでちょっとビックリした出来事が。

自分の順番が来て、カウンターに座る。
手続書類を書くにあたって担当の人に誘導されながら書く項目がいくつか有り、そこに自分の誕生日の項目が有ったんですね。

担当A「お誕生日は?」
了「○月●日です」
担当A「ではここに書いて下さい」

そんな感じで書いてたら、隣に50歳位のおじさんが座ったんです。
その人は私がやっているのと同じ手続きを、自分の子供の代わりにやりに来たみたいなんですよ。
それで当然、担当者が違えども私と同じ事を聞かれる訳です。

担当B「お子さんのお誕生日は?」
おじさん「○月●日です」

私&担当A「!?」

なんと同じ誕生日!!

そんな私と担当Aのリアクションに気付いた担当Bが「どうしたんですか」とか聞いてきたんで、「誕生日が同じなんですよ」と返しました。
おじさんも「へ~、君も○月●日生まれなんだ」とちょっと驚いた感じ。
しかし赤の他人なので適当に言葉を交わした後は、話す事もないのでまた各自の手続きを黙々と進めてたんです。
で、この手続きは学生証のコピーが必要なんですよ。おじさんはコピーをせずに学生証をそのまま持って来ていたみたいで、担当Bがコピーを取るために学生証をおじさんから受け取ったんです。
それを横目でチラリと見たら、


大 学 ま で 同 じ な ん で す け ど (〇Д〇)


それはもう良く見慣れた学生証で。わざわざそこで指摘はしませんでしたけど、これは流石にビックリでしたよ。
同日の同時刻に、同じ年月日生まれで同じ大学の人間(片方は代理だけど)が同じ手続きをするとは。

ん~、こんな事もたまには有るんもんなんだなー。

内心ビックリしつつ担当者の説明を聞いてました。
このカウンター、隣の席が近い上に仕切り板とかも無いから、担当Aと担当Bの説明が一緒に聞こえるんですよ。
聞き取りづらいぞコラ!!



市役所には父が車を出してくれたんですが、その車内でコレ聞いてました。
20070906000408.jpg


スラムダンクのアニメのサントラです。確か私が小学生だった頃に兄だか母だかが買ったと記憶してます。
久々にスラムダンクに再燃したんでコレも超久々に聞いてみようかなと思って(まともに聞くのは初めてかも)。
聞いた瞬間にアニメの映像がハッキリと浮かんで来ました。
これにもちょっとハマりそうな予感(笑)。
微ヲタク精神が蘇りつつある最近です。

レベルE

昨日、約半年ぶりにでっかい本屋とブックオフがある某駅へ行ってきました。移動時間はバスで25分ほど。抜けるような晴れ空。電線を挟んで見上げる空も嫌いではないです。
20070905170306


数年前に比べて読書量がガタ落ちしたので、ただいま【もっと本を読もうキャンペーン】を勝手に実施しています。
なので、いくつか本を購入する気で行ったのですが、一番の目当てはこの作品。
レベルE (Vol.1) レベルE (Vol.1)
冨樫 義博 (1996/03)
集英社

この商品の詳細を見る



一応最初に大きい書店で見てみましたが、やはり置いてなかったので(古いもんなぁ)ブックオフへ。
時間が時間だったので店内がかなりすいてて良かった。
1巻と3巻しかなかったので他の小さな古本屋も覗いてみましたが見つからず。2巻はまた後日探す事に。帰ってきて早速読んでみました。
感想。


面  白  い



この作品を冨樫義博氏の最高傑作に挙げる人が多い事に納得。「スゲェな」と唸らされます。
人物造形、プロット、心理描写、画、構成、ユーモア、設定それぞれがハイクオリティで独創的。
以前ブログを徘徊していた時に、冨樫氏の作品に言及しているこちらのブログを読んだのですが、

破綻をつつくのはネットの漫画ファンでもできます。

破綻のないプロットを何パターンも作るのは
優秀な漫画編集者ならできるでしょう。


ただ、面白い漫画を作ることはできません。




このセンテンスに大いに頷きました。「そうそうそうそうなんだよ!!」と思わずタメ口で共感です。
これは漫画に限らず音楽でも映画でも小説でも絵画でも同じなんじゃないかな、と思います。
名作、傑作を生みだす力というものはノウハウではない「何か」が圧倒的にものを言うのでしょう。そして冨樫氏は間違いなくその「何か」(あえていうなら想像力、発想力ということになるでしょうか)をもった人なのだろうなと、この作品を読んで改めて実感。


非現実的な(そして非常に細かい)設定やバトル内容(付随する個々人の特殊能力)、そういったある種PPG的な要素の一つ一つも魅力的だけど、個人的に冨樫作品の魅力は【キャラクタの『分かり易い勧善懲悪』とは一線を画す思考・価値観】【それ故の言動】【ストーリー展開】なので、その点がかなり濃く押し出されている今作品(設定はやはり非現実的では有りますが)はもうドツボにキましたよ。
王子(宇宙人)のストレートで潔ささえ感じる性格の悪さは唯事では無い(笑)。この人物造形の力には恐れ入ります。私の中で、人物造形・心理描写に関してこの人の右に出る作家はいません。
話のオチもキレがあって文句なし。

2巻を早く入手せねば。


楽しみが増える。

バイト4連勤がやっと終了!!!
この4日間は胃薬と頭痛薬と栄養剤と生理痛止めと氷枕のお世話になりました。
リンパ腺の腫れだと思われたものは、どうも違うもののようです。現在、似たような腫れと言うか、しこりのようなものが首の右側中央と右鎖骨の上にも出来てます。
正体不明。様子を見て治りそうも無ければ病院へ行こうと思います。



さて今日(もう昨日か)は、あの噂がマジなのかどうかがはっきりする日でしたね。
そう、アレです。

HUNTER×HUNTERの連載再開

バイトから帰ってくるとき、自宅近くのコンビニで告知だけ見てこようと思ったのに何故かジャンプが無い。何でだロー◯ン。
自分の目でかっちりと確認したいのに。ちくしょー。

と思ったらジャンプのオフィシャルサイトに載ってました。あっさり。


強制終了の為の連載再開ではないかとか、またすぐ休載するんじゃないかとか、色々言われてるし個人的にも「週刊に戻さなくても」という気持ちが有りますが(漫画雑誌というものについて思うところを今度書いてみようかな)、とりあえず楽しみです。
ちなみにハンターのコミックは全部コミック専用の保管袋に入れて取ってあります。

明日・明後日と休みなので、まだ読んだことの無いレベルEを買ってこようかなー。そしてもう一回スラダン10DAYS AFTERを見よう。そしてまだ1回しか聞けていないマイドリを聞く予定。

らるくあれこれ

音楽戦士のてっちゃんの髪型‥‥一頃のhydeさんに見えたよ(笑)!

Mステはバイトだったんでまだ見ておりません。
連勤が終わったらゆっくり見ます。


あ、ラルクの熱が落ち着いたとか言いましたが、前言撤回します(笑)。
ツアーの日程やアルバム・シングル詳細などなど、具体的な情報を見た瞬間ぶわーっ!とね。
自分で思ってたよりもラルクさんに点けられたは熱かったみたいです。
「半通したい!」までには至りませんけど。
財布と相談しつつ、大学のスケジュール等も確認しつつ、申し込む会場決めようかなと。

もうスラダンとラルクとガゼットが、私の中で同時にぐるぐると熱を持って回ってるので、もうどうしようかってな状態です(笑)。


そうそう、ツアタイの『THEATER OF KISS』を見たとき、瞬間的に次のアルバム名は『THEATER』だと思ったんですよ。
またハー火のステージがちょっとアダルトというかハイソというか上品な感じのセットだったから、その雰囲気を汲んでくるのかなーって。
加えて、今回披露されている曲たちはかなりバラエティに富んでてラルクの持つ多面性を存分に見せてくれてるから、“見せるための場所”が原義の『THEATER』はピッタリだなぁ!とか。
でもオフィ見たら思いっきり『KISS』って書いてあって「え、そっちかよ!?」てな感じでした。

ちょっと考えてみたら「キスを見せる劇場」、「KISS(アルバム)」を見せる「THEATER(ツアー)」か、と納得しましたが。
んー、『KISS』かぁ・・・。『KISS』ねぇ・・(何)
収録曲が早く知りたいです。プリガなんかは、ちょっと時期外れな気がするので入らないかもなぁ。凄く好きなんですけどね。


そして『Hurry Xmas』
勝手に「早く来い来いクリスマス」と意訳しました。こんなに明から様に年中行事(他国のだけど)を使用したタイトルってのが『KISS』以上に意外です。
限定生産らしいんで、一応予約しておこうかなぁ。
これ、アルバムには収録されない【完全独立型お遊びシングル】だったら面白いと思うんですけど。無理かな。



早いもので、ラニバDVDがあと10日ほどでリリース。わくわく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。