トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2007年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2007年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年11月
ARCHIVE ≫ 2007年11月
      
≪ 前月 |  2007年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

結果は如何に。

シアキス各プレイガイド先行予約の結果。

自分で申し込んだイープラスとぴあ、代々木の7・9・10日→全滅
先輩が申し込んでくれたイープラ代々木同上→全滅



予想通りと言えば予想通りです OTL
ファミマ先行で繋がったのはホント奇跡だったんだな・・・。明日はCNプレイガイドの結果が出ますが、期待せずにいよう。


『KISS』の初動は22.1万枚だったそうで。累計で30万は超えそうですな。オンラインショップのレヴューやCDショプのポップも良いコメント多くて嬉しいです。今まであんまりラルクに興味なかったって人が聴いてくれてるのは凄く良い状態だと思います。

そんな『KISS』ですが私のiPod再生回数トップ25に全曲ランクイン(笑)!
トップもガゼットさんの『AGONY』から『Prety girl』へ。『Spiral』『AGONY』を抜かしました。
iPodを買ったのが最近だから(まだ1ヶ月程しか使ってない)、比較的他の曲の再生回数が少なかったというにの有ると思いますが、ホントにヘビロテです『KISS』。
トップの『Prety girl』は再生回数43回です。『Spiral』が32回。『DAYBREAK'S BELL』はシングルとアルバムを足すと36回で、実質的に『Spiral』を抜いてます。ちなみに『AGONY』は30回(MD時代を含めたらトータルで100回位聴いてると思う)。



月曜に買った『LAST ANGEL』もがんがん聴いてまして、これも早々に再生回数2桁に。
ウーバーさんはまだ聴いてません。


スポンサーサイト

噂のKISSをあげる

これってTOKIOの歌でしたっけ?

そんなわけでやっと話題の看板を見て参りました。
講義が10時半に終了し、そのまま渋谷へ。着いたのは11時15分頃だったかな。渋谷に来るのは4月のMJ公録以来7ヶ月振りです。
ハチ公口をでるとすぐに大きいビジョンが見えるんですが、私が改札を出たとき、丁度ハリクリのPVが流れてましたよ~。
「いいねーいいねー」なんて思いながら交差点を渡り109ー2へ。

さっそく目標物を発見!

DVC00045.jpg


・・・で、でかっっっっ!

他の方のブログなどで、だいたいの大きさの見当はつけてましたが、実際に見てみるとかなり大きく感じました。しかもスンゲー目立つ(笑)。
平日の真っ昼間だったので人通りも少なく見易かったです。ちなみに画像にちょっと写り込んでらっしゃる方は私では有りません。

ちょっと離れたとこから見るとこんな感じ。
DVC00046.jpg


ここを通過するサラリーマン達があまり反応しないところから察するに、もうこの看板は馴染んでしまってるのでしょう(笑)。

この画像は入り口付近のものですが、ビルの壁面にもドーンと有りましたよ!

DVC00047.jpg


これだと今いちスケールが伝わりませんが・・・。かなり見上げる形になる高さにあるので、うまく撮れなかったです。もっと離れたところからとれば良かったんですけどね。クリスマスまで飾られる予定らしいので、リベンジしに行こうかな~。


一通り撮った後はそのまま歩いて原宿まで行ってきました。
移動の途中、タワレコさんを振り返るとここにもラルクさんの看板。
DVC00044.jpg

下のビジョンにはアリス九號.のPVが流れてました。PSCもお金かけてますね~。ヴォーカルの将くんはhydeさんを尊敬してるとか何とか。一時期、FCに入るくらい好きなバンドでした。


竹下通りに入るとすぐにハリクリが聞こえてきたんで「おおぉ!」と思い、どっから聞こえて来るのかと耳すましたら生写真館からでした(爆)。
竹下通りも平日の昼間はスカスカで良いっすね!色々見て回ったけど、結局買ったのは靴のみ。

地元に戻って、気になっていた倖田來未feat東方神起(「とうほうしんき」って打ったら「当方新規」って出た/笑)の『LAST ANGEL』ウーバー『浮き世CROSSING』を購入。しかもどっちもDVD付きです(金欠なのに)。
avex所属のアーティストのCD買うのって初めてかも知れない。これから聴きます。


明日はシアキスチケの各プレイガイド当落結果が出ますね~。でも夕方からバイトなんで結果が見れるのは日付が変わってからになります。バイト中そわそわしそう(笑)。

ぶっちゃけ今日はそんなに寒くなかったけど@埼玉

冷え込みがだんだんと厳しくなってきたので、今日、ようやく自室のストーブを稼働させました。
稼働させるにあたり、「豚小屋のようだね」と父に評された室内(どんだけだよ)の片付けからすることに。

妹ととの相部屋なので、妹も呼びつける。こういう片付けって本腰入れちゃうとなかなか終わらないから、飽くまでもストーブを稼働させる為の下準備だという事を念頭に置いて作業開始。

片付けの途中で色々と過去の遺物が発掘されました。
なかでも傑作だったのが妹が中学生の時の技術のテスト用紙。

3年も前のテスト用紙が有った事にビックリしましたが、もっとビックリしたのは点数欄の『2』という数字。

「え、おまっ、2点てマジかよ」
「あ~、中学の時は全然勉強してなかったからねぇ。英語とか数学とかも20点くらいだったし」
「よく卒業できたね」
「義務教育なんてそんなもんじゃね? ん、あれ?・・・これ、点数おかしくない?」
そのテストは全て記述式で、細い線で囲まれた回答欄と太い線で囲まれた回答欄の2種類有ったんですよ。で、妹が◯を貰ってたのは太い方に書いた答え2つ分だったんです。
「どこが?◯が2つで2点なんでしょ?」
「違うよ~、たしかこの人太い枠に2点配点する人だったもん。だからホントは4点だよ



大 し て 変 わ ん ね っ て

そんな妹も5ヶ月後には某信用金庫で働きだします。


(※妹の承諾を得てこの記事書いてます。彼女にとってテストで2点を取ったという事実は自身に何ら影響を及ぼすものではありません)




明日は講義が1限目のみなので、終わったら渋谷の猥褻物を見に行ってきます!ついでにアウターと靴も買ってこようかな。
『KISS』は相変わらずヘビロテ。繰り返しずーっと聴いてても飽きないですねコレ。
頭の中をラルクさんが占める割合が上昇してまして、通学中やバイト行く途中とかは専らラルクさんを聴いております。現在、iPodの再生回数のトップはガゼットの『AGONY』なんですが、そろそろ(早ければ明日にでも)KISS曲が抜かしだします。




代々木チケットを捕獲せよ!

先輩が代理申込をしてくれたローチケ先行は落選でした OTL
残念。

今日はファミマでシアキスチケット先行電話予約。
一縷の望みをかけて12時ちょっと前から携帯片手にチケ取り開始!

ちなみに自分の携帯一台での挑戦。
親・兄妹は私の趣味に一定以上の理解が有りますが、チケ取りのように時間的・肉体的拘束を伴う事に関しての協力というのはほぼ皆無です。


狙うは代々木公演


電話が繋がると画面が『発信中』っていう表示から、『呼出中』っていう表示に変わるじゃないですか?
12時17分に一度『呼出中』の文字が画面に出たんですよ!
でもつい電源ボタンを連打してしまって(激戦チケの電話予約に挑戦した事ある人なら分かっていただけるかと/笑)、無情にも電話が切れる。

「あ゛あ゛あ゛あぁぁ!切っちまったぁぁぁぁあ!」

この瞬間の絶望感といったら無い。しかもそこに追い打ちをかけるように、

「(冷ややかな声で)それ、いつか絶対にやると思った。ちょー連打し過ぎだよ。」


(うっせぇぇぇえぇえ/心の叫び)



殺意と混乱を堪えつつそれでもまた一心不乱にコールしまくりましたよ。

そしたら20分頃だったかな?

ま た 繋 が っ た


もう一人で興奮。端から見たら危ない奴だったかも。
最終日は定数に達しててとれなかったけど、初日をゲット致しました。バイト行く前に発券してきて来ましたよー。すんごいウキウキしながらバイトが出来ました(笑)。
一般でこんなに倍率の高いチケとれたの初めてです。しかし噂によると福岡はかなり取り易かったとか。どういうチケ配分なんだ?


アルバム聴いてから俄然ライブに行きたいモードが高まってます。プレイガイドの先行予約もいくつか申し込んでいるのでもう一日取れるといいなぁ。


肝心の『KISS』ですが、10周しました~。感想とかをポツポツ書こうかと思いますが、超遅筆なので来週中にアップするのを目標にしてます。


グダグダです

渋谷の猥褻物は今日は見ることが叶いませんでした。
何故なら寝てたから(殴)。
最近の睡眠不足が祟りましたかな。
今日の講義が終わったら見に行こうかと思いましたが、そうすると帰る際にちょうど帰宅ラッシュにぶち当たりそうだったんで止めました。
来週の月曜に行く予定。


さて『ぷっすま』。企画的には中弛みが起きてしまった印象でしたが、kenちゃんの気怠そうな雰囲気が堪能できたのでそれで充分でございます。
千里子氏がなかなか良いアクセントだったなぁ、と。


『KISS』は只今5周目が終わりました。
最低でも10周してから感想とか書くつもりです。

今ハッキリと言えるのは『早くライヴ行きてぇぇぇ!』です(笑)。
あと、歌詞カードがくっついちゃってるから、それがちょっとヤだな~、と。歌詞カードは独立してて欲しい派です。


課題もちょいちょい進めつつ、という状態なのでアルバムが出る頃には読み終わる予定だった『解体屋外伝』も2割程しか読んでいない現在。
ルシエルの会報がちゃんと届いていたのですが、これもいつ読めるかな~ってな状態。
予定の見通しが甘かったです。

倖田來未氏が東方神起とコラボした『LAST ANGEL』がかなり気になってます。メロやリズム、声が良い感じ。多分買います。
あとウーバーも気になりつつ有るんですよー。
同じSONY系列のバンドなのと、ドラマのタイアップだからなんすかね、ラルクさんを見るためにテレビ見てると、必ずと言っていいほど彼等のCMを目にするんですが、なかなか声が良いです。

そういえば今日はローチケ会員先行の結果がでるんでしたっけ?
先輩からまだ連絡が来てないので、当落は分かりません。当たってるといいなぁ。

夢でKISS KISS KISS

そんな歌有りましたよね、かなり前に。

えーと本日は『KISS』を買いに行く前にまず美容院へ行ってきました。ストパーかけたんでそれなりに時間がかかり、地元のお店で購入を完了し、帰宅したのが4時頃。
んで、やることやってからゆっくり聴こうと思い食器を洗ったりなんかしていたら妹が帰ってきてオーディオを先に使用されてしまい、アルバム未聴のまま現在に至る(死ーん)。

最初はちゃんとCDをオーディオで聞きたいんでしばらく待ちます。耐え難きを耐えますとも。
早く聞きおわんねーかなー。


そうそう、噂の【リーダーの悲願成就】もとい【ラルクが渋谷で熱いKISS】ですが、これはもう明日にでも自分の目で見てこようかと(笑)。大学が3限からなんで、午前中に時間あるし。

妹が聴き終わるまで、収支表でもつけて時間潰そうと思います。


拍手どうもです!

色々有りすぎなラルクさん

DVC00040.jpg

ゼミ関係が落ち着いたので、比較的楽にはなりましたが、予定よりも趣味に浸れてません。誤算。
今日は課題をひとつ片付けました。夕飯後にまた残りの課題をちょいと進めようかな。

色々有って何から書けば良いのやら。

やはりまずはアレですか、リーダー様のご結婚。
なんかもう朝起きて久々に某掲示板を覗いたら祭り状態になってて。本当にビックリしました。どうにも『結婚』というワードから遠いイメージだったんで。
コレに関しては「ビックリした」の一言に尽きる。

んで、メディア関連。

まずはMステ。hydeお兄さんはどうしてそんなに痩せてしまわれたのかと。忙しいでしょうが、体調には気をつけていただきたいです。kenちゃんも結構スッキリしてましたよね~。素敵だ!
ラルクさんがトリを飾ったのって初めて見たかも(ファン歴浅いんです)。
ハリクリはkenちゃんの演奏中の手元が(アテフリだけど)なんか好き。
歌も悪くなかったと思うけど、その後に見た音楽戦士の方が印象強くてあんま覚えてないです。


お次はMJ。これ、結局は音戦と番組放送時間は被りましたが出演時間が被らなかったですよね。ファンに対しての配慮なんでしょう。先に言ってくれればどっちも録画できたじゃないか・・・!
これもkenちゃんのレディステの時のヘドバン姿が格好良すぎてあんまり他を覚えてない(オイコラ)。
トークが良い感じでしたね。ユッキーの専用プレートの話しが可愛らしいです。お子様ランチみたいで(笑)。hydeさん、喋る喋る。


そして音楽戦士。これはトークも歌もかなり良かった!ラルクの超簡易クロニクルではやはりsakuraさんには触れられてませんでしたけど。
「金玉橋」とか「ひげ面hyd」とか「ストーカーtetsu」とか「hydeさんにファンと同レベルの幻想を抱いていた若かりし頃のユッキー」とか、ぶっちゃけてましたね、だいぶ(笑)。

一番印象的だったのはユッキーをどう呼ぼうか決めあぐねていたkenちゃんの話し。
インタビューなどを読んでたりしてても、kenちゃんには対人関係や人生のターニングポイントに関して、てっちゃんとは少し別質の「安全率重視」な姿勢が垣間見える瞬間があって、今回の呼び方にまつわるエピソードもその一つで。「慎重」とも言えるし、見ようによっては「優柔不断」とも言える(そこがまた魅力的なんですけどね)。
kenちゃんにとってかなり迷ったであろうその状況を、hydeさんだって決してそこに悩まなかった訳ではないと思うんですが、しかし「ユッキー」という呼び方で飛び越えてしまったhydeさん。
2人のリスペクト・フォー・イーチアザーっぷりは音楽性のみならずこういう所からも来てるんだろうなぁ、とか考えて一人で勝手にしみじみしてました。

肝心な歌の方も声がばっちりで、音戦万歳!
今んとこ音戦がダントツトップです。


最後にJ-CD。ユキーロさんを相手に「賢くなった」と上から目線のhydeさんに笑わせてもらいました。ほのぼのするなぁ、この組み合わせ。


チケットに関して。以前、チケ落選祭りについてこんな事書きましたが、FC先行高落選率の理由に、各種プレイガイド・他メディア先行分というのが追加できますね。
なんで今回こんなにいろんなとこでチケット販売するんでしょうか。ヤフーだのファミマだのニュズメだの・・・・。非ファンに売り出したいんか?
でもその割にはチケットの値段が尋常じゃないしなぁ。やってる事がよく分からんですたい。



拍手ありがとです!


復帰!ハリクリ!KISS!

やっと終わりました。3日連続締切のドタバタ劇。
嗚呼、素晴らしき哉、この解放感(笑)。
いかにストレス感じながらやってたかが良く分かります。ストレスっていっても、原因はほぼ100%ゼミなんですがね。
ゼミのグループ作業に関しては「ねーよ、いくら何でもそれはねーよ」と言いたくなる事態の連続でしたが、やっと、やっと解放されます。
再来週のゼミはきっと休むだろうな(来週は丁度休日だし)。
また新たな課題が他の講義から出されてはいますが、まぁ、ゼミレポに比べたら楽なもんです。


そしてそしてやっと『Hurry Xmas』を引き取って来ました。
パッケージから何からすんごい金かかってますよね、このシングル。これ、ちゃんと利益出てるのかな・・・・(余計なお世話)。でもクリスマスプレゼントっていうコンセプトにはぴったりな感じ。オーナメント可愛いなぁ。
この曲は事前にラジオとか一切聞いてなかったので、(またハー火を除けば)これが初聴。Mステの前にちゃんとCD聞きたかったんで早速リスン!!!


1回しか聞いてないんで曲自体をどうこうはまだ書けませんが、「この曲がアルバムの最後に来るのか!」というのを強烈に意識しておりますよ、今。


kenちゃんが、今回のアルバムを創っているとき『true』を創ってる時と似た感覚になった、みたいなことを言っていたないですか。
その『true』をちょっと話しに引っ張りだしてきまして。

(歌詞の内容のベクトルに違いは有るけど)同じクリスマスソングである(と言われている)「I WISH」が入った『true』は、ラストがあの泣きの超名曲「Dearest love」だったじゃないですか。「I WISH」をラストにするか、「Dearest love」をラストにするかで、アルバムの全体的な印象って変わると思うんですよ。
で、『true』というアルバムは「Dearest love」を最後に持ってきたわけで。

でも『KISS』はこの曲がラストですよ。
今回の『KISS』というアルバムが、それこそ『true』ばりにバラエティに富むであろう事は、既にリリースされたシングルやまたハー火で聞いた数曲の新曲から十二分に想像できる訳です。その曲たちの中に、アルバムラストを飾れそうな非ポップな曲も有ったんです。

もう一度言いますが、『KISS』というアルバムは、それでも敢えてこの曲をラストにしてるんですよ。
メンバー自ら「『true』を創っている時のようだ」と発言していて、実際に「true」同様バラエティに富んでて、しかしそれでもラストに「true」の時とは真逆の雰囲気の曲を持ってきてるわけですよね。

何と言えば良いんだろう、この表現し難い興奮って伝わりますでしょうか。

アルバムが本当に楽しみ過ぎて鼻血が出そうなんですけど(笑)。



ちょいと消失

ゼミのグループ研究の発表まで1週間を切ったというのに、やる事やらずにのらりくらりしているメンバーがいてぶん殴りたい気分な了です。
個人研究ならやらないのは勝手だが、複数でやる時はちゃんとしてくれ。
と言ってやろうかとも思ったけど、イイ年した人間にそんな当たり前すぎる事言うのもアホくさいので、もうそいつは居ないものとして準備を進める事にしました。『豚をおだてるより自分で木に登った方が早いぞ』魂です。オーイエー。
しかしまぁ、そんな奴がゼミ長やってて、この前の飲み会にはちゃっかり参加してるんだから、もうこれは笑い話なんでしょう、きっと。

そんなわけで他のメンバーとともに準備しつつ、他の講義の課題2つ(発表の2日前&前日提出)もやりつつバイトの予定も入ってるので、数日ここを放置します。金曜日には戻ってくる予定。

このスケジュールをこなした暁には素晴しい時間が待っているのです。

まず、以前ここで紹介したウルトラバロック・デプログラマー の原作である解体屋外伝
をアマゾンさんで購入したのが火曜あたりに届く予定。それを読む。
読み終わる頃にはラルクさんのアルバムが出ているのでもちろんヘビロテ。これは確定。

来月のジャンプSQ.から藤崎竜が漫画化する『屍鬼』も読む。しかしこれ文庫で5巻まで有るんですね。長えぇぇぇぇ(笑)。というか長いからこそ連載作品として選ばれたんだろうなぁ・・・。
これは原作を読んでる途中に漫画の初回を読む事になるでしょう。

ん~、引きこもり的幸せだ(笑)。いやでもホント楽しみです。

来月のジャンプSQ.といえばジョジョ4部のスピンオフ、「岸辺露伴は動かない」が掲載されますが
、ブログ見てるとあの予告カットに対して
「ちょっっっ、露伴色っぺぇぇぇぇええ(*´Д`*)」
みたいな反応が結構多かったです(笑)。確かにアレはフェロモンっすよ、フェロモン。
あのヘアスタイルにあの配色(唇は緑色)で「色気」を感じさせる荒木御大の画力は凄まじいと思います。ジョジョは5部しか読んだ事無いので、コレを機に最初から読んでみようかな。

それから、STUDIO VOICEの今月号がちょっと気になる。


とりあえずこの幸せの為に目の前の事を片付けます。

驚愕の事実

ルシエルの会員期限が今月1日で切れてたんですが(・∀・)

会員期限が11日だと勘違いしてました。しかも仮に11日だったとしても期限の5日前には振り込んでないといけないらしいんでどのみちアウトっていうオチ。あひゃひゃひゃひゃ。
5日前ふりこみなんて初めて知りましたよ(封筒よく見てない奴)。もう退会扱いになってて、オフィ行ってみたらバッチリ会員ページで弾かれました(笑)。

あー、なんすかコレ、一旦ルシエルから離れろという啓示でございましょうか(注意力散漫なだけ)。
とりあえず当面はチケ予約の予定は無いし、会員番号にもこだわりとか無いんで、しばらく再入会は見合わせる方向です。またチケ予約する時期になったら毎回恒例「今なら間に合います」的な告知がサイトに出るでしょうから、そんときにでも入ろうかな。
遅れてる会報は来るよね・・・・?つか来なかったら詐欺だけど。

オフィ行ったついでにメディア関係を一通りチェック。ラルクさんはたくさんお仕事をこなしておりますなぁ。
16日まではちょっと課題などが立て込むため、テレビの露出がそれ以降なのは助かります。割りと落ちついて見ることが出来そうです。忘れなければ。
『音魂』『ぷっすま』がすんごい楽しみ(笑)。『MJ』と『音楽戦士』が被るのってそろそろどうにかならんのですかね。
雑誌は表紙がたくさんですが、どれか一つ買えば良いかな、と。一番記事が良かったのを選ぶ予定。

よし、気を取り直して課題やるぞ。


またSQ.ネタ

ジャンプSQ.は雑誌としては異例の増刷決定だとか。雑誌は単行本と違って商品としての寿命が短いのでこういうことは普通やら無いんですけどね。10万部増刷して計60万部らしいですが、それで足りるのか・・・?
来月号は最初からこの部数で行くのでしょうか。
来月号は、ジョジョのスピンオフ掲載フジリューの連載開始なので、今月号並みの売り上げを見せそうだと予想しておりますが。『屍鬼』は先に原作を読もうかどう考え中。
発行部数なども含めてSQ.の評価がハッキリするのは早くても半年後くらいかと。


ラルクさんのキスチケ。
残る獲得手段はプレイガイド会員向けなどの先行販売か一般のみとなっている訳ですが。私はオフィシャル意外の会員になる気というのが無くて、プレイガイド先行はシカトしようと思っていたのですが、バイト先の先輩がローチケの会員らしくて代わりに申し込んでくれることになりました
(わざわざ「ラルクのチケットの宣伝が来たよ~」と声をかけてくれました)。ありがたやー。
ご厚意に思いっきり甘える所存です。

なんやかんやで来週はハリクリ発売なんですねー。まだ一回も聞いておりません。某アイドルグループと発売日が被ってて首位になれるかどうかが危ういとの事ですが、そんなに気にするような事でもないような気が。首位になったらなったで嬉しいけど、なんなかったところで、だからどうということも無いでしょう、みたいな。

そういえば11日までにルシエルに継続料金振り込まないといけないんだったっけか。
なんか素直に振り込む気にならない自分がいます。
ラルクは凄く好きですけどね。

それってどーなの集英社さん

チケデリの当落ってメールがくるんですね。知りませんでした。結果は勿論(?)落選。
今回も落選祭りのようで。もう驚かなくなってます。

話題転換。
ジャンプSQ.創刊号が、発売初日から売り切れ店続出の模様。アマゾンやセブン&ワイでも品切れの表示。中古が定価の倍の値段になってますよ。
楽天ではまだ売ってます。
私が発売日の午後にコンビニで買った時は1冊しか無くて、入荷数自体が少ないだけかと思ったんですが、そういう訳では無いっぽい。
売れるのは良いでしょうが、発売して3日と経たないうちから入手困難になってしまうのは戦略的に見てどうなんでしょう。一応公式発表だと50万部らしいですが。せっかくの創刊号であれだけ宣伝しまくってたのに手に入らないんじゃお話にならないのでは・・・・。事前のリサーチが甘くないですかね。

ブログをつらつらと巡って見ましたが、「立ち読みで十分」派な方が結構いらっしゃいますね。
あと500円という価格を「高い」と評価する人がチラホラいてビックリ。月刊で500円を「高い」と感じる人がいるのか・・・。小学生とかがそう言うならまだ分からなくもないけど、高校生以上で「高い」と感じる人を見かけると、自分とは根本的に金銭感覚が違うなぁと感じます。
ジャンプSQ.を手にしてる時点で、一定基準以上に漫画文化に馴染んでる人たちなハズですが、んー、マンガ好きも十人十色だと再認識。
「エンバーミング」と「Luck Stealer」と「TISTA」と来月から始まる「屍鬼」がやってるうちは買う予定。うん、ベテランばっか(笑)。集英社さんには才能ある新人さんの発掘を頑張っていただきたいです。そしてその才能を潰さないようにしていただきたいです。マジで。


そうそう、ついでに他の雑誌の発行部数なんかも見てみたりしたんですが、今マガジンって180万部なんですね~、意外でした。ジャンプはまだ280万部も売れてるのか。それにも驚いた。かつてマガジンがジャンプの部数を抜かした事も有って、当時の朝のニュースで取り上げられてた記憶が有ります。たかがマンガ雑誌の部数でニュースになるのだから、黄金期のジャンプの売り上げというのは本当に驚異的だったという事ですよね。なんせ毎週600万部だったし。
今は同じくらいの部数(200万ちょい)かと思いきや結構差がついてしまっているみたいです。

私を呉服屋に連れてって

早朝6時に寝て、10時に起きました。了です。

今日は成人式の着物を選ぶ為に呉服屋に行ってきました。
成人式って言っても式に参加するつもりは全く無くてですね、写真をとるだけの予定。最初は写真を撮る予定さえ無かったんですが、母に強引に押し切られて写真だけは撮る事になった次第。

自分の為というよりは親や祖母が着物姿を見たがっているから着物を渋々選びに行く訳で、当然乗り気にはなれず、店員さんが色々薦めてきても生返事ばかりという嫌な客(笑)。
店に入った時、店員さんは私を再来年の成人式に行く人間だと思ってましたね。こんなギリギリな時期に着物見に来る客は滅多にいないんでしょう。しきりに「お忙しかったんですね」と言われましたが、母が素直に「娘はこういうのに興味が無いみたいで、無理矢理連れてきたんです」と説明してました(笑)。
成人式用の着物は、早い人は1年以上前から準備するのも珍しくないみたいです。ビックリ。実際、再来年用に来ているお客さんがいましたし。

最初は10万円位の予算でレンタルのつもりだったのに、なんとレンタル用の規格サイズだとデカくて超不格好。シルエット命の着物なので店員さんも親も「うーん・・・・10万も出してこれではちょっと・・・」みたいな様子なんですよ(笑)。
んで、コレ幸いに「着物は諦めようぜ!」と母に提案しようと思ったら「17万円程で着物を仕立てる事も出来ます」という店員からの思わぬ台詞。
その呉服屋さんはもともと市場価格の半額程で着物を販売しているトコなんですが、新社長就任の特別キャンペーンだか何だかで、(柄などの選択の幅がある程度狭まりますが)超特価で着物を仕立てているらしいのです。
しかもレンタルではなく購入用。「大学の卒業式も着物+袴が主流な今、その都度レンタルする手間や、いざという時の事を考えたら買ってしまった方が安上がりだよ」との事で、結局着物を買うことに。値段はぎりぎり20万円以内に収まりました。小物や和装用肌着など、一通り必要な物が
30点フルセットで付いてきてこの値段なので、母は甚く感動してました(笑)。

個人的にはそんなに金かけてまでやる意義が有るだろうか、という感じですが、親が割りと乗り気なのを見るとコレも一つの親孝行かも知れない(お金出すのは親だけど)。楽しみにしてる人を否定してる訳ではなくて、個人的な価値観の問題です。



ところで、成人式って何時だったっけ(後で確認しとこう)。

ジャンプSQ.

テンプレをまた変えました。


ジャンプ SQ. (スクエア) 2007年 12月号 [雑誌] ジャンプ SQ. (スクエア) 2007年 12月号 [雑誌]
(2007/11/02)
集英社

この商品の詳細を見る


2日に創刊号が発売されたジャンプSQ.。コンビニに行ってみたらちゃんと仕入れてあったので助かりました。
ちなみに私は月間少年ジャンプを読んだ事が一度も無いので(週刊の方さえハンターが再開するまでだいぶ放置してました)、どの作品が持ち越されたとか、消えたとかいう背景は一切分かりません。
この雑誌を買うにあたっての目当ては森田まさのり×小畑健『HELLO BABY』かずはじめ『Luck Stealer』和月伸宏『エンバーミング』、ずばりこの3作品。完全に作者買いです。
第一印象は「分厚い」(笑)。机とかに置いて読まないと手が疲れます。
そして次に「(月刊だから)紙の質が割りと良い」なぁ、と。
付録で、週刊のほうに掲載されてる漫画を含むポストカードセットが付いてます。来月・再来月も買うとコンプリート出来るみたいです。

全部で20作品載っていますが、その中で読んだのは12作品。残りの8作品はどうにも絵が苦手で読む気になれませんでした。読んだ12作品で良いとおもったのは・・・・6作品(笑)。
その一つは『まつりスペシャル』。神尾葉子の漫画を読むのは初めてでしたが、面白かったです。何故にジャンプスクエアで執筆する事になったのかよく分かりませんが(笑)。
それだけ少女漫画と少年漫画の垣根が無くなってるという事なのかもしれません。読者の垣根はとっくに無くなってると思います。本屋で周りを見てみると男性も普通に少女漫画買ってたりしますもんね。兄に読ませて感想を聞いてみたいかも。

最初に挙げた3作品も良かったです。
中でも一番気になっていた『HELLO BABY』
意外な面子でのコラボだということも有りますが、それ以上に「漫画を描く人」が完全に原作側に回るのって正直どうなのか、という点で気になってました(デスノの原作者も漫画家でしたが)。
しかしやはりというか何というか、両者の合同インタヴューがきっちり載ってて、そうなるに至った経緯は書かれてました。編集側の思惑も何となく見え隠れするようなしないような経緯だなぁ。
南米の少年の話は私も読みたい。

このインタを読んで、「話を創る人」と「絵を描く人」が同一である事の必要性についてちょっと考えたりしました。
これって音楽で「曲を描く人」と「演奏する人」に置き換える事も可能ですよね(他のジャンルでもイケそう)。
両者が必ずしも同一である必要性というのはどこにもなくて、事実、両者が違う人であるケースは(特に音楽では)珍しくないし。それでも2つを1人でやろうとする人たちもまた大勢いる訳で。
これについて書いてみようとと思ったけど思考がまとまらんです(笑)。言いたい内容ははっきりしてますが言葉が追いつかない(つまり頭が悪い)。

肝心の作品は、1回読んだだけでは掴めませんでした。解釈の仕方が何通りか浮かんできてしまって。読み込みが足りないだけかもです。
浮かんだ解釈のいずれにしろ、ソリッドなネームであるという印象には変わりないですが。作中の雰囲気は、インタにもありましたが、小畑氏が自分のフィールドに持って行ってます。絵巧いなぁーホントに。「コラボ」の単語に偽りなしです。
それでですね、この作品は『HELLO BABY』というタイトルがめっさ良いと思います。読む前はそんなに意識してませんでしたが、読後に改めてタイトルをみると、「これ以上にハマるタイトルは無いぞ」と思いました。うーん、凄い。

来月号から小野不由美×藤崎竜という、これまたなんか凄い組み合わせで連載が始まるのですんごい楽しみ。

とりとめ無し。

大学祭期間で6連休なのでプチ・ゴールデンウィークな気分です。うはうは。しかし半分はバイトです。
今日のバイトは5時間でしたが、そのうちの4時間が新人さんのサポート。
サポートといっても特に何をスルでもなく、横っちょに立って様子を見るだけです。たまに聞かれた事に答えたりしますけど。コレがもう暇で暇で。ずっと姿勢が変わらないから背中とかも痛くなってくるし、自分が新人だった頃も先輩はこういう思いをしてたのかーと思いました。

家に帰ると、ガゼットさんのFCからの郵便物が。来年のホールツアーの案内でした。出来れば2カ所行きたいけど、日程がちょっと微妙かも。
チケ代は4800円。可愛らしい値段だと思ってしまうあたり、どこぞのバンドに毒されてるなぁ(笑)。

前々回の記事で10月の書籍購入数が46冊だといいましたが、案の定その後ラスト3日でちょっと増えまして(笑)、計49冊に。


今日はいよいよジャンプSQ.が出ます。
森田まさのり×小畑健という組み合わせがめちゃめちゃ気になる(いろんな意味で)。かずはじめの漫画も非常にたのしみ。個人的に現在の週刊少年ジャンプよりも遥かに期待度が高いです。
これから寝て、昼頃に買いに行く予定。よし、寝るぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。