トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2009年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2009年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年04月
ARCHIVE ≫ 2009年04月
      
≪ 前月 |  2009年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

KAT-TUNチケットが来たよ2

「KAT-TUNチケットが来たよ」「拍手レス」への拍手ありがとうございます!




不滅~の20日公演のチケットが届きました。


41ゲート 11列 orz


スポンサーサイト

KAT-TUN 4thアルバム~まさかのエンジニア篇~

昨日買って来ました【Break the Records】。
買ったのは通常盤1種のみです。(ブックレットの為に3200円も払えませんってJストさん)


真夜中にCDをセットしヘッドフォンを装着してPLAYスタート!


で、4曲目あたりまで聴いてて、ふとある人物が頭に浮かびました。

急いでブックレットを取り出して(最初は歌詞を一切見ないで聴く派です)、制作スタッフを見ると目に入ったのが

MASTERED BY TOM COYNE


やっぱりトム・コイン氏がマスタリングしたのかーーーーー!!

(注:マスタリング=CDの最終的な音質・音量の調整や、曲間の設定などをする作業。これによってアルバム全体の音が決まると言っても良い位、重要な作業です)


いや、なんかね、音聞いてて何となくトム・コイン氏が頭の中に浮かんだんですよ。
予想が当たってて我ながらビックリですわ。


トム・コイン氏はガゼットのアルバムがきっかけで知った方ですが、簡単に説明するとNYのエンジニ集団【STERLING SOUND】所属のマスタリングエンジニアです。超有名なお方です。

元々R&BやHip Hop系が中心だったみたいですが、POPシーンでも活躍してます。
最近だと宇多田氏のアルバムも手がけてるし、海外だとビヨンセやらバックストリートボーイズやらも手がけてます。
(リンクから日本語ページを選択して入るとエンジニア紹介の項目でトム氏の手がけた作品や経歴が詳しく見れますよんv)


んー、贅沢だぁホント。

てかこれシングルの時からトム氏がマスタリングしてたのかな?(でもシングルとアルバムでは音の質感若干違う気がするんだけど気のせい?シングルにクレジットないからワカンネー!)


あ、で前作はどこかと思って歌詞カード引っ張り出したらこれまた凄いエンジニアさんに手がけてもらってるんですよねー。道理で音がやたら良いはずだよ。

ちなみに前回のマスタリングスタジオ→Mercussen Mastering
マスタリングエンジニアはスティーヴン・マーカソン氏です。
ヒラリー・ダフやらレッチリやらミック・ジャガーやらを手がけております。


で、このMarcussen MasteringはLA(ハリウッド)にあるんですね。
中丸が『LIPS』の宣伝にラジオでカツンはLAで音作りしてると言ってたんで、まぁ多分このスタジオだったんだろうと思います。

ってことはアルバムと、それに収録されてるシングルは基本的に全部同じスタジオでマスタリグされてるということかな?

そうするとワンドロやレスキューもシングルの時点でやっぱトム氏だったんだろうか。


今作のクレジット見ると前作同様にLAスタッフのクレジットがあって、ディレクターと使用スタジオは前作と同じなんですよねー。何でまたマスタリングだけNYにしたんだろ。


アルバムの感想はまた別記事にて。



catalogue 2005→???


ふと考えてみたら、カツンとX JAPANと舞台とバクチク合わせると向こう約2ヶ月間で11公演いく予定がある。どうりでお金がなくなるハズだ(今更)。

しかもFISH TANKに入会しちゃいました。FC限定発売のライヴDVDにまんまと釣られましたよ!!

さてバクチクさんのツアーは初日参加しましたけど、ハマったのが超最近なんで「memento mori」の曲以外はあんまし分からなかったんですよね。

なので人様のブログでセトリ見て曲名を確認して、ひとまずそこは抑えておこうと思いTSUTAYAでベスト盤『catalogue 2005』を先週レンタルしました。(現在の懐事情を考慮すると購入が少し躊躇われたので)


毎日聴いてる訳ですけど、初心者な自分にとっては凄く良いですこのベスト盤。
ていうかとにかく誰かに聴かせたい。(無理強いはしないけど)

年代別に並んでて、分かり易いし、本当の意味で「ベスト盤」な感じ。
(2~3年やって直ぐに出す「名ばかりベスト」みたいなのもいっぱい有るじゃないですか)
しかしなんで極東~から4曲も選出されたんだろう。

1曲目の「HURRY UP MODE」が発売された時はまだ管理人生まれてないや・・・・。
自分が生まれる前からやってるバンドが今でも現役でカッコイイ音楽やってるのって本当に凄いなぁ。

何よりもやっぱり曲が凄く良い。
2Discあって、全部で33曲も入ってるんですけど全然だれないというか、この曲数を一気に聴き終えられる。

素晴しいですマジで。

主に今回のツアーでやってる曲目当てでしたけど、いいわーコレ。
あ、初期の楽曲もかなりスンナリ聴けました。凄い初々しい声と音と技術です。

「ICONOCLASM」や「悪の華」のカッコ良さは言わずもがな、「スピード」や「唄」、「Baby,~」もカッコいいし「ミウ」とか「FLAME」とかものっすごい切ない。
「さくら」とか「Long Distance Call」みたいな綺麗で悲痛な感じもいいし、「Girl」みたいに甘酸っぱい空気も素敵で。
「ROMANCE」は13階VerよりシングルVerの方が好き。


徐々にオリジナルアルバム揃える気なんですけど、バクチクって20年以上やってるだけあってオリジナルアルバム沢山あるんですよね。

このベスト聴いたらどれから買おうか迷って来たぞっていう(笑)。

最初は新しい順に買って行こうかと思ったんですけど、「ONE LIFE,ONE DEATH」とか「殺シの調べ」とか「狂った太陽」も欲しいなぁ。

そして初期の楽曲に全く抵抗無かったんで、いっそ発売順に買って行くという選択肢も出てきてしまった(笑)。


あぁ、何て贅沢な悩み(*´Д`*)


拍手レス

「ドラマ色々」「KAT-TUNチケットが来たよ」への拍手ありがとうどざいます!





ローソンのLチキが上手い(・∀・)!!


以下拍手レス。



そんなの有りかよ(追記)

管理人、先月初めて自分名義のクレジットカードを作ったんですが、今月20日すぎに届くという3月分の利用明細表が届かない。

問い合わせてみたら、3月分の利用データがクレジット会社にあがっていないので今月の明細表は無いとの回答。

「月末までに使った金額」ではなく「月末までにデータが上がった分の料金」でカウントするということらしい。

なので、データが上がらないから3月分の利用が今月扱いになるという。


しかし、契約したクレカのパンフレット、「保存版ユーザーズガイド」によれば「毎月月末締めで利用料金をカウントし、翌月20日過ぎに明細表を発送、翌々月4日の引き落とし」となっている。

(追記:正確には「当月1日から当月末日の締切日までのご利用に対する『ご利用明細書』を20日過ぎにお送りします。」との記述)

いや、嘘じゃん、このパンフ。


しかもこのデータが上がるまでにかかる時間も契約した店舗によって差がある(早いと即日、遅いと1ヶ月ほどかかる)から、何日までに使った分が翌々月払いになるかは正確には答えられないと回答される。


何 だ そ れ 


どこのクレジットカードもそんなもんなんですかね・・・?


(ちなみに管理人が初めてカードを使ったのが3月17日だから、そのデータが月末までに反映されてないと言う事はデータが上がるまでに半月以上かかってるって事だよなぁ・・・・)


KAT-TUNチケットが来たよ

KAT-TUNドーム公演のチケット発送されて、コンサートタイトルが正式に決定した訳ですが、そのまんま過ぎる(笑)

今のところ全部で4公演参加の予定ですが、1公演はちょいと参加出来るかどうか微妙かも、な感じ。

16日のチケットは譲っていただいたのですが、人生初のドーム1階席です(・∀・)
Eさんほんとにありがとうございますv(私信)

本日管理人が当選した17日のチケットが届いたんですけど、こっちは初のバルコニー席でした。


とうとう明日アルバムフラゲ日ですね!
しかし大学もバイトも無いんで外に出る予定が無い!(CD屋は最寄り駅まで行かないとないんですorz)
明後日のバイト前に買おうか妹に会社帰りに買って来てもらおうか・・・・と思ったら妹は飲み会だとか(タイミング悪いーー!!)


普通に発売日に買う事にします。
まだシングル以外は1度も聞いてないんでね、どんなアルバムに仕上がってるのか楽しみっす。


ジャケットはなんていうかもうタイトル同様にひねりが無さ過ぎるというか何と言うか(苦笑)。
関ジャニさんのアルバムが出てますけど、ああいう顔が写ってないジャケットが希望です個人的に(顔ジャケでも稀に良いの有るけど)。羨ましいわー。

でもひねったらひねったで3rdアルバムみたいな「金の使い方間違ってますよ」なジャケットになりそうな気もするなー。


この配信・レンタルのご時世にわざわざ3000円も払ってCD買う訳だからやっぱりジャケットとかには拘ってくれると嬉しい(・ω・)

ドラマ色々



録画しておいた婚カツと仕事人とカツカツ第二章最終回と魔女裁判を一気に見ました。
一気に見過ぎてちょっと疲れた(笑)。


【婚カツ!】はちょっと設定がアレですけど、今後どうなるか、と言う感じです。
大学の専攻分野とも多少被る題材なんで、この「結婚活動」ひいては「結婚」をどう扱って、どう着地させるのかに注目しつつ。

上田がものっそい笑顔だ(笑)。かなり明るいキャラみたいですねー。美容師の卵という設定も今後生きてくるんでしょうか。


【必殺仕事人 2009】はこのシリーズ自体初めて見ました。大倉君が出てたとき結局一度も見なかった(´∀`:)スマン大倉君。

仕立て屋の匳ってことですが、和服似合い過ぎだよ田中(笑)。だらしなーく来崩してる姿に違和感無さ過ぎる。
水戸黄門みたいに一話完結のスタイルなんですね~。なかなか役にハマってたと思います、田中。撮影が京都で行なわれてるみたいで大変そうだなぁ・・・。


【魔女裁判】はなんか結構すっ飛んだ演出だなぁ・・・・みたいな。
もうすぐ始まる裁判員制度を扱ってますけど、ドラマとは言えあんまり過剰な演出にならないで欲しいところです。
でも面白かったんで次週も見ます。さすがと言いますか、生田君の演技安定してますね。



まさかの席&グッズの話

「JのMOZAIKU NIGHT(Toshiya篇)レポ前編」「JのMOZAIKU NIGHT(Toshiya)篇レポ後編」「POPEYE May 2009」への拍手ありがとうございます!!




カツンのチケットがそろそろ届く時期ですが(ドキドキ)今回はBUCK-TICKの件。

今日昼休み中にケータイで何となく「ぴあ」のサイト見てたら、BUCK-TICKのツアーファイナル(NHKホール)のチケットが「発売中」になってて。

あれ、前に見た時はどのプレイガイドもファイナル公演の販売は終了してなかったけ?と思いつつ、せっかくのチャンスなんで電話で予約。

帰宅途中にコンビニに寄って発券してみたら何と1階19列が出た

と言っても1階は全20列なんで後ろから2列目ですけど。

ツアーファイナルは追加販売(?)っぽいので3階席の端っことかを覚悟してたんですけど、まさか1階席が来るとは、という感じ。


んで、大宮・横須賀もまだ販売中の表示だったんで、発券機で選択してみたらこれまた1階後方列の座席が用意出来るとの事で即購入。

結局本日購入したチケットNHK・大宮・横須賀の3枚が全部1階席でした

ファイナル、大宮、横須賀は他のPGによっては予定枚数終了(ローチケは全公演が取り扱い終了)だったり立ち見のみだったりするんで、何でこんな席が出てきたのかよく分からんです。

FC先行で取っても2階席だった方もいるみたいだし、オクなんかに出回ってるチケット見ても該当公演の一般で1階席ってあんまり無いような気が・・・。

先行で予約したまま引き取らなかった人の分が回ってきたとか?
うーん、謎。
ドームやアリーナ級の会場なら後方アリーナ席よりもスタンドの方がいいとかあるけど、ホールクラスなら基本的に1階席の方が・・・・っていう感じだし。


まだチケットお探しの方、今なら大宮・神奈川・横須賀・NHKの1階席が手に入るかと思われます。



そうそうメメモリ初日の川口ではお金なくてグッズを全然買わなかったんですけど、大宮では買えそう。
新潟公演から今井さんデザインのグッズが加わっててスッゴイ欲しい(´Д`*)
あの簪付属チャームの『寿』の文字と狐のほっぺたの「B-T」は反則だー(笑)
チャーム部分の取り外しが出来るみたいだからチャーム単品じゃなくて簪買っちゃおうかなー。
値段がちょっとアレだけど IIIorz
それでも簪は連日売り切れの様子で。どんだけ少数発注だったのっていうね。

物販に長時間並ぶのとか嫌なんで個数ちゃんと確保しておいて下さいませスタッフ様。

POPEYE May 2009

「カツカツ大人のオキテSP 4/5」「黒いドレスで待っていて欲しい」への拍手ありがとうございます!!





今更POPEYEの話題。

赤西仁単独としては3回目の登場。
POPEYEっつーことで期待は大きかったんですが、前回の出来を上回る事叶わず(笑)。
前回は本当に素晴しかったので単純に壁が高かったかな。

それでも当然良いショットはあります。

管理人的にはP219の上段カットとP221がお気に入り。

P219上段は赤西の表情がどこかメランコリックな感じがして凄く良いです。
あと下着にかけてる左手の形が良い。凄く綺麗だ。
映画のワンシーンみたいで素敵なショットです。

下段はちょっと狙い過ぎた感じでピンと来ないんだよなー。
でも生意気そうな感じが良いですけどね。


P221はあの捨てられた犬みたいな目が堪らん(´Д`*)
そうなんだよー赤西の魅力の一つってコレだよー。なんていうんですか、こう、憐憫を誘われる、みたいな(笑)。

いつもは赤西の濡れ髪否定派な管理人もコレはイケる(笑)!!
道ばたにこんなのが落ちてたら拾って帰るよ(落ちてない落ちてない)。

赤西の濡れ髪って、セクシャルな雰囲気を出す為の要素が強い場合は全然魅力を感じないんけど、こういう頼りなーい感じの空気を演出する場合はOKだわ。

これもまた映画のワンシーンに使えそうな感じで。


しかしこの前のHanakoを見た時も思ったけど、以前よりも赤西を見てて「年下のオトコノコ」的な要素を感じる瞬間が減ってきたなー。
もう25歳だから年齢的には当たり前なのかも知れないけど、この変化には、なんとなく年齢云々は関係無い気がする。


あ、インタビューで映画について聞かれて「4人組もバンドのボーカル役」て答えてるんですが、はて、4人組・・・・?

番恊行った時はボーカルとギターとベースとドラムとキーボードで5人だったような記憶が・・・・・。どういうことでしょうかーーー。

夢が「俳優」かー。歌とかダンスで人前に立つ事はもう「実現」してるから「夢」ではないのかな。
赤西の中で「努力」という言葉がどう定義されてるのかが気になる。



管理人も今年から就活始まるんで努力せねばー。

黒いドレスで待っていて欲しい

前回記事をアップし終わった頃にポストに何かが投函される音が。

おおおおおぉCDがキタ!

20090414231421.jpg


BUCK-TICKの川口のライヴで『ROMANCE』という曲をやってて、凄い良い曲だなーと。
BUCK-TICKのアルバムは徐々に揃える予定ではあるんですが、まず手始めにこの『ROMANCE』が収録されてる【十三階は月光】を買う事に。

んで、この曲PVがまた非常に素晴しいんですよ。あのPV大画面で見たかったから初回盤を購入。

このPVは本当にオススメです。(曲も当然凄いオススメですけどね)

コンセプトがゴシックなのでそういう系統の空気が苦手な方はアレですけど、そうでないなら一度はご覧になって下さい(何故宣伝)。

禍々しいピエロもバレリーナも妙なダンサーも小道具も照明もイイ!!

んで何よりメンバーがカッコイイ。ゴスゴスした出演者・空間に負けずに退廃な雰囲気で大人の色気だわーと惚れ惚れ。

櫻井氏の反則レベルの美貌はもう同じ日本人と思えません(笑)。

歌に入るところで今井さんがギターネック部分(?)を軽く手でパッと挙げて掴む動作が有るんですけど、それが妙に素敵でリピートリピート。
てゆーかもう今井さん大好き。

そしてユータさんのゴスメイク(目の縁真っ黒)がメタメタ似合ってる。PV中にドアップになる事は無いんですけど(櫻井さんはアップが沢山/笑)、画面の奥でかーなーりーいい味出しているのです。


しばらくはこのアルバムとPVをヘビロテしそう。(カツンのアルバムもそろそろ出ますねー)

ツアーの方のレポとかもちょこちょこ拾ってるんですがかなり良い感じになってきてるみたいで、川口、NHK以外にもう一カ所くらい行きたいなーという欲求が・・・(川口も突発だったのに/笑)。
チケットが見つかれば大宮か横須賀か神奈川に行っちゃうかも。(そしてまた金欠に)



カツカツ大人のオキテSP 4/5

「【BANDAGE】エキストラ@横浜」「JのMOZAIKU NIGHTーToshiya篇ー」「Monsoon Baby」「無題」への拍手ありがとうございます!




春休み中よりも今月の方がバイトの勤務時間が何故か多いです。どーもこんにちわ。

一応履修登録も終了し、結局週4日は通学しなければならないスケジュールに。でも後期は週2日くらいで済ませてあとは就活に力を注ぎたい感じなんで前期で20単位取れるように頑張るぞー。


金曜に見る予定だったカツカツSPとJack in the Boxはずれ込んで昨日やっと見ました。

赤西はハット姿でしたが、良いよ、それ良いよー!!モッサリしてなくてアリです(・∀・)Ъ
いつもハット被る時はそういうスタイリングで宜しく!!

亀梨は泉ピン子氏としまむらに。堂々と下着売り場に行く亀梨凄いよ(笑)!!
つか、しまむらっていつの間に若者ファッション界で市民権を得たんだろうか(謎)

管理人の地元にしまむら有るんですけど、管理人が中学生の時なんかはしまむらって言ったら、

「お金がない小・中学生が買う」とか
「服飾にそこまでお金かけない主婦が買う」とか
「アルバやセシルやワンウェイなどのブランドものに紛れてちょろっと使う(しまむら商品である事は隠す)」とか

そんなイメージでしたもん。
んで、しまむら商品着てると自虐的に「しまむラー」(「しまラー」ではなかった)と言ったりしてて。
場合によっちゃレポートのネタに使えそうだわコレは(学生のサガ)

デザート作りもしてましたけど、亀梨の細い体のラインが素敵ーー。神の雫でも思ったけどああいうシンプルでシックな格好が似合うねぇ。


花畑牧場の豚は空気読み過ぎだと思う(大笑)。西尾一男が再降臨するとは(笑)!!
生キャラメルって一回も食べた事ないです(・∀・)
確かにキャラメルって銀歯取れるイメージだけどね(笑)。チューイングガムとか
中丸・田口のダメ実習生っぷりがまたお約束な感じ。ホエー豚うまそう・・・・。



赤西上田のアラサーpartyはパジャマよりもむしろスリッパが見所でした(笑)。
モフモフ・スリッパでぺたぺた歩いてる姿かーわーいーいーー(´Д`*)
上田キャラ崩壊(笑)。
遠慮のない芸人さんだと良い感じだね。
大島氏を倒した(?)あとのあの得意そうに帰ってくる赤西がアホの子っぽくてツボだわー。

つか何でまた八島Dがいるのよ。いや、八島D好きだから別にいいんだけどさ(笑)。


高田純次氏とデヴィ夫人、二人のベクトルは違えどやりとりに大人の余裕とユーモアを見る。
田中がすっごい頑張って食いついて行ってたなぁ。赤西もうちょっと頑張れって(笑)。


中丸のトム・クルーズをビックリさせよう企画はかなり見応えが有りました。
中丸すげーと思いながら見てて。あの首落ちどうやってんだろ。
ちゃんと会話してるしトムも普通に驚いてるし(笑)。お土産渡し損ねてるあたりが中丸らしくて良いよーー。



未公開映像の方は見れてません。なぜなら録画し損ねたから IIIorzIII

そういえばカツカツはやっと第2章が終わるとか。やっと終わってくれるのか(笑)。
2ndシーズンって半年で終わるもんだと思ってたのにまさかの延長だったからなぁ。

新章がどんな感じになるか楽しみですv




無題


iPod用に使ってたイヤホンが壊れたのでアマゾンで購入。PHILIPSにしようか迷いましたが結局またオーテクを選ぶ。
定価で6300円もするんですが、そこはネットショップの強みで3500円で買えました。
素晴らしやー(´∀`)


前回の曲紹介の記事で某つべの動画を張ったのですが、あの動画はパソコンでも見られない場合があるみたいですね orz
(携帯からじゃ元々見れないハズ)

講義が早く終わったんで空いた時間でちょいと設定をいじろうと思って自分のブログにアクセスしてみたら、大学のパソコンから見たら動画が表示されてなかったっていう。

大学のパソコンのOSは確かXPでブラウザもさして古いバージョンでは無かったと記憶してるんですが・・・・。
あの動画が見られなかった方が結構いらっしゃる感じですか、もしかして。


さーて今日はPOPEYEの発売日ですねーー!!
またまた良い感じらしいんでウハウハしながら買おうと思います。

Monsoon Baby

「JのMOZAIKU NIGHT(Toshiya篇)レポ後編」「その言葉に他意は無い」「タイトル決定」への拍手ありがとうございました!!





新年度が始まり色々と進級手続きやら履修科目選択やらをやっております。
JACK IN THE BOXやカツカツSPは金曜にまとめて見る予定。


本日はちょっと曲紹介などをしてみようかなと思います。



【Monsoon Baby】(ryrics by Anneli Drecker/music by INORAN )

LUNA SEAのギタリストINORANの1stソロアルバム『想』に収録されている曲です。

20090326192222.jpg

このアルバムはDJ Krushとの共作で、作曲は全てINORAN。
全10曲中INORANが作詞・ボーカルまで務めたのは#6の【想】(アルバムと同タイトル)のみで、残りの9曲は各楽曲に別々のゲストボーカル(9人中8人が外人)を迎え、ボーカルが作詞もするというスタイル。
アルバム全体が凄く「繊細」な印象。そして完成度が高い。CDのアートワークも内容にマッチしてて非常に良いです。

ジャンルは上手く言えません。R&BやHip hop要素が有りますがそれだけではないし。

個人的に夜中~明け方のシンとした空気の時間帯に聴くと何とも堪らない感覚に陥ります。

その中でも特に気に入ってる曲が#3の【Monsoon Baby】
ボーカルのAnneli Drecker氏はノルウェー出身だそうで。

どこか琉球を思わせる声と歌い方で、とても綺麗な声です。
アルバム全体に言えるんですが、曲を生かすボーカリストを見つけるのが上手だと思います。

「Monsoon Baby」っていうのは造語だと思うんですが、結構この単語の響きも気に入ってたりしてて。
このアルバムの中で恐らく1番「名曲」の呼び声が高い曲かと思います。

とにかくこの空気というか雰囲気というか、もう何かね、とにかく聴いてみて下さいって感じで。メロディーも声もアレンジもギターも素晴しいのです。

で、ですね。

このアルバム実はもう廃盤になってるんですよ。中古かレンタルしかないような状況で、それもさほど遭遇率は高くない感じです。

なので、そういう廃盤なら多少は大目に見て下さい・・・・!!ということで曲を貼っておきます。(コソコソ)





ただこのアルバム、廃盤ではありますがamazonで中古が100円弱(送料別)で買えます(爆)。
このアルバムが駄菓子レベルの値段で買えてしまう事が悲しいような気も・・・。
気に入ったら是非お買い求め下さい。

管理人は#2の【Resolution】、#8の【Owl's Tear】も激しくオススメ致します。


そしてこの【Monsoon Baby】をかつてINORANがライヴでセルフカバーしまして。
歌はハッキリ言ってメチャクチャ危険水域なんですけど(再爆)、アレンジがバンドサウンドに変わってて、サビメロもちょっと変わってるんです。
そのセルフカヴァーバージョンがすっごいツボ。

そのライヴ映像が収められてるDVDがこれまた廃盤で。Youtubeの小さい映像で何回も聴いてたんですが、ちゃんとした媒体で聴きたくなってこの1曲の為にオークションで落としました(笑)。

20090331145422


先月書いた「ほぼ定価で落とせたDVD」というのはコレの事でした。


タイトル決定

「JのMOZAIKU NIGHT(Toshiya篇)レポ前編」「拍手レス」「管理人@川口」「ツアー2009【memento mori】@川口」への拍手ありがとうございました!




当ブログの総拍手数が本日で500を超えました。
いつもありがとうございます!!


さてカツンのアルバム詳細が出たみたいですね.

アルバムタイトルが何つーかもう・・・・あれか、ジャニーズにこの辺のセンスを期待する方が間違ってるのか。

連続ドームの記録に絡めたかったんでしょうけど、それにしてもダサイな


田中ソロの『PIERROT』に反応してしまう元ピエラー。今回は上田だけじゃなくて田口と田中も共作ですけど作曲者としてクレジットされてますねー。

どんな感じになるのかしら(・∀・)

亀梨の1582というタイトルはどういう意味なんでしょうね。でもこういう意味深なタイトル好きです。亀梨は今回思い切って今までとは違うジャンルに挑戦してみて欲しいっす。

中丸はタイトルからでは曲調が想像出来ないなぁ。でも基本的に中丸ソロはツボに来やすいので楽しみ(一時期『key of life』ヘビロテだった)


で、赤西ですが。


・・・・・見た事ある曲名が・・・・

なんでまた『care』?

いや、曲は大好きだし音源化は凄い嬉しいんだけどなんで今回のアルバムに、っていう。
音源化のタイミングがちょっとね。

どうもAさんは新曲無しってことで若干凹んだ管理人(´∀`;)

ってーことはドームの赤西ソロは『care』な可能性高いよなぁ・・・・。生で聞いた事無いんで聞けるのはめちゃめちゃ嬉しいんですが、しかし、やはり新曲が聞きたかったなー、と。



ツアー2009【memento mori】@川口


もう少しで書き終わりそうだった記事が消えた・・・・orz


気・・・気を取り直して・・・・。


行ってきましたBUCK-TICKツアー2009【memento mori】@川口リリアホール!!

中学の時にPIERROTのツアー(これも初日だった)で来て以来7年ぶりですよ、リリアホール。

1日に最新アルバムの『memento mori』を買ったばっかりで、それ以外はろくすっぽ曲を知らない管理人が初日にお邪魔してきてしまいました。


以下、若干のネタバレを含みますので見たくない方はリターンでお願い致します。

管理人@川口

20090403183217


久々の川口じゃー(´∀`)


《堕天使 人で無しルシファー 林檎食べてトロけちゃった
キミ 時々 気が振れる 愛 愛 LOVE LOVE》


というわけで!!BUCK-TICKのツアー初日@川口リリアに参加してきます!!

拍手レス

「DVDでカツンを語る。」「JのMOZAIKU NIGHT(Toshiya篇)レポ前編」「連続ドーム公演によせて」「その言葉に他意は無い」への拍手ありがとうございます!




さっき3月分の合計収支計算したら大幅なマイナス収支。
貯蓄でカバー出来る範囲ですが、当分は節約して生活せねばー。


・・・・・・とかいいつつ本日のライヴのチケットを1枚定価以下で入手したんで急遽行ってきます(・∀・)


以下、拍手レス。



その言葉に他意は無い


コンビニで赤西掲載のnon-noをパラリと立ち読み。

写真はさして購買意欲をそそられなかったのですが、インタビューが面白すぎて買おうかどうか迷ってたり。



赤西の発言は、程度の差はあれど赤西を疑似恋愛対象として見てる人をコンスタントに凹ませるし、「こういう事を言って欲しい」とファンが望むものでも無い事も多いと思う。

そう言った発言は「素直さ」から来るもので、「素直さ」という性質の中に包含される「残酷さ」を失なっていなくて、「素直」である以上、「他意」は無い。



「素直さ」は「モノ分かりの良さ」とは似て非なる、ということを体現する男だと、つくづく思いました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。