トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2009年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2009年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年05月
ARCHIVE ≫ 2009年05月
      
≪ 前月 |  2009年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Break the Records 5月20日 レポ後編

日が空いてしまいましたが20日公演後編ですよー。



もう大阪公演の最終日だと言うのにこの遅さ(笑)!!

せめて6月14日公演までには21日と22日のレポも上げたいところですが・・・・。


最近またネット中に画面がよくフリーズ。PCメールも問い合わせ出来ない(orやたら時間が掛かる)事があるんでブラウザの問題ではなくケーブルかルーターが問題なんだろうなぁ。

ネットがさくさく行かないと苛つくんで(笑)、ブロードバンド普及以前のネット環境って相当ストレス溜まる環境だったんだろうなーとか思います。




ネタバレ有りなので追記にたたんでおきます



スポンサーサイト

拍手レス&近況

「拍手レス」「Break the Rcords 5月20日 レポ前編」への拍手ありがとうございます!!




予備試験終了ーーーー!!

思ったよりも簡単でした。多分合格してるはず(これに合格すると本試験で若干有利になる)。

レポ書いたりHDDに溜まってる番組見たりしなきゃだわー。
CDも月曜には発送します>超私信


そうそう、BR公演@東京ドームは6月15日も参加決定しました。有り難い事にお誘いをいただけたので入ってきます!!

大阪では赤西がマイク落として亀梨に何故か嬉々として報告してたんだって?
見たかったぞそのシーン(笑)!!!!

6月前半のシフトが確定したんですが希望したのよりも12時間も削られてるorz
後半もこの調子だと厳しいので(5月もキツい感じだった)リーダーに相談したところ今以上には増やすのが難しいとの返事。

うむ、いよいよダブルワークだなこりゃ。

カツンの夏ツアー(仙台は一応申し込む予定)、ドリボ、何やらBUCK-TICKさんも追加ありそうな感じ?んでガゼットも新譜とツアーですわ。

んー、どうしたもんでしょうかねコレ。


以下、拍手レス



Break the Records 5月20日 レポ前編

チケットの件でメール下さったM様、ヤフーメールでお返事したのですが届いてらっしゃいますか?>私信


はい、20日公演のレポアップです。と言っても前編だけです。
後編は多分日曜になるかな・・・。

土曜に資格関係の予備試験があるんで、ちょっとそっちに集中します。

今回のステージはですね、全体的に赤西メインで見てましたので、必然的に赤西寄りな感じになっております。



ネタバレありなので追記にたたんでおきます(・∀・)



拍手レス

「拍手レス」「結局」「Break the Records 5月21日・概要篇」「KAT-TUN 夏のツアー決定」への拍手ありがとうございました!





赤西、そんな危険な目に会ってたんかい(@TV誌)

20日公演レポの進捗状況30%。


以下、拍手レス


KAT-TUN夏のツアー決定


昨日は8日連続公演最終日のの余韻に浸りたいところでしたが、学内講座があるので昼から大学へ。
13時~16時まで学内講座、16時~18時までガイダンスというTHE・大学生な感じでした。

学内講座は昨日が初日だったのでテキストを配布されたのですが、これがまた重い。5冊組で厚さ約5センチ、推定2.5kg。

ガイダンス中はちまちま最終日公演を備忘録用に思い出してメモを書いてました(笑)。
月末には20日公演と21日公演の備忘録をアップしたいところです。

しかしカツン5月公演は3公演だけの予定だったのに結局5公演行った私は一体なんなのか(知らん)。


前記事でも書きましたが、

KAT-TUNの夏のアリーナツアー決定!!

ですね。

日程がFCメールで発表されましたけど、土日多め&夏休みなので学生にも社会人にも比較的優しい感じなんでしょうか。

管理人はお盆になると毎年親の実家(青森)に1週間ほど帰ってしまう為に広島・新潟・福岡はアウト。
沖縄・北海道は遠いし、唯一行けそうな仙台が試験期間に被ってるっていう悲劇。泣ける。

東名阪を綺麗にすっ飛ばしてるところを見ると追加が出たりするのかなぁという期待も有りるけど、でも夏休み期間中だけの集中ツアーだとMCで言ってたんで、公演数は増えても会場はこれ以上増えないのかも、という気も。

ん~ドームで観て「これは是非アリーナクラスで回って欲しい」と思ったんで(赤西絶好調だしさ)、せめて1公演は入りたいですが今回はちょっと厳しいかも知れないなぁ。


今日は昼から某ホテルで行なわれる立食パーティーとやらに行ってきます。(半強制参加)


Break the Records 5月21日概要篇

概要ばっかりで先に進まない(笑)。3公演分ちょっとずつ書き進めてます。


まず本日のネタバレ以外の事柄を。

8日間連続公演達成と言う事で公開記者会見が行なわれました。

そしてFCで発表されましたがKAT-TUNアリーナクラスの夏ツアー決定。
すっげー嬉しいけどお金ないです。


プラスしてヘイセイのコンサートも決定したらしく、ゲストで来てた山田君、知念君も初めて知ったとか。
カツンファンの自分にしたら「そうなんだー」くらいのモノですけど、ヘイセイファンの子達ににしたらカツンのコンサートで発表されるってのは結構微妙なんじゃないでしょうか。


ダブルアンコの時にゲストで関ジャニの安田君、丸山君、錦戸さん、大倉君が来て8日連続達成記念に花束進呈。
花束にカードみたいなのが刺さってて、そこに「8日連続~」と祝いの文句が書かれてたんですが8の部分が「∞」になってました。芸が細かい。


以下ネタバレ含む概要


結局

20090522172635


今日も来ました東京ドーム。
水道橋駅前でチケットを譲ってもらえました。

20日の時点で「同じ公演3回も見に行くなんて‥‥」と家族に呆れられてるので、昨日はバイトだと嘘をつき、今日は友達と呑みに行くということにしてあります(笑)。

予定外の出費でしたがオークションに出してた某バンドの数年前のパンフレットが5000円で落札されたので、それを考慮して1500円の出費で済んだと考えることも出来るとポジティブに解釈します(何かが間違ってる気もする)。


それとですね、17日、20日、21日、本日と、なんと4公演連続で席が階段横です。何なんだろう一体(笑)。

Break the Records 5月21日・概要篇

行ってきましたBreak the Record 21日。

本来参加予定ではなかったんですが急遽参加を決めまして。


いやー、行って良かった(*´∀`*)

中丸のページにもありましたが段々洗練されていってますね、ステージ運びが。
メンバーがコツを掴んで来てる感じ。

あの余興タイムに慣れてきたってのも有るかも知れないけど(笑)。


赤西壊れ気味で可愛かったですよー(デレデレ)


明日も行こうかどうか迷ってたり(笑)。でもさすがにこれ以上入るとお財布がマズいかも的な感が無きにしも非ず。
BR公演6月は14日に入る予定ですが、15日も入ろうかなと思ってるし、他にも10日(大宮)と21日(横須賀)にBUCK-TICKのライヴがあるしなぁ・・・・。明日(訂正:もう今日だ)の午後までには決断しよう(遅)。


以下ネタバレ有りの21日公演概要。
(記事タイトル統一するために20日の記事も「序」から「概要」へ変更しましたー)

詳しい感想なんかはまた後日。先に20日の分書かなきゃだわー。(メモは一応完成)




拍手レス

「赤西仁論・1」「拍手レス」「Break the Records 5月16日」「本日も行ってきます」「Break the Records 5月20日・序」への拍手ありがとうございました!




本日もBR公演行っちゃうよー。
開演まで少々時間があるので拍手レスをば。

大学PC教室で更新してるんですがキーボード使いづらい・・・!!


Break the Records 5月20日概要篇

亀梨プロデュース公演行って参りました。

5限が休講だった為に急遽開演まで時間が余ったので、図書館で読み途中の『人間失格』を読破。
読後「コンサート前に読む本じゃなかった」と若干後悔しつつ妙な虚脱感を抱えてドームへ向かう(何やってんの)。

水道橋駅近くで21日公演のチケットを調達。
明日(もう今日ですね)も入ります。

いざ場内へ。



以下軽く20日公演の概要。

ネタバレ有り。

ちゃんとした感想は金曜にでも。明日2限からだし体力の限界なので寝ます。(2限サボろうかと思ったけど、3週連続で欠席してることに気付いた)



本日も行ってきます。

「Break the Records 5月16日」「拍手レス」への拍手ありがとうございます!




本日もBR公演入ってきます!
亀梨プロデュースの日ですねー。日替わりコーナー何やるんだろ(わくわく)

個人的に「フリーズ」聴きたいっす。
実はカツンの打ち込み系サウンドの曲で、メロもリズムもアレンジも一番好きなのはこの曲だったりします。

21日と22日のどっちかにも入ろうかなーとか思案中。

今日で6人全員一通り「日替わりコーナー」をプロデュースし終えるんで、それ以降は何やるんでしょうね。


合計で13公演なんで、6人×2周+全員プロデュースとか?


以下ネタバレ有りのBR公演雑感



拍手レス

「結実する場」「Break the Records 5月16日」への拍手ありがとうございました!




カツン連続公演関連のニュースを一通りチェック。
サプライズの出演ってアレだけか(笑)、と思ったけど、あんまり長引かせてもステージに影響出るもんね。


以下拍手レス



Break the Records 5月16日

「JのMOZAIKU NIGHT(Toshiya篇)レポ後編」「拍手レス」「結実する場」への拍手ありがとうございます!(レスは後ほど致すます)




行ってきましたカツンBR公演@東京ドーム2日目!
(ライヴの感想はネタバレ含むので追記にたたんであります)

今回はリンクもさせていただいてるザッパーさんと一緒に観に行きました。

ライヴ前にランチでも、ということで12時に原宿で待ち合わせしたのに、ケータイを忘れた事に気付いて家に引き返した為に管理人20分の遅刻(爆)。謝。

初対面だったんですけれど話が弾む弾む。というか喋り過ぎてスイマセンでした>ザッパーさん

昨日のスケジュールはこんな感じで。

ランチ@竹下通り(ケバブ食べましたよー)

ショッピングスポット巡り@原宿・表参道
(FOREVER 21、H&M、TOP SHOP、JOURNAL STANDARD、表参道ヒルズ)

ショッピングスポット巡り@新宿
(ルミネ、カフェでまったり、ALTA、丸井)

ライヴ

居酒屋@秋葉原(終電ギリギリまで)



ザッパーさんの地元ではギャル系のショップに押されてカジュアル・フォーマル・シック系なショップが弱いらしく、「今夏分の服を全てこっちで買う」くらいの意気込みでおられました。
管理人は一人だったら絶対に入らない(場違いで入れない)ショップに入れて楽しかったっす。


ライヴ後に居酒屋に行こうという話になったんですが水道橋近辺はどこも満室で(翌日も休日というのが大きかったのか、ライヴ後はいつもこうなのかは不明)、入店出来ても相席になるとか営業時間が23時までとかだったんで秋葉原まで行きました。

これがビンゴでちゃんと深夜営業の居酒屋が沢山。客入りも適度な感じですぐに入れるんで東京駅近くに宿泊の方にはおススメです。
ドームホテルに宿泊の方でも秋葉原~水道橋ならタクシーですぐなんで(駅2つ分です)結構良いんじゃないかな、と。


カツンの事やら日常の事やらお仕事の事やら、いっぱい色んな話出来て楽しかったですホント(´∀`*)
普段オフラインで誰かとカツンについて語る事って無いんで新鮮だったし。(周りにはファンなこと黙ってるし、家族は知ってるけどカツンに興味無し)

「やっぱり赤西のセンスは信用出来る」「カツンはアクの強い奴ばっかりなのにグループとして上手く出来てる」「仁亀って凄いね(萌えに非ず)」などという話から、とてもじゃないけどブログに書けない「ぶっちゃけカツン観・ジャニーズ観」な話まで(笑)。

あっという間に時間が過ぎたなーという印象です。



以下はライヴの感想(レポじゃなくて感想)。





見たい!

太宰治の代表作、『人間失格』が映画化決定。

主演:生田斗真



ぬおおおおおお!!!マジでか(゜Д゜)!!



『人間失格』、生田君のweb連載でも書かれてましたが恐らく日本一読まれているであろう小説でしょうね。
管理人も中学生のとき読みましたよー。


あの「大庭葉蔵」を生田君が演じるんですねぇ・・・・。
どんな感じになるのかちょっと想像出来ません。正直、生田君にそういう破滅的で自堕落なイメージが無いですからね。

それだけに逆に生田君が大庭葉蔵をどう演じるのか非常に楽しみであります。


古典と言っても良い名作の主演であるだけにプレッシャーも相当のモノかと思われますが、うん、楽しみです。


これを機にまた読み返してみようかなぁ。
中学の時に読んだのは新潮文庫でしたが、集英社文庫版が読み易いデザインになってるらしいのでそっちを買おうかな。

集英社文庫の新装版はヒカ碁やデスノの作画を担当した小畑健氏が表紙を担当した事も有り、古典作品としては異例の7万部以上の売上を記録したそうですが今回の映画化を機にまた売れるのかしら。

集英社文庫の『人間失格』は270円という素晴しい価格設定ですし、手に取られ易いかと思います。


人間失格 (集英社文庫)人間失格 (集英社文庫)
(1990/11)
太宰 治

商品詳細を見る




結実する場

今KAT-TUN表紙のオリスタの色んなページ読んでたんですけど、P58の山田君(Hey!Say!Jump)のインタビューがしっかりし過ぎててビビった(笑)。
「商品としての自分」をここまで客観的に見ている15歳って凄いなぁ。


KAT-TUNのドーム公演もとうとう明後日開幕。

さっきふと気付いたんですけど、このコンサート、5月公演のチケットは【不滅の10日間ライヴ KAT-TUN TOKYO DOME 2009】って書いてあるのに6月公演は【KAT-TUN Break the Records】に変わってるんですね。

タイトル変わって良いんかい(爆)。

しかもライヴタイトル部分のフォントも違うし。
ちなみにコレ↓(黄色いのが5月公演ので薄ピンクが6月公演)

20090513020222.jpg



ここのとこずーっとアルバム聴いてるけど、個人的にまだピンと来てない感じです。

この印象は少数派かな、とは思いますけどね。
何せ各所で絶賛された『RESCUE』を「なんだか惜しい曲」と感じた人間ですし。

なんだろうな、制作スタッフにはそりゃもうビックリするくらいの大物を起用してたりして気合いも予算も充分なのは理解出来るんですが、如何せん詰めが甘い気がするというか、3rdアルバムほどしっくり来ないぞーっていう。

聴けば聴く程・・・・っていうスルメ系アルバムな気もするんでもうちっと根気よく聴いてみます。

んで、アルバムに対してはまだそんな感じですが、ここでオリスタ亀梨の言葉。


『俺らの場合、アルバムを出すことが、音楽活動をする上での、マックスの位置じゃないんですよ。そこで生み出したものをどうライヴで聴かせて、魅せていけるかというのを凄く考えてますからね。ライヴこそ、アルバムやシングルをレコーディングしてリリースする、そういうKAT-TUNの音楽活動が、結実する場って感じがする』



頼もしいというか、セールスポイントをよく分かってらっしゃる(笑)。
音源で聴いた時に微妙でもライヴで聴いたらメチャクチャ良かった!みたいな事ってのが往々にして有るものですけど、今回はかなりそういう「大化け」に期待してます(・∀・)

昔の曲とかもやるコーナーが有ったりするみたいですし、そういう「お祭り騒ぎ」的要素も非常に強いであろう今回のステージで、このアルバムをどこまで昇華するのか、というのが管理人的には一番の関心事だったり。

「RESCUE」プロモーション時、曲はちょいと残念でもやっぱパフォーマンスで吹っ飛ばしてくれたんでね(@Mステ)。「ステージに立ってる時が最強」なKAT-TUNのスキルをガツンと見せつけて欲しいっす!!


参加出来るかどうか微妙だった17日もスケジュール調整出来たので観に行きますー。



拍手レス

「カツカツとか近況とか。」「Gyao&オリスタ」「KAT-TUNチケットが来たよ3」への拍手ありがとうございます!




チケットの良い保管方法ってないものだろうか。


以下、拍手レスです。

KAT-TUNチケットが来たよ3

6月14日公演のチケットが事務局から届きました。早い。

20090511183427



席は40ゲート2列目です orz

だいたいそんなオチだろうと思ってたけど(つД`)


これってやっぱり公演日毎に全部チケットの色違うんですかね。
6月14日は薄ピンクです。

チケットのデザインは去年のよりもこっちの方が好き。


カツカツとか近況とか。

「X JAPAN 無敵な夜@東京ドーム」「Gyao&オリスタ」「やっぱり!!」への拍手ありがとうございます!




GW半ば頃から若干ダルかったんですが、ツタヤで借りたDVDを返却前に見なければ・・・・!!と無理して見たらGW最終日に見事に体調を崩しました(馬鹿)。

大学もバイトも休めないんで栄養剤やら風邪薬やらで体をごまかしつつ今日に至る。
2本借りたうちの1本は結局見ないまま返却するハメに(無念)。

ちなみに見たのはスタンリー・キューブリック監督作品【博士の異常な愛情/または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか】

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を・愛する・ようになったか [DVD]博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を・愛する・ようになったか [DVD]
(2004/11/26)
ピーター・セラーズスタンリー・キューブリック

商品詳細を見る


本当は押井監督の【アヴァロン】借りる為だけにツタヤに行ったのに、タイトルに惹かれてこれも借りてしまったという。そして肝心の【アヴァロン】は次回に持ち越し。

この映画はみなさんに是非見ていただきたいです。はい。

『第三次世界大戦はどう戦われるのでしょうか。わたしにはよくわかりません。しかし、第四次世界大戦ならわかります。石と棒を使って戦われることでしょう。』


という、アインシュタインの言葉を思い出しました。



さて、話は変わってカツカツ第三章です(話変わり過ぎ)。

凄いまともな番組になってる!!・・・ように見える(笑)

いやー、だってアレですよ、第二章が始まった時の管理人の最初の感想がコレですもん(笑)。


中丸、髪切り過ぎたって・・・・のっけからオイシイのぅ。

3rdシーズン初回はノッポ組3人がサーカスとな。

「口笛を吹いてはいけない」という掟が面白かった。迷信みたいなもんなんでしょうけど、興味深いですわ。

柳原氏は助っ人的な感じで盛り上げてくれましたねー。ありがたい。
「とんだピエロだよ!!」って・・・・大笑

つか田口凄いね!!一緒に見てたお母も「凄い凄い」言ってましたよ。拍手までしてましたよ。
さすがアクロバットの切り込み隊長。

バランス棒って10kgもあるんだ・・・。


中丸・赤西は空中ブランコ。赤西のビジュアルが中々良さげです。
Tシャツ姿になった時、田口・中丸は丸首だったのになんで赤西だけVネック(笑)。

いくら仕事とは言えコンサート前の時期に手をあんな状態にしちゃって良いんでしょうか、とふと思った。

「お風呂入ったら染みますか?」
「俺の手ムカつく」

2人の性格がよく出てて面白い。
(赤西も赤西で多分「風呂入ったら染みそー」とか思ってるんだろうけど、成功してない段階で口に出すタイプではないだろうと勝手に想像)

というか全体的に中丸のボケが冴えてるー。


そして中丸バンジーネタっていつまで引っ張るのか。(いい加減にしつこいと思ってる人間です)
マジでドームでバンジーやるの?

中丸にスポット当てたいならボイパとか、以前HEY!でチャレンジしたパントマイムとかの方が個人的には嬉しいんだけどなぁ。
正直バンジーやる意味も意義も分かんないっす。


来週(もう今週か)は小柄組3人が登場なのかな?
すっごいやんちゃそうな感じがするー(笑)。楽しみだわ。


やっぱり!!

生田君、X JAPANのライヴに来てたんですね~。

しかもバッチリ2days参加したみたいですわ。ドラマで凄く忙しいだろうに、本当に好きなんでしょうね。


2年連続で生田君と隣席になったおじさんスゲーーーーー(笑)!!!!



そうそう、Xと言えば、某つべにある97年に行なわれたLAST LIVEの「紅」の動画再生回数がいつの間にか300万回突破しててビビりました。

新しく興味持ってくれる人たちが出てくるのは嬉しい事ですわ。


んで、この動画はこの前のライヴの「紅」アルペジオ部分で使われてた動画でもあります。
この時のHIDEの表情がほんと堪らないんだよなぁ・・・・・。

すっげーカッコイイライヴなのにこのDVDは既に廃盤になってますのよ。

このLAST LIVEの完全版と、DAHLIA TOUR FINAL公演がジェネオンから発売されることは決定済みなので、そういう大人の事情もあるんでしょうけどね。

多分「青白」「RETURNS」同様にBOX仕様で発売されるんでしょうけど、そうするとDAHLIA TOUR FINALとLAST LIVEがセットになるのかな?
でもそれぞれ別個にBOXにした方が儲かるわけだから(爆)、別個に出るんだろうなー。

個人的には95年のDAHLIA TOURがメタメタ見たいんで、是非DAHLIA TOUR FINALの再販時に同時に作品化して欲しいです。


ほら、この映像はもう廃盤だから!!と前置きしてまたも貼っておきます。





貼ってあるのが見られない人はコチラから。




本当にカッコいいと思うから。

だからこそ、「綺麗に終わる」ことを、ただひたすらに、願ってますよ。



Gyao&オリスタ

「KAT-TUN 4thアルバムーまさかのエンジニア篇ー」「拍手レス」「X JAPAN 6人目のメンバー」「X JAPAN 無敵な夜@東京ドーム」への拍手ありがとうございました!




Gyaoは立ち読みで済ませました。

KAT-TUN 4thアルバムのレコーディングに参加したアーティストが紹介されてます。
ベースのビリー・シーンは3rdアルバムに引き続き今回もPLAYしてくれてるんですねー。

ちなみに3rdでビリーがPLAYした曲は「HELL,NO」「DISTANCE」「LIPS」の3曲です。
3rdは曲毎にある程度のクレジットがあったのに、今作はそれがないのが残念。

で、3rdのクレジット改めて見て思ったんですけど、「喜びの歌」でベース弾いてる「hitoki」って、ex黒夢の、あの人時の事なんですかね?
珍しい名前(っていうかステージネーム)だから可能性高いよなぁ・・・・

話を戻して、もう一人Gyaoで紹介されてたのがex.NINE INCH NAILSのドラマー、ジョシュ・フリーズ。
NINは1stアルバム「プリティ・ヘイト・マシン」だけ持ってたんですけど、どこにいったんだろう(爆)。

プレーヤーにしろマスタリングエンジニアにしろ何でこんなに豪華なんでしょうか。怖いくらいです。
今回のアルバムはまだトータルで5回ほどしか聴いてないんでもうちょい聴き込んでから感想とか書こうかと思います。



オリスタはファンの需要をよく分かってる雑誌だなぁ、と(笑)。
P26の赤西のカット好きだな。

メンバーには「春夏秋冬」人気ありますね。

各メンバー、読者からの質問ページがありますけど亀梨の部分で真っ先に髪型の質問が来るのはどうよ(笑)。亀梨ファン的にはやっぱ去年がトラウマなのか。

赤西が「care」に関して、「Dメロを変えたからそれに合わせて歌詞も変えた」とのコメント。管理人はてっきり歌詞の変更に合わせてメロを変えたんだと思ってたので意外だった。

上田はやっぱり花粉症だったのか・・・・。ちょっと声が鼻声気味だったもんね。

田口は前回ソロに続き今回も知り合いの方に手伝ってもらったみたいですな。
えーっと、確か関ジャニのアルバムに、錦戸さん斉藤和義氏に依頼して書いてもらった曲が入ってるんですよね?
結構タレント側が楽曲制作の人事に意見を出せるシステムになってるんだなーと変なところに感心しました。

モスキートンボイスに吹いた(笑)。いや、管理人も亀梨の声を最初に聴いた時の印象が「頼りない」とか、そういう印象だったから。
だんだん密度が高くなったというか、しっかりした声になっていったなっていう感じで。このブログでもちょっと書いたかな、これは。

オリスタのライターさんって公式webまでチェックしてるのか(笑)!!
いやーびっくりだわ。そして田中のあの感動のメッセージを誰も読んでないとか酷いな(笑)。
しかしマメに他メンの連載チェックしてるカツンっていうのも想像出来ないかなー。田中は全員分ちゃんと読んでそうな気がするけどね(・∀・)

ていうか赤西はいつもあんな感じでマニュアル忘れてるんだろうか(爆)。


亀梨「赤西ってさ、最近優しく歌うよね」
赤西(となりにいる亀梨を見て、少し驚いた顔をしてから、こっくり頷く)



仁亀ラバー様方的にはここがハイライトでしょうか(笑)。
赤西の反応をわざわざきっちり書いてるオリスタ側に拍手を送りたいわこれ。

低音マスター中丸には同意。良い声してますよね、中丸。赤西の次に好きな声です。


写真的にもインタビュー的にもこれは買いだと思います。

X JAPAN 無敵な夜@東京ドーム

行ってきました。5/2日・X JAPAN @東京ドーム


無敵な夜ってことでhideサミばりのゲスト多数による「X」が見れるのかと思いきやそんな事もなく。
「X」の時に花道に無敵バンドの面々があの「無敵」の旗持って登場して旗をなびかせておいででした。

席がアリーナC5だったんですけど、男性ファン多いし女性でも背が高い人や厚底の人多いんで完全に埋もれました。
ステージ殆ど見えなかったんですけど、下手花道がかなり近くて、至近距離でYOSHIKIとHEATHとSUGIZOが見れました。

以下、拾い物のセットリスト。SUGIZOの件に関して色々と色々と言いたい事が有るんですが、長くなるので追記に畳んであります。

SE. THE LAST SONG
01. Rusty Nail
02. WEEK END
03. 新曲
04. PATA Solo
05. CELEBRATION (HIDEの部屋)
06. ROSE OF PAIN (Acoustic)
07. Tears
08. Yoshiki and SUGIZO Solo
09. DAHLIA
10. 紅

encore
01. Violet U.K
02. Yoshiki Drum Solo
03. Without you

01. I.V.
02. X
03. ENDLESS RAIN
SE. Say Anything



30分押しでスタート。3時間くらいやってたでしょうか。
でもとにかく曲数少ないんですよね、Xのライヴって。

あとVUKの時になぜかh.NAOTOのファッションショーが。
VUKだけでも「Xのライヴなのにちょっと・・・・」って感じだったんですけど、ファッションショー付きかい、っていう。コラボでもしてるんでしょうか。


セットリストがイマイチだったんだよなぁ・・・・。Silent JealousyとかSADISTIC DESIREとかSCARSとかVANISHING LOVEとか聴きたかったんですけどね。あとバラードならSay Anithing。SEとしては使われてたけど。

最初の2曲は良い感じにテンション上がったんですけどね。WEEK END大好きだから。
DAHLIAもめっちゃ好きだからやってくれて嬉しかったんですけど、演奏が最初の方グダグダだったかな・・・。残念だ。
TOSHIの声はDVDで見た過去のライヴよりも出てたと思いました。高い声も苦しそうじゃ無かったし。

Xではみんなジャンプしちゃってましたね。管理人も思いっきり飛びまくりましたけど。HIDEのあの「飛べ飛べ飛べ飛べ!!!」の映像がモニターに数種類分使われてて。「あ、あのHIDEはあの時のライヴのだー」とか思いながら見てましたわ。

SUGIZOのバイオリンとYOSHIKIのピアノソロはびっくりでした。つかSUGIZOの生バイオリン聴けて良かったです。綺麗だった。




さて、以下は今回のSUGIZO正式加入に関してライヴ終了後に管理人が思った事を素直に書きます。





X JAPAN 6人目のメンバー


SUGIZOに正式決定したようです。

ついさっきヤフーで知りました。


正直かなり驚いた。SUGIZOじゃないと思ってた。


以前も書いたけれど、X JAPANに6人目のメンバーを加入させる事、それ自体には反対ではない。

ただその6人目がSUGIZOじゃなければいいと願っていた。

もう当人達が決めた事なので、覆らないけれど。



明日はHIDE/hideの命日です。

X JAPAN東京ドーム公演です。

行ってきます。



そして、大切なこと。
俺がどこに存在していても、
俺が帰り着くべき故郷はLUNA SEAである、ということ。
これから先、どのような道に進もうと、どのような境地へ飛翔しようと、
LUNA SEAが俺のホームであることは変わりようがない。
5人が存在する限り、LUNA SEAは死なない。
時が来たら、いつでもまた5人でステージに立ちたい。共にまた歩んでいきたい。
変えようがない真実。宿命。俺達の絆。そしてファンのみんなとの絆。
今の俺にはそれは最高に愛おしく思える。その真実に本当に感謝しているよ。

俺は音楽そのものを愛している。音楽に生かされていると思っている。
ジャンルという枠はもちろん、国と国のボーダーを超えて、
そしてバンドという形態をも超えて、
あまり前例のないことかもしれないけど、
俺はただ「音楽」に全身全霊を注いで生きていきたい。そのために存在したい。
そして今、X JAPANは6人目のメンバーとしてSUGIZOを必要としてくれている。
俺は謹んでその申し入れを受けようと思う。
俺はただ流れに身をまかせるだけ。音楽に身をまかせるだけ。
そしてこの一瞬に自分のすべてを注いで生きていきたい。
ただそれだけ。


(SUGIZO オフィシャルBLOGより抜粋)


拍手レス

「KAT-TUN 4thアルバムーまさかのエンジニア篇ー」「KAT-TUNチケットが来たよ2」への拍手ありがとうございました!




今日のMステにシドが出るのか・・・・!!

録画しようっと。


以下拍手レスです


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。