トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2009年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2009年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年08月
ARCHIVE ≫ 2009年08月
      
≪ 前月 |  2009年08月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

残酷な天使のテーゼ~赤西Ver~


ええっと、赤西がコンサートで「残酷な天使のテーゼ」をちょいと歌ったらしく。
もしかして、と思い某所にて「残酷な」というワードで検索して日付順に並び替えると見事に出てきました(爆)。

キー的にちょっとつらいのかなっていう気がしなくもないですが(歌詞も若干変えてるしw)、これは是非生で聴きたかったなぁ。

何を隠そう管理人はこの曲をiPodに入れてますからね(・∀・)

管理人はアニメにはあまり興味ないんですが、これはマジで名曲だと思います。
エヴァブームが起こった時に10代~30代だった人って原作をよく知らなくてもこの曲知ってる(サビぐらいは歌える)って人多いですよね?

マジで赤西これをフルで歌ってくれないかな(笑)。

っていうか赤西には「これ歌ってみて欲しいな」というのが色々。
ボーカリストとして好きなんだよなぁというのをこういう機会に再認識してしまうぜよ。


HYDEが生んだ傑作『ROENTGEN』に収録されてる『White Song』や『OASIS』みたいな曲とかめっちゃハマると思うんですよね。
純粋に名曲なので皆々様、是非聴いてみて下さい(宣伝)。

R&B系もいいんだけど、たまには違う路線も歌って欲しいという我侭。

真面目な話、声が綺麗に出るうちに出来る限りの「歌」を残すべきだと思うのよこの男は。
事務所様そこのとこマジでどうぞ宜しくお願いします。

今度出るクリスタル・ケイ氏のベスト盤が良い方向に働くと良いなぁ。

スポンサーサイト

【硫黄島からの手紙】/【ザ・バンク】

ブクログを設置してみました.
PCからしか見れませんがご興味が有りましたら覗いてみて下さい(まだ2冊しか登録してないけど)。
これからちょこちょこ更新していけたらいいなぁー、と。




さて昨日やっと録画しておいた「硫黄島からの手紙」を見ました。
良い役者さんばっかで、良い意味で最後まで冷静な視点だったと感じました。

これは「父親たちの星条旗」も見なきゃだわ。

手榴弾使って自決するシーンが生々かったな・・・(実際はもっと酷かったんでしょうけれど)。変に濁されるよりは良かったかも。

西郷(二宮君)が、栗原中将(渡辺謙氏)のピストルを腰に挿した米兵にスコップ振り回してるシーンが好きだ。

「ここはまだ日本か」「はい、日本であります」の会話とか。
西郷が冒頭で「こんな島さっさとアメリカに渡しちまえば良いんだ」と言っていたのを考えると、西郷の栗林への感情だったり、絶望的な状況下でそう答えた胸中だったりが切ないっす。

バロン西と捕虜の「交流」も印象的だった。


映画冒頭で西郷が「墓穴を掘っているのかな?」と語った時に、そこだけでもハリウッド映画なのに(不謹慎かもですが)うまいこと言うなぁと思ったんですけど、西郷が掘ったのが「墓穴」だけでは無かったというラストシーンに感心。




「戦争反対」と叫ぶだけでなく、「なぜ戦争が無くならないか」「無くすにはどうすれば良いか」を考えなければいかんよね、と思う。

エネルギー、経済、政治、人種、宗教、教育、etc

そういえば少し前に見た「ザ・バンク ー堕ちた虚像ー」という映画も戦争がなくならない理由の一つを示唆していた。

実在した国際銀行BCCIの事件をモデルにした金融サスペンス的な映画なんですけど、このBCCIはマネーロンダリング、武器の密輸や麻薬取引、各国諜報機関、果ては核兵器の流出など、とんでもないことに関わっていた実態が次々に明らかになり、アメリカ・イギリス金融当局から営業停止を命じられて91年に破綻しています。

しかしBCCIが破綻したからと言って、こういう「争いごとがあると儲かります」という人たちが現在は存在しないかって言ったら、そうは簡単にいかないというのが現実だろうな、という。
劇中でも銀行のトップが「自分が死んでも、他の誰かが代わりに同じことをするだけだ」みたいな台詞をいうシーンがあるし。

ちなみにこの映画、10月にDVD出るみたいです。


うーん、まとまりのない記事だ・・・。

Aマニュアル、その他ジャニーズ事。

おぉ、見事に赤西マニュアルすっ飛ばされてる。(そんな気配濃厚だったけど)

事情が有るならアレだけど、そうじゃないならマネジャーとかメンバーが蹴り入れるくらいはしてもいいと思う(・∀・)
スタッフとか誰も気付いてないんかね?

管理人としてはあの数行の文章を殊更楽しみにしてる訳でも何でも無いんですけど(本当にファンか)、ただ有料コンテンツに対するこのグダグダっぷりはある意味スゲーな、っていう。


田口のマニュアルをのぞき(DVD化は絶対にしてくれよ!/笑)、その後生田君のページにも。
生田君、JETも好きなのか。(つーかその辺はほとんどカバーしてそうだなこの人)

かつて「Are You Gonna Be My Girl?」のリフを聴いた時に斉藤和義氏の「歩いて帰ろう」が頭に浮かんで懐かしくなった経験が有るんですが、生田君も同じくポンキッキーズ世代なので同様の経験をしてるかもしれない(笑)。

ポンキッキーズってもうやってないんですってね。いい子供番組だったと思うんだけどなぁ。


嵐さんのアルバム、週間枚数出ましたね~。初動75万枚ですか。凄いなぁ。
大学とかバイト先の友達とかと話しててもライト層への浸透っぷりが凄いと思いますわ。品切れ騒ぎが無かったら80万は軽くいったんじゃないでしょうか?

今度やるツアーのチケット、会場のキャパが数万単位にも関わらずあの値段に跳ね上がるんですもんね・・・恐ろしい。(国立のスタンド席で落札額7万とかですよ、信じられん)

その分、転売屋に狙われる訳ですからファンの方々はさぞ大変でしょう。

ちなみに今うちの妹が軽くハマっててDVDが2枚家にある(笑)。今度見てみようと思います~。

個人的には二宮君の主演舞台、「見知らぬ乗客」が(出演者的にもストーリー的にも)メタメタ見たかったんですが当然チケットが取れる訳もなく(FCにすら入ってないしね)。
DVD化してくれないかしら・・・

中丸と上田の舞台&ソロコンも出ないのかね。カメラ入ってたんだし不可能ではないと思うんですが。(大倉君もねー)

出し惜しまないでJ事務所ーーーーー!!!!

あとWONDERもね!!


拍手レス

「ユウキ~世界で8番目の戦いに勝った男の物語~」を見た 」、「【BANDAGE】エキストラ@横浜 」、「岡田将生・イケメンブームについてざっくりと」、「1週間」、「Crystal Kay×Jin Akanishi 「Helpless Night」」、「「拍手レス」 、 「画集、新刊。」 への拍手ありがとうございました!




嵐さんのアルバムが凄い売れてるみたいですね。発売3日で推定累計売上枚数が55万超という数字をたたき出している模様。
(オリコンは指数ではなく推定枚数でデイリー出すようになったんですなぁ)

しかし各所で初回盤のみならず通常盤の品切れも起こってるとかで、KAT-TUNのドンスト騒ぎを思い出す(あちらとは規模が違うが)。

やる気有るのかJスト


以下、拍手レス



画集、新刊。


地元の古本屋で峰倉かずや氏の画集が1冊500円で売られてた。

この値段ならってんで即GETっす。(持って帰ってくるの重かった)

20090820002316.jpg

毎日ちょっとずつ見ます~♪楽しみ楽しみ。
画集買うのって初めてかも。



そうそう、(個人的に)待望の事件シリーズの新刊をようやくお買い上げ。
イラストレーターが金子一馬氏ではなくなってるんですねぇ・・・金子氏好きなのででちょいと残念。

残酷号事件 the cruel tale of ZANKOKU-GO (講談社ノベルス)残酷号事件 the cruel tale of ZANKOKU-GO (講談社ノベルス)
(2009/03/06)
上遠野 浩平

商品詳細を見る



クリケイさんのベストもちゃっかり予約してきました。
地元のCD屋のポイントがちょっとたまってるんで、1000円引きで買える(・∀・)


拍手レス

「【BADAGE】エキストラ@横浜」「BANDAGE公開日」「Crystal Kay×Jin Akanishi「Helpless Night」」への拍手ありがとうございました!!




BUCK-TICKのスタンディングツアーのチケット、クレジット決済に指定してるんですが、未だにWeb上のクレカ利用明細にデータが上がってない・・・・(当選メール来たのは7月18日)

まさか入力時にカード番号打ち間違いとか無いよね・・・?(´~`:)


以下、拍手レス




Crystal Kay×Jin Akanishi 「Helpless Night」

なななななんと赤西が外部アーティストのアルバムに参加・・・・!!!!!

拍手コメントから知りました(レスは後程致します!)。以下、クリスタル・ケイ氏のオフィから引用

9月2日リリース初のベストアルバム「BEST of CRYSTAL KAY」
初回生産限定盤付属のプレミアムディスク内容詳細発表!!!! (2009.8.18)
内容詳細が未発表だった初回生産限定盤付属のプレミアムディスクの詳細を発表します!

(中略)

そして4曲目はJin Akanishiとフィーチャリングの「Helpless Night」

計4曲が収録となります!!!
初のベストアルバム「BET of CRYSTAL KAY」リリースまでもう間もなく。
皆様、楽しみにお待ちくださいっ!!!!




マ ジ で す か (゜Д゜)


「WONDER」では有りませんでしたが、しかしある意味「WONDER」音源化以上に衝撃ですわ。

前の記事出も書きましたが赤西の声を色んな人が聞いてくれると良いな、というのは常々思う事なので、これは素直に嬉しいです、ハイ。

(出来れば「WONDER」も早いとこ音源化して欲しいんですけど、JASRACにはジャニーズで登録されてるんだっけ?)

「WONDER」聞く限りでは声の相性は凄くいいと思うので非常に楽しみであります!!


いやー、でも「WONDER」コラボって時にも驚いたんですけど、ジャニーズってこういうこと許可するんですね~。そこに一番ビックリしてるかも(笑)。


楽しみが増えたわ。


BANDAGE公開日

2010年1月16日公開!


てなわけで、正式に発表されましたね(・∀・)

作風がミニシアター系だとか、外人さんも出演するとか、色々な情報もちょくちょく出つつ。
どのくらいの規模でやるんだろう。地元の映画館でやるといいなぁ。


純粋にすんげー楽しみでもありつつ、この映画をいかにプロモートするんだろうという部分に興味があったり。
「ジャニーズ」を主役に据えるってのはそれだけである種のリスクが有ると思うのでね(二宮君ぐらいにお芝居の世界で評価されれば話は別だけど)。

「KAT-TUNの赤西が映画初出演にして初主演」という部分を強調するのか、「岩井俊二&小林武史タッグ」という部分を強調するのかでだいぶ効果が違いそうな気がするし。
ミニシアター系の作風で映画ファンに訴えかけたいなら、赤西主演という部分に関しては必要最低限のプロモーションに留めるって戦略も有るんだろうな、とか余計な事を考える。(マイナス思考か?)


あとやっぱり赤西ファンとしては(コバタケファンも?)、LANDSの曲が音源化されるのかどうかってのが非常に気になりますよね!

管理人は番協のとき1曲だけ聞けましたが、「90年代のバンド」というのをかなり強く意識してるんだなーという印象を受けました。あえて言うなら「ちょっと古い」感じ。

全部で5~6曲あるみたいなんで、他の曲が気になるーー。ミニアルバムとか出して欲しいわ本気で。
(あのコバタケが書き下ろした訳ですから普通に考えれば音源化の可能性は決して低くはないと思うんですが、ジャニーズ事務所が絡んでるとなるとなぁ・・・・どうなんだろ)

あわよくば映画の宣伝兼ねてMステとかに出演させていただければ恐悦至極なんですが流石に無理でしょうか。
赤西の声を色んな人に知って欲しいなー。


散々MCでも言ってた「10分ノーカット・シーン」とか「殴ってチュー」とかも早く見たいわーー。
銀幕での赤西はどんな感じなんでしょうね(ワクワク)。

1週間

「拍手レス」への拍手ありがとうございました!




昨日、青森から無事に帰宅。1週間ぶりの高気温・高湿度に頭がクラクラするー。

今日からまた日常生活に戻っております。
赤西主演映画【BANDAGE】の公開日が決定したみたいですね。これについてはまた後ほど書くとして。

青森は毎年8月のお盆の季節に行くのですがここ数年「関東とあんまり変わんなくないか」的な気温で、今年はどんなもんかと思ってましたが、暑さが和らいで過ごし易かったです。

ただ天候の関係で米や野菜が不作気味らしい。祖母の畑へ芋掘り行った時もいつもより量が少なかったり土の中で腐ってたりしてました。
必ず毎日のようにおやつとして出されるトウモロコシも、今年は無し。帰りがけに数本貰いましたが粒の大きさも甘さも足りてなくて、「ああ、本当に不作なんだなぁ」と。
管理人滞在中も土砂降りがあったりしましたが、晴れた日はカラッとしてて気持ちよかったです。

20090816191227



3年振りくらいに八戸市にある八食センター(大型の食品市場)に行ったのですが、そこの休憩所で従姉妹(8歳)と休んでたら、同じテーブルに一人のお爺さんが。

で、ちょっとした世間話に突入。

お爺さんは少し着古した感じの薄い黄緑色のTシャツに半ズボン、メッシュキャップにつっかけのサンダルという出で立ち。
推定80歳前後、このあたりで農業とかやってらっしゃる方かしらー等と想像してたのですが。なんと御年97歳。全然見えなくてビックリ。

更にビックリしたのが慶応大学の経済学部卒業だった事(嵐の櫻井さんのOBってことですな)。
約80年も前に大学に通える学力と経済力を持った人なんてごく一部だったハズですよね(小学校もまともに通えなかった人だって珍しくなかった時代でしょうし)、人は見かけによらない。

「ちゃんと勉強しなきゃ駄目だよ」と言われました(笑)。
下の画像は八食センターで売られてる魚介類達。八戸には漁港があるので新鮮で安くて旨い魚が揃ってます。

20090816191224.jpg  20090816185813.jpg


「函館日帰り弾丸ツアー(叔父命名)」では五稜郭、赤煉瓦倉庫、温泉という修学旅行のようなコースを(笑)。

五稜郭タワー12階の展望台(高さ約90M)からパシャリ。

20090816191221


赤煉瓦倉庫で食べた海鮮丼。(食べかけ)

20090816185817



青森に行くととても楽しいのですが、1日3食ばっちりとったり(普段は朝食とらない)、出かけた先で色々食べたりして必ず太る(笑)。今年もわずか1週間の滞在で2.5キロ太りましたわ。

半月ほど食事量を調節して元に戻すのが恒例となっております。


拍手レス

「赤西仁論・2」「5LDK(生田君)&MR.ブレイン」「【ANJIN】舞台チケ当落&はっちゃけKAT-TUN」「はるばる来たぜ」への拍手ありがとうございました!



以下、拍手レスです。

はるばる来たぜ

はぁこだてぇぇぇぇぇ~♪


20090810122004

白鳥に乗って

拍手レスは後ほど致します!

昨日は朝4時半に起きて畑でジャガイモ掘りしました。午後からは草刈りしたり、健康的な感じ。


さて、毎年青森に来るとこっちに住んでる叔父さんが色んなところへ連れていってくれます。
十和田湖、世界遺産でもある白神山地、奥入瀬渓流、etc.


今年はどこに行くのかしら、と思ってたらなんと日帰りで函館に(@Д@;)

朝7時に起床、現在スーパー白鳥という在来線に乗っております(笑)!
青函トンネル初めて通るぞい。


20090810091429

お知らせと雑記

「拍手レス&ニュース」「【ANJIN】舞台チケ当落&はっちゃけKAT-TUN」「鉄琴でも出来る」への拍手ありがとうございました!




本日から管理人は青森へ1週間ばかし旅立ってきます!

パソコン環境がなくなるので、メールフォームからご連絡頂いた場合お返事が16日以降になりますのでご了承下さい。(コメント欄やヤフーメールでしたら3日以内にお返事致します)




前回の記事で書いたもう一本の見たい舞台、結局チケット取りました(笑)。

森山未來氏主演の【ネジと紙幣】です。

近松門左衛門の人形浄瑠璃、「女殺油地獄」をベースにした作品だそうで。
この原作は何度も舞台化・ドラマ化されてるくらい有名な古典なんですが、管理人は全く原作の内容を知らず。
wikiさんでちょいとあらすじを見てみたらなんか凄そうだなぁという(笑)。
近松門左衛門の作品の中でも異色とされているみたいです。

公式サイトの方でもアレンジ版のあらすじが公開されてますが、やっぱり凄そうな話だと思ったのと、森山氏の舞台を一度見てみたかったっていうのが決め手に。


後方列だけどセンターブロックの席が有ったんで良かった。

20090807013221.jpg

鉄琴でも出来る



カツカツ、テニスのオキテwith松岡修造


松岡さんが最高過ぎる(爆笑)

常日頃面白い方だとは思ってましたが、本当にいいキャラだなぁ~(笑)。

その昔、父から松岡さんが東宝グループの御曹司と聞かされた時は衝撃を受けましたよ。テニスが上手な変わったお兄さんとしか思ってなかったから(失礼)

松岡式の練習方法、ぶっ飛んじゃいるけど、「なるほどなぁ」と思ってしまった人間がここに。
木琴でのストロークの練習は目から鱗。すかさず鉄琴じゃ駄目ですかと突っ込む亀梨の度胸に乾杯だわよ。

独自の練習方法に感心させられつつ、合間合間にネタを挟んでくるから油断出来ない(笑)。
リアルフェイスはKAT-TUNの代表曲でもあるからまだ分かるんだけど、まさかのドンスト!

あのバラエティ根性(?)を少しくらい見習ってくれよKAT-TUN(笑)。


田中がテニスやってたって初耳だわ。3年で3回しか出てないってのが酷過ぎるw

亀梨は日頃バット振ってるからか、ストロークはある程度カタチになってましたね。たまたま一緒に見てた父親が、木琴練習のフォーム見て「コイツ野球やってるんだっけ?」と食いついて来た。

上田のボレーが松岡さんを襲撃。上田はさり気なくおいしい事をやる(褒めてる)。


来週はいよいよ200キロサーブとラリーに挑戦ね。どんな笑いを提供してくれるのか楽しみー(・∀・)

それにしてもお蝶夫人のスカートが短過ぎて気になる(爆)。



【ANJIN】舞台チケ当落&はっちゃけKAT-TUN

ホリプロ・オンラインチケットから【ANJIN イングリッシュサムライ】@天王洲・銀河劇場の当落メールが来ました。

来年1月公演のS席1本のみの申込でしたが無事に当選ーー(・∀・)
さようなら諭吉殿。
倍率がどれくらいだったのかは不明。

座席ももう分かるんですけど、6列目(F列)でございます!!
「わーーーい」と思ったけど席番をよく見たらめっさ上手の席。うーん、角度的にどうなんだろう。よく分からない。日英共同制作の舞台なので、字幕スクリーンも使うみたいだからちゃんと見れるのかちょいと不安。

舞台と言えばもう一本見たい舞台があるんですけど、S席8000円也。「ANJIN(10500円)」に比べたら安いけど、ちょいとお財布と相談中。

色んな舞台の情報とかをちょくちょく見てるとドリボって値段設定が超強気なんだな、と思う(笑)。15000円って言ってもきっとソールドするでしょうしね。


KAT-TUN夏ツアー@仙台無事に終了したようで。
以下レポ読んだ雑感。(セトリに関する若干のネタバレ有り)


拍手レス&ニュース

「オトメン#1」への拍手ありがとうございました!!




本日は一番やっかいな統計学の試験。これが終われば前期試験は終了っす。


ちょっと社会的な話題を。
ヤフーのヘッドラインに【小6正答率、世帯年収で差=学力テストの追加分析-文科省】の記事。

 

年収が多い世帯ほど子供の学力も高い傾向にあることが、2008年度の小学6年生を対象にした全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)を基に行われた文部科学省の委託研究で4日、分かった。学力テストの結果を各家庭の経済力と結び付けて分析したのは初めて。
 委託研究では、5政令市にある公立小100校を通じて、6年生約5800人の保護者から家庭環境などのデータを新たに収集。個人名が分からないよう配慮した上で、学力テストの結果と照合した。
 学力テストには、国語、算数ともに知識を問うA問題と活用力を試すB問題があるが、世帯年収ごとに子供を分類すると、いずれも200万円未満の平均正答率(%)が最低だった。
 正答率は年収が多くなるにつれておおむね上昇し、1200万円以上1500万円未満だと200万円未満より20ポイント程度高まった。ただ、1500万円以上では正答率が微減に転じた。



このデータを公表する事に関しては賛否両論、分析結果に対する意見も様々のようですが、管理人としては「子供の学力と世帯主の収入」に高い相関関係があることを科学的データとして公にした事は非常に意義があると評価しています。



以下、拍手レス。


オトメン#1

「マン・オン・ワイヤー」、「カツカツ、幼稚園の掟」への拍手ありがとうございました!
(レスは後ほど致します)





やっとこさ始まりましたTVドラマ【オトメン】。
この記事をアップするかどうか迷いましたが、アップしちゃいます。

とりあえず初回を見た感想。先に良かったところ書いちゃいましょう。

◯木村了君の演技が非常に良い
◯EDの時代劇調の映像が秀逸(ぶっちゃけ本編よりもクオリティ高いのでは)
◯岡田将生君キラキラしてるねー
◯夏帆ちゃんかわええ~
◯小ネタがたまに面白い

・・・この位かな(これだけ?)




※以下、原作に関してもドラマに関してもほとんど良い事書いてませんので悪しからず※





率直に書くと「イヤな予感が当たってしまったな~」という感じですわ。

酷評になっちゃいますけど、原作には「乙女チックな趣味思考を持った男の子=オトメン」という最初の設定だけで無理矢理引っ張ってるという印象しかなかったんですよ。

その「設定だけ」で押していけるのはせいぜいが2巻分くらいまでで、それ以降はよっぽどストーリーやコメディの方をうまくやらなきゃラブコメとしての魅力に欠ける訳ですが、そのコメディ部分がもの凄く中途半端というか、密度が低いなぁ、っていう。


で、ドラマ化するにあたってかなり設定や展開を弄ってるというのが雑誌の特集から見て取れたので、個人的には原作に忠実にやるよりはむしろ別物になるくらいの勢いの方が面白いのかもって思ってて。(そうするとこの原作を使用する意味が無くなっちゃうんだけどね)


ちょっとだけドラマオリジナルの脚本に期待してたんですけど、ドラマの脚本も酷いな・・・・

巨神兵、リハウスしてきました、とか、原作同様に小ネタの部分でちょくちょく笑いどころがあったりするんだけど、そこ以外が総じて寒いというか・・・。

「それ、なんてスラムダンク?」なパロディに関しては使うタイミングが無理矢理過ぎて・・・。

ネタがつまらないのか、テンポが悪いのか、カメラワークの問題か。
いや、ほんと、コメディって難しいんだなと思い知らされたわ。

あと、「いかにも漫画チック」なキャラ演じるのって、相当上手くやらなきゃやっぱり厳しい。
漫画的なキャラ程、そのキャラに違和感を持たせない「ナチュラルさ」が要求されると思ってまして。

漫画的キャラの好例でパッと思いつくのは、「ショムニ」で典型的に高飛車な(でも根が悪い人ではない)秘書役演じた戸田菜穂氏、「踊る大走査線」シリーズで情けないけどいざって時は男気見せる上司やってた北村総一郎氏。
最近(?)だと「ごくせん」の仲間由紀恵氏や生瀬勝久氏、「ヤスコとケンジ」のケンジ役やったTOKIOの松岡君等々。
(上記ドラマには他にも漫画的キャラの好例が沢山ありますが割愛)

若手の俳優さんにそのレベルでやれってのもキツいのかも知れないけど、でも正直な話その位にならなきゃ「漫画チック」なキャラって活きないっすよー。

このドラマ、主要キャストがそういう「漫画チック」なキャラだらけなのにそれを演じきれる人が少なすぎるのが致命的。見ててハラハラするんだもん(苦笑)

仮に全員そのレベルでお芝居が出来ても、あの脚本と演出じゃ台無しになりそうな気もするけど。


上でも書いたけど、若手で唯一安心してお芝居が見れたのは木村了君だなぁ。彼が画面に出てくると凄いほっとした(笑)。

佐野君も比較的安定してる印象でしたがまだ判断しきれないっす。

管理人の視聴動機である岡田将生君にはもっと頑張って戴きたい。重力ピエロ同様に台詞回しがちょっと硬いんで。なんだかんだで期待してますよ。



当分は木村君と芸人さんが演技的にフォローするカタチになるのかしら、このドラマ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。