トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2009年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2009年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年09月
ARCHIVE ≫ 2009年09月
      
≪ 前月 |  2009年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Y&J

Y&Jから何やら届いてたので見てみたら山下君のソロコン案内。そういえばエンタテイメント欄の見出しにあったなぁ。(余談だがポータルサイトはGoogle派)

ざっと案内に目を通しましたが締切が10月9日って、ずいぶん急な話だ。ファンは大変でしょう。


ちょっと遅れた話題ですが、ついにヘイセイジャンプ君たちに単独FCが出来るそうですね。
変な話、先輩である3グループが単独にならない限り後輩君が単独にはなれないんじゃないかなと思ってましたが、独立ってことで。おめでとう。


つーことでそろそろY&Jもどうにかしませんか



こちらでY&Jの今後に関する投票を行なってますが、案の定解体希望が圧倒的ですねぇ。(継続派が3割もいることに驚いたけど)


後輩君がめでたく独立したんだから(つかそれが普通だよな)、このタイミングでさっさと解体しよーぜー


きっと運営側の事務処理とかが死ぬ程面倒いだろうけど、そのあたりは合同FCなんて意味不明なことやった運営側の自業自得ってことで。

登録名義ごとに各FCに振り分けるか、さもなきゃ

→各グループの単独FCを用意して入会受付開始
→同時にY&Jの新規入会受付停止
→Y&Jも1年間の会員期間が切れるまでは有効(会員期間内に単独FCにも入会した人は一時的に複数名義持っている状態)

→1年経てば全Y&J会員の会員期間が切れるので、Y&J完全解体完了


これで良くね?


一時的に複数名義状態の人間が増えるから倍率が厳しくなるかもだけど、長くても1年でそれは終わる訳だし。
会費を無駄にすることなく、会員番号も分かり易く、極力混乱しないようにFC移行するって点ではまぁ、ベターかなと。

本当はY&Jの会員期間をそのまま単独に振り返られるのが一番いいんだろうけど、運営側が「会員番号××番~××番は会費有効期限が◎月」っていう管理の仕方してるなら、有効期限振替って方法は後々色々とめんどくさいトラブルの原因とかになりそうなので。


複数のグループが好きな人は複数に入会してね、と。それが当たり前なんだし。



さてレポートやろ・・・。←明日提出


スポンサーサイト

nitro diary大量更新&大原画展の詳細発表


峰倉氏の公式ブログが1ヶ月半ぶりに大量更新されましたが何やら色々ゴタゴタしてますなぁ相変わらず。「WILD ADAPTER」は実は最遊記シリーズ以上に好きだったりするんで早く解決して欲しいところ。
ずーっと落ちてた公式HP[nitro]はサーバとの契約期間が終了していた模様で、これ機になくなると。

刊行ペースにも悟りを開き気味な管理人ではありますが、しかしマジで一回この人は仕事の整理をキチンした方が良いと思う(スケジュール管理に関してはもはや専門マネージャーが必要なレベルなんじゃなかろうか)。
前回記事で「WAシリーズの複製原画集出して欲しいー」とか言っといて何なんですけれど。

「WA」が何やらトラブってて、「ぱふ」のインタだと「BUS GAMER」も当分書けない感じ出し、「蜂の巣」に至っては今いずこ....orz

そして一迅社は全サを何とかしないと詐g(ry
基本的に本誌を読まないし、ファンの方のブログを覗いたりってこともしなかったので今まで全く知らなかったんですが「これは酷い」という感じ。


さてそんな中(どんな中)「最遊記シリーズ大原画展」の詳細が出ました。

nitro diary
一迅社公式

開催会場:池袋サンシャインシティ 文化会館4F Bホール
開催期間:2009年10月30日(金)~11月1日(日)
開催時間:10:00~18:30 *最終入場は18:00まで
主催:株式会社一迅社
入場料金: 無料


物販やトークイベントも(人数制限付きで)あるみたいです。
出版社主催の公式イベントだけどコスプレ有りなのか・・・、改めてこの漫画のファン層が分かるなぁ(笑)。

ちなみに会場はこんな感じです→施設概要

面積2343㎡。
図面の読み方よく分からないんですが、図面に書かれてる数字がセンチを表してるならばBホールはおおよそ32m×73m(=2336㎡)のハコってことに。

  デ  カ  ッ !  !


作者本人もかなりデカい箱だと仰ってましたが、ホントにデカい(笑)。
ちなみに該当ホールの利用料金は164万円/日だそうで。流石都心の大ホール。高い。

いや、でもね、164万円×3日間=492万円ですよ。これだけ大規模にやるんだから人件費も設営費も相当なものじゃないですか。

それを入場無料でやるって事は、それだけ物販での収益を見込んでのことなのか。(正直あの出版社に赤字覚悟でこういうイベントやるような体力は無さそうな感じなんで)。


そうそう、ビックリしたのが峰倉氏の同人サークル「バックギャモン」のブース。
現段階ではこのブースで何をするのかよく分かりませんが・・・公式イベントで同人誌売るってんなら相当凄い気が。
それとも例の「最遊記アンソロジー」でしょうか。今のところ一番気がかりなブースです(笑)。

あとサイン会ね!これは是非って感じです。
しかし合計で400人・・・、整理券手に入れるの相当厳しそうだ。

リロブラ発表のトークショーも参加したいんですがこれも整理券確保が厳しそう(つД`)


ちなみに、今のとこ特別な予定が無ければ3日間通う気です(・∀・)

【最遊記RELOAD】複製原画集

迷ったけど買っちゃいましたよ。

最遊記RELOAD 複製原画集最遊記RELOAD 複製原画集
(2009/08/25)
峰倉 かずや

商品詳細を見る


講座帰りにアニメイトにて(爆)。アニメイトに行ったのなんていつ以来だろう。(数えるくらいしか行ったこと無いですけど)
初めて行ったのが確か13才の時で、その時も目当ては最遊記だったんだよな。うーん、この作品とも長い付き合いです。

んでアニメイト特典でポスカ付いてきました。ラッキー(知らなかった)。

さてそんな訳でさっそく中身をご紹介。(画像は著作権違反にならない範囲で。クリックすると拡大します)

この原画集、外箱がチープな感じです。そして表紙デザインもう少しどうにかならなかっただろうか的な不満があるものの、中身はすっごく良い(・∀・)Ъ
中身は【書き下ろし4枚含む24枚のカラーイラスト(B4サイズ)+作者コメント付きの収録図一覧表】です。

まず箱を開けるとすぐにホログラム加工された書き下ろしの三蔵(嗚呼、眩しい)。


20090926183039.jpg

ざーーーとこんな感じなんですが、

20090926220647.jpg    20090926220650.jpg


うん、これで売価2000円切るってだいぶリーズナボーよね

(印刷会社勤務の兄曰く、この中身でこの単価なら相当部数刷ってるんじゃないか?とのこと。管理人はよく分からんけど、このテのアイテムって企画段階でボツになるモノが山ほど有るらしい)

買って良かったわ~。峰倉かずやの絵が好きならオススメです。大満足。
マジでポスターフレーム買って来て1枚くらい飾りたいなコレ。普段ポスターも滅多に貼ったりしないんですけど。
ポスターフレームってだいたい幾ら位?と思って調べたら安いものだと1000円~1500円くらいが相場っぽい感じ。

ちなみに管理人のお気に入りは

◯書き下ろし三蔵(性格破綻鬼畜坊主贔屓です。三蔵ってさり気なくアクセ装着率高いよね)

◯ゼロサム05年05・06月号全サテレカ(なんかポップで可愛くて好き)

◯ゼロサム08年02月号付録(ファー付きフードコート万歳。シリアスな台詞もふざけた台詞もどっちでもあり得そうな2ショット/笑)

◯ゼロサム06年12月号全サ(三蔵が炬燵に突っ伏して寝とる・・・!!←ちょっとした衝撃。ちゃんちゃんこ羽織ってるジジ臭さがいい。悟浄の横にいるジープがカワええ。ジッポと100円ライターの違いも好き。)

◯最リロ06年カレンダー(色合いと雰囲気がツボ)

◯05年コミケ用テレカ(配色がいい。悟浄のやる気なさそうな顔と、それじゃ何も見えないですよ状態の八戒。)

◯ゼロサム05年1月号表紙(インディアン悟空!色も加工もいい!)

◯ゼロサム06年7月号巻頭カラー(構図とシンプルさが好き)

・・・・かな。(多い?)

WA&荒磯シリーズでも出してくれないかなー、こういう原画集。


以下、ちょっとしたぼやきなんぞを・・・。


拍手レス

「拍手レス」「ネジと紙幣@銀河劇場」「赤西@anan」への拍手ありがとうございました!





森山未来さんはケータイ電話を持っていないらしい(@テレフォンショッキング)。


以下、拍手レス。


赤西仁@anan

遂に赤西がanan恒例ヌードの被写体になりましたねー。
ananってついこの前向井氏のヌードやったばっかじゃなかったでしたっけ?
何でまたこのタイミングなんでしょうね。BANDAGEの宣伝って意味合いならもっと遅くても良かったろうに。


んで、今回のananは率直に言うと「あんまピンと来ないなぁ、コレ」っていう(笑)。気に入った写真もちゃんとあるんですけどね。

まずビックリしたのが赤西の体。ターザンの表紙を飾った時のあのポニョっぷりとは打って変わって鍛え上げたのがよく分かる引き締まったボディ。

うん、別にいいと思うんだけど、個人的にはちょいと鍛え過ぎ?(ポニョよりは全然いいんだけど)

赤西は恐らくアメリカン・マッチョな男らしいワイルド・ボディに憧れてるんだろうなーと思うんですけど、個人的にそういう体って全く萌えないしときめかない(笑)。そしてヒゲが盛大に邪魔(笑)。あと5年は我慢しとけ。

1ページ目がワイシャツボタン全開ショットですが、うーん、同じようなシチュエーションでも2回目のPOPEYEの黒ワイシャツの方が断然色気感じちゃうぞ。

なんていうかアレだ、赤西が纏う空気の輪郭が丈夫過ぎちゃう感じがどうもしっくり来ないんだなぁ、多分。

赤西ってある種の頼りなさと言うかどっちにでも転げそうな、ボーダレスな危うい色気が魅力の一つって思ってて。
このananの赤西にボーダレスな危うさを感じないんですよね。無鉄砲さみたいなものは感じ取れはすれ(前髪掻き揚げて煙草吸ってるショットとか酒飲んでるショット)。


オマケにこういうお綺麗な企画ものヌードってもの自体にエロスを感じることがあんまりないから、この前提からして管理人の好みからはズレるっていう。
かと言ってヌードである以上チラリズム万歳精神を満たしてくれることも無い訳で、どうしてもリアクションがこういう感じに薄くなってしまうんですよね・・・(・∀・)アハハ


そんな中でのお気に入りは騎乗位ショットと最後のうつぶせショット。
騎乗位ショットは赤西の(良い意味での)緩い雰囲気というか受け身な雰囲気が凄く出てるんで結構好き。体がどうこうってよりもフェロモン垂れ流し中~って「雰囲気」がいいって感じで。
うつぶせのちょっともの憂げ(単に終わって疲れてるだけ?/笑)な感じも良いね。好き。赤西の伏し目が好きなだけかもしかして。

この2枚にはボーダレスを感じたかな。

お相手の女性がもっとリードするようなスタンスの画だったら、同じマッチョな体つきでももっと管理人好みになった気がしたananでした。

ネジと紙幣@銀河劇場

「ご挨拶&管理人について」「拍手レス」「栄光の1位はこの曲」「行ってきま」への拍手ありがとうございました!




赤西がananに載るらしいですね。このネタは実物見てから色々書こうと思います(笑)

さて「ネジと紙幣」@銀河劇場、19日の昼公演を見に行ってきました。
オープンしてまだ3年ということもあって綺麗な施設。


近松門左衛門の世話物「女殺油地獄」を現代風にアレンジした本作ですが、個人的には違和感なく見ることが出来ました。(っていっても原作未読)


休憩無しの約2時間、あっという間でした。終始ダレることなく展開されて非常に面白かったです!
基本的に重たくて閉塞感漂う無いようでは有るんですが、ユーモアやコミカルなセンスが随所に光ってます。
いや、ほんとあんなに笑いどころの多い劇だと思ってなかったから意外だった(笑)。管理人も相当笑わせていただきました。

そしてセットが凄い。(豪華ってう意味じゃなくて)



演出の倉持氏がパンフで仰っていたようにプロットが非常にシンプルで「過程」をかなり大事にしたお芝居だなぁ、と。
この作品、公式HPでもフライヤーでも「なぜ、男は女を殺さなければならなかったのか?」という文句がででん!と出てまして。
要するに行人(森山未来)が桃子(ともさかりえ)を殺すという「結果」は最初から分かってるんですよね。

その上で「なぜ」と聞いてるんですけど。

でも、この「なぜ」って問いに対して「これが原因です」と明確答えられるものがないというのが管理人の感想かなぁ。

単純にそのときそのときの行動の表層だけを見れば、この殺人の非常に分かり易い「動機」は有るんですよ、一応。
ただその表面的な動機はワイドショー的というか、誰かに対して事の顛末を説明する時には便利ってだけであって、正解であって正解じゃない、みたいな。

これはこの舞台上の殺人に関してだけじゃなくて、身の回りの色んな出来事に言えそうな気がする。

「なぜ」という問いに返せる確定的で唯一なものがない、ということを強調する為にあえて「なぜ」というコピーを全面に出してるんだなと思った次第。

行人がもうどうしようもないダメ男なのは確かなんだけど、「でもさ、」と思わせられるシーンがちょこちょこあったりしててね。

なんか各登場人物のそういうちょっとした会話の歪さや感情の変化がひしひしと伝わってくる舞台でした。
演出や脚本もさることながら役者さん方が非常に素晴しかったです。

これ、仙台、富山、愛知、大阪、でも上映されるので興味があったら見てみて下さい。まだプレイガイドでチケット買えますんで。(当日券も出てます)


主演の森山未来氏はもともと踊りが得意な方のようですが、ストレートプレイ(普通のお芝居をこういう風に言うんですね~。知らんかった)である本作ではその身軽さを飛び蹴りシーンや喧嘩シーンにて発揮しておりました。
飛び蹴りはホントかます方もかまされる方も凄い。

他にもかなり体当たりなシーンが多いのでみなさん怪我しないように気をつけて欲しいです。

ともさかりえ氏は声の通りが良かったし、メリハリ効いた演技で見ていて気持ちよかったです。

あ、あと出演者で言えばブラッディ・マンデイの出てた人が二人もいた(笑)。

ブラマンで日本人最初のウイルス感染死亡者だった女の人を演じた江口のりこ氏は、今回キャバ嬢役やってたんですけど、全然雰囲気違うんですねー。
頭悪そうなんだけどちゃんと自分のことだけは計算してそうな、我の強そうな女の雰囲気がよく出てて、役者さんって凄いなーと思いましたよ。

看守役やってた野間口氏は気持ち悪い工場の青年を演じてて、ほんとに不気味(笑)。


思い切って見に行って良かったです。満足。

9月17日 BUCK-TICK@赤坂BLITZ

行ってきました赤坂BLITZ!

あんま時間ないんで詳しいセトリとか感想とか書けないけど、ざーっと。

この日の整理番号は51番。(イチローだ)管理人の人生史上最高の整番です。
がしかしそんなに前に突っ込んでいくタイプではない管理人。

赤ブリは初めてだったんですが、ここの3柵目&4柵目のスペースって1・2柵目よりも数十センチ高いつくりになってたんで、「これは見晴らしが良さそうだ」ということで下手3柵目の最前にスタンバイ。実際にここよく見えました。

ゆったりした曲の時にはグタっと寄りかかれるし、寝不足気味でちょっと体力的にしんどかった体には非常においしい位置でございました。

うん、やっぱライヴハウスって良いなーと実感したライヴでした。ホールツアーの時も楽しかったんですけど、やっぱライヴハウスのあの自由で独特な感じがいいですね非常に。

管理人のように柵にもたれたり曲によっては飛び跳ねたりして見てる人間もいれば、ずっと壁にもたれて酒飲みながらまったり見てる人もいるし、終始ガンガンにノリまくってる人もいるしね。
なんか自分のスタイルで勝手に楽しんでる感じが好きー。

ライヴは勿論楽しかったっす。やっぱ音もホールより迫力あって良いですねぇ(´∀`*)
いいわー好きだわーライヴハウス。低音がズンズン来る感じが堪らんぜー。

メンバーもカッコ良かった。櫻井さんの男前度(←パフォーマンス面でね)上がってた気がしましたよ。
今井さんはポンパ風に前髪あげてて後は編み編み。ヒョウ柄ジャケットという年齢を感じさせないファッションでございました。ホールに比べるとちょっと大人しかった印象。

この日初めて聞く曲が5曲あったんですけど、要はノれるかノれないかだからね(笑)。全部ノれたから無問題。
知ってる曲は言わずもがなめっちゃ楽しい。


つか、みなさん仰ることですけど結成20年以上経ってて未だにホールツアー出来て、あまり間を置かずに1000人超のライヴハウスでやっても満杯に出来るって凄いですよね。
しみじみ思った。

終演後にドリンクを引き換え。これ↓は酎ハイ(カシス)。氷多めだけどライヴ後にサラっと飲むアルコールとして結構いい具合でした。

20090919004411.jpg


以下、ちょっと喜びの叫び。(セトリネタバレ有り)


行ってきま

BUCK-TICKライヴ@赤坂BLITZに行ってきますです。

赤ブリのキャパって1階が1300人弱なんですが、なんかブログ巡りしてると一般チケットで1400番台が出てるとかいう話なんですが・・・・かなりのすし詰め状態ってことかい orz

今回、管理人の整理番号が2列目とか普通に狙える超良番なんですよ(笑)

ただ基本は後ろでそれなりに見たい派なので2柵目最前か、2柵目後方から3柵目に寄りかかるかくらいの位置で見れればいいなぁとか思ってて。

整理番号的には余裕で希望ポジションを確保出来そうなんですが、しかし2柵目の密度がいかほどか不安になってる(´~`;;)

適度な感じでありますよーに!(願)

拍手レス

「拍手レス」「栄光の1位はあの曲」「いつの間にか」への拍手ありがとうございました!




昨日、ゼミの先生&先輩(男)1名&同学年(3年)の男子3名&管理人という意味不明な面子で飲み会。
軽く1時間くらい、という話だったのに結局3時間付き合わされた。
おかげで変える頃には本屋が閉まっててゼロサム買えんかったよ。

それでも3時間で先に抜けられたのが管理人だけで、3年男子sは更に付き合わされてたなぁ。(結局何時に解放されたんだろうか)

酔っぱらいの昔話(自慢込み)ほどつまらん話はないと改めて思った3時間。(タダ酒だったのが救いか)


以下、拍手レス



いつの間にか


最遊記RELORDの最終巻発売日が10月24日に変更されてるんだが・・・


9月25日発売予定じゃなかったんかいな。延期かよーーー(凹)

ブログ更新も最近ないあたり、忙しいのか?

ドラマCDとかOVAとか画集とかの派生品はバンバン出るのに肝心の漫画がめったに出ない作家さんなので(それでも無印最遊記の頃は比較的コンスタントだった気も・・・)、刊行ペースにはもはや慣れっこなんですが、それでも楽しみにしてた発売日が延びるってのはキツいんだじぇー(ノД`)ぐすん



最遊記異聞が始まるWARDは、とりあえず買ってみる予定。出来ればこれは5年くらい(2~3巻)で完結させて欲しいな。
12月開始予定の最遊記最終章はまた完結まで10年近くかかると思うと作者本人がサラっと仰ってるんでね(笑うしかねーよコレ)


秋に開催されるという予定の原画展は、今のところ行く予定です。この人の場合ホントに秋に開催されるかどうか定かではないですけど(爆)

栄光の1位はあの曲

兄貴が来週あたりから彼女と同棲開始するので部屋が一つ空く予定。超嬉しい(笑)。


ゼミ論用の資料とか就活用の資料とかを色々整理しつつCDを聴く。

KAT-TUNのBESTアルバムは是非ともリマスタリングしてもらいたい。新しいアルバム聴いた後にこれ聴くと「音ショボっ!」ってなりますよね。
ロック系多いくせして低音が弱いというのはいかんやろーーみたいな。低音が強ければいいってもんでもないけど、もう少しどうにかなりますよねコレっていう。

あれだけデビュー時に盛大なことやってたんだから、もう少し音にも拘ってくれれば良かったのにねー。

そういえば、「LIPS」が発売された当初、カップリングの「MESSAGE FOR YOU」が「MIRACLE」っぽい感じって言ってる人が結構いてビックリしたなぁ。
自分は全く似てると思わなかったからね。同じ音楽聞いても人によって捉え方(not好き嫌い)がそれぞれなんだな、と改めて思った時でした。

今、iTuneでKAT-TUNの曲(ソロを除く)を再生回数順で表示してみたらトップ20がこんな感じになりました↓

1:GOLD/(287回)
2:LOVE/(250回)
3:Keep the Faith/(242回)
4:SHE SAID.../(224回)
5:WILD OF MY HEART/(222回)
6:Real Face/(217回)
7:DON'T U EVER STOP/(210回)
8:BUTTERFLY/(188回)
9:愛のコマンド/(178回)
10:NEVER AGAIN/(174回)
11:OUR STORY/(162回)
12:HELL,NO/(143回)
13:12 o'clock/(138回)
14:RHODESIA/(136回)
15:SIX SENSES/(133回)
16:I LIKE IT/(119回)
17:T∀BOO/(118回)
17:AFFECTION/(118回)
19:LIPS/(117回)
20:MESSAGE FOR YOU/(108回)


最初に買ったのがベスト、リアフェ、キプフェだったんで(07年の12月ごろ)その辺の購入順がまだ影響してる感じのランクかなー?
今自分で見てみて、これそんなに聞いてたっけ?みたいなのも有ったりして結構面白い。

それ考えると「DUES」頑張り過ぎだろ、みたいな(笑)。
ちなみに「LOVE JUICE」は352回ですた(なんつー赤西ファン丸出しっぷり)

通学する時とか、KAT-TUN以外でも割りとノリ重視でプレイリスト作るからそれも影響大なこの順位。

それにしてもGOLD聴いてるなー。
この曲、田中のラップから2番のAメロに行くとこすっごい好きなんですよね。ゾクゾクするわ。
少クラで全員黒衣装で踊ってたやつが格好良くてねぇ、なのにコンサートではトロッコVerしか見たことないっていう遅れてきたファンの悲しさよ。
「ちゃんと踊って」ってファンレター書こうかな(笑)。

オリジナルアルバムだけで見れば一番好きなのは「QUEEN OF PIRATES」です。
「QP」がかなり好きだっただけに「BR」が個人的にちょっと残念だったなーっていう。音は申し分無いんですけどね。
最初はソロが間に有るからアレなのかなって思ったけど、カツカツto YOUはソロあっても割りとバランス良かったからやっぱ選曲と配置の問題か。


何やらKAT-TUN新曲の噂もありますが、時期的にちょっと「?」なんでね、どーなんでございましょ。



拍手レス

「【BANDAGE】エキストラ@横浜」「Helples Nightを聴いた」「拍手レス」「LANDS始動」への拍手ありがとうございます!




(書いた記事を保存したら消えたんですけど・・・・何で?)

蜷川幸雄×森田剛の舞台【血は立ったまま眠っている】が非常に気になるー。
ただでさえ気になっているのに窪塚洋介まで出演決定だとーーーー!?

舞台と言えば来週土曜にはもう「ネジと紙幣」観劇です。早いなぁ。楽しみ楽しみ。
昼公演取ったから前日のバイトは20時上がりで希望出したのに、人手が足りないからってんでラスト(22時)までやることに orz

【ネジと紙幣】の前にBUCK-TICKさんのライヴです。実は整番が凄まじいことになってるのです。ぬははは。


以下。遅くなりましたが拍手レス




LANDS始動

完全に乗り遅れた感じですがようやく落ち着いたので、BANDAGE関連の情報をじっくり頭にいれております。

もっとここで騒ぎたかったんですが、丁度8日早朝から10日夕方まで色々と予定ビッチリでね、騒ぐタイミングを逃した感が否めません(笑)。


でも8日にはちゃんとスポーツ紙を3紙ほど買いましたよー。トーチューの写真が好きー。

20090910204023


さてやはりBANDAGE関連のニュースといえばこれですよね。
騒ぐタイミングを逃してるが、でも一応騒いでおこう(笑)。



【LANDS】でデビューキタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!


せっかくなんで回転系にしてみた。(何)

なんだか期待してた以上の事態になりそうでビビってますよー。
だって管理人としては「BANDAGE仕様楽曲のCD化は可能性として決して低くはないが、しかしJ事務所が関わってる以上油断は出来ん」ぐらいの心積もりでしたからね。

小林×赤西のユニットでくるとはさすがに思わなんだ。

主題歌リリースのみならず「ライヴを開催したり、公開までに面白いことが出来れば」(By東宝)らしいし、なんなんだこの「実は騙されてんじゃねーかなコレ」とか疑心暗鬼になりそうなくらいの展開。

クリケイコラボの続き、マジでよく許したよね事務所。(そこか)

岩井&小林タッグがマジなんだな、と思ったよ。


いや、お二人がマジなのは当然だとはおもうんですけど、「ジャニタレ」を主役に据えてここまでやれるのか、的なさ。もうマジでGJ。
赤西もよくやった!


東京ガールズコレクション(TGCって略が塩基配列みたいだ)でシークレットで歌っちゃってたりするとこみると、やっぱあちらがこの映画の主導権をかなり握ってるのかな。
その方がいんですけどね。

んで、肝心の主題歌「BANDAGE」がWSでチラッと流れましたが。

うん、「番協で聴いた曲より好みだ」という感じ。

このブログで何回か言ってますが小林さんの音楽性と管理人の感性は基本的にズレてるんで、そこが個人的にネックと言えばネックだったりしてて。
で、ぶっちゃけ番協で聴いた曲も案の定(?)個人的な好みとは違うところにある音楽だったので他の楽曲がどんな感じになるのかなーとか思ってたんですね。

お披露目された「BANDAGE」は結構イけるかも。
ただ赤西の声が震えてて、あんまりお上手じゃなっかた気がしたのが残念かな(爆)
小林氏とのユニットというカタチとは言え「ソロ」として出る以上ね、ステージでの評価は今まで以上に跳ね返ってくるからさ。

赤西本人も「自分の音楽性と異なった曲だから歌い方に戸惑った」とかいうコメントしてるくらいだから、いかに歌いこなせられるようになるかだねぇ。(って言っても撮影はもう終わってる)

頑張ってくれー。

小林さんの「デュランデュランのようなニューロマンティックの甘い雰囲気」という赤西評がちょっと面白い。
あちらは女性客ばっかりのTGCにアウェー感を感じてたみたいだけど、赤西は慣れっこのシチュエーションだよね?(笑)
自分に興味のない人の前って点では今までに無い規模だったかもしれんけど。



公式HPもオープンしましたね!→BANDAGE

シンプルで良い感じ~(´∀`)
これからどんどんコンテンツが充実していくでしょうから楽しみです。


秋~冬の映画公開までBANDAGE祭りがいくつかありそうでドキドキ。

プロモーション~公開期間が就活まっただ中な訳ですが(爆)、頑張って出来るだけ追うよーーー!!


拍手レス

「Crystal Kat×Jin Akanishi「Helpless Night」」「残酷な天使のテーゼ~赤西Ver~」「拍手レス」「録画番組消化」「春馬君、新ドラマ&CM」「Helpless Nightを聴いた」への拍手ありがとうございました!




久々に大学に行ってきました。常磐線(各駅)の電車内にFOG BARとEXILIMの広告がいっぱい有って嬉しい。W春馬君だわ~(´∀`*)

帰りに地元の映画館に行って「20世紀少年 最終章」を観賞。あの映画館で客席が8割以上埋まってるのを初めて見た気がする(笑)。

重力ピエロの主題歌を歌ったS.R.Sの新譜が9日にリリースされるーー!!
声がすっごい良いんで楽しみだ。ふふふ。

・・・何やらLANDSが動き出してるみたいですねー(ワクワク)。


以下、拍手レス


Helpless Night を聴いた

声だけで聴かせられる男だなぁ、赤西って。

とか、そんなことを改めて思う。

どのくらいパートが割り振られるんだろうと思ってましたがかなりちゃんと歌ってますねぇ。2番は丸々赤西ですよねコレ。


いや、ほんと良い声してるねこの男。
女の高音とは違う艶があって、このくらいのキーでも(むしろこの位のキーの方が?)すごく綺麗に発声出来てる。

なんかしみじみと聴いてますよずーっと。

うん、やっぱ赤西の歌い手としての才能は確かなものだわ。


これを歌ってる時の赤西の表情が何となく頭に浮かんできます。
八の字眉だな絶対に。(見たいぞ)



赤西のシンクロっぷりが凄まじいですね「Helpless Night」。
亀梨と歌ってても「声似てんなー」と思うこと有りますけど、クリケイさんと歌ってもそう思わせられるってのは、結構凄いよな、と。

ほんとここまで似てると思わなかったよ。似てるっていうか融合に近いのかな。溶かしたような混じり具合だわ。


あんまりにも声がシンクロし過ぎてて男女デュオって点での面白みには欠けてるかなという印象も無くはないんですが、そこは「赤西の声が一番映えるキーがそこだとプロデューサーが判断した」&「赤西の高音のアピール・タイム」と解釈してOK?(笑)


あと、やっぱクリケイさんが普段歌で勝負してらっしゃる方なので当然自分の歌唱スタイルを持ってる訳ですが、赤西も負けないくらいそういうの持ってるよな、と感じる。
同じメロ歌っててもやっぱ印象違うから。
本業の人と一緒に歌ってるからか、いつも以上にそれを感じます。


赤西はなんでこんなに切ない歌い方するのか。すっげ好きですけどね、こういう歌い方。
艶があるってのもそうだけど、なんか水分含有量多そうな感じする(意味不明)。


これは特典ディスクだっけてのがほんともったいないと思うけど、事務所の壁を越えただけでも大きな進歩だわねーー(・∀・)
よくやった赤西!

でもなんか赤西が参加してることに関しては情報の出し方にかなり制限がかかってる感じ?ネットで色々アルバムの宣伝記事出てますが、KAT-TUNて文字や赤西って表記が削除されてるとか、記事内容に修正がかかってたりとかしてるらしいから。

変な話、ジャニタレが外部アーティストのアルバムに本格的にゲスト参加したってだけでそれなりに話題に出来そうですけど、そういう話があまり大きく出てこないあたりを見るとJ事務所側が色々と五月蝿いんだろうなぁ。


CDって業界関係者や他のアーティストさんにサンプル盤が配布されたりしますけど、このCDはKAT-TUNで出す時とはまた違ったジャンルにもサンプルが行きそうなので、そういうところからも赤西の声が広まってくれたら嬉しいなーーー!!!


春馬君、新ドラマ&CM


っちゅー訳で春馬君の新ドラマ、日テレ・土21時で決定ですよ!!!

仮タイトルが「サムライ・セブンティーン」らしく、日テレのHPによると

普段は何事にも見て見ぬフリをしてしまう“草食系”男子高校生が
イザという時には“サムライ”に変身して、世の中の理不尽な事に
立ち向かう痛快エンターテインメントドラマです。



とのこと。



・・・・・何 そ れ(´Д`;)

ドラマが決まったのはすっげー嬉しいんですけど、タイトルとあらすじを見ると何とも言えない感情に襲われます(苦笑)。
タイトルはもうちょっと格好良くなってくれるものと予想しますが・・・。

でもサムライと付くくらいだから殺陣を披露してくれたりしちゃうのかしらー(ドキドキ)。やって欲しいなぁ。
舞台ですごくキビキビした殺陣だったからテレビでもどーん!とかましてくれ。


んで、CMも2本放送開始。
もう見た人も多いんじゃないかと思いますがCASIOの『EXILIM』とUNOの『FOG BAR』ですね。

EXILIMのCMとメイキングはコチラで見れます→「ダイナミックフォト広場」

FOG BARは春馬君の他に瑛太氏、妻夫木氏、小栗氏の計4人が出演していて、複数パターン有り。公式HPで見れます→「FOG BAR」
会見の様子がこちら→時事通信提供動画



EXILIMのCMがかーなーりー良い感じ~。綺麗な子だねぇ、本当に。清涼感あふれる男の子だわ。このCM、台詞の抑揚の付け方がブラマンやってた頃よりもいい具合になってる気がする。
年齢的にまだまだ声が低くなっていくんだろうし、先が楽しみ~。

FOG BARはお兄さん達に囲まれて(笑)可愛い感じ。同時期CMで、綺麗な春馬君と可愛い春馬君にうまく分かれたなぁ。

満足満足。


録画番組消化

写真集を受け取ってきました。箱から取り出しましたがまだシュリンクで包んだ状態です。
思ってたよりも装丁がしっかりしてるし重い!
値段的にソフトカバーの本だと思ってたんですけどね。部数刷れるジャニ関連本の強みだよなー。

今更ですけど、10月23日に出る【重力ピエロ】DVDの初回盤特典にあの「Sometimes-B.C-」のPVも付くって知ってニヤニヤです。(商品自体は8月上旬に予約済み)

重力ピエロ 特別版 [DVD]重力ピエロ 特別版 [DVD]
(2009/10/23)
加瀬亮岡田将生

商品詳細を見る




本日はHDDの中身を整理しつつ、録画しっぱなしだった映像を見ました。
見たのは「VS嵐」「20世紀少年 第1章」「20世紀少年 第2章」。


「VS嵐」はもうだいぶ前(春頃)に放送した2時間SPのですね。なぜか録ってありました。
芸人、アナウンサー、アスリート、嵐の4チームで戦うってやつです。

「武田カンピュータ」が凄過ぎる(笑)。
二宮君、一回り以上年齢が上の武田氏のことは「タケちゃん」って呼ぶのにメンバーの櫻井君のことは「翔さん」って呼ぶんだ(笑)。
あまり年齢の変わらないメンバーのことをさん付けで呼ぶ光景と言うのは個人的に新鮮です(普段見てるグループがグループなだけに/笑)。

てか、今ちょっと嵐のメンバーのプロフィール見てみたんですけど、相葉君(AB型)以外全員A型なんですねー(@Д@)
確かカツンってA型一人もいないんだよね?
うーん、血液型にこだわるタイプではないけど、なかなか面白いデータだ(笑)。ちなみに管理人はAB型。


「20世紀少年」がかなり面白かった!
子供時代役の子達がみんな似てて感心したわー。「ケンヂ」の子役とか目がそっくり。
ちょっと展開やCGに難点は有るけど(2章は劇場版より相当短縮されてるって影響も有ると思う)、最終章観に行きたいなぁ、コレ。
なんとなくトモダチの見当はついてますが、当たってるかな?

トヨエツ渋カッコ良くて胸きゅんなんですけどーーー(´Д`*)
管理人昔から「大人の男」って空気が感じられる人がタイプなのですよ。中学生時代から好きなタイプの芸能人に「渡部篤郎」とか「大沢たかお」とか答えてた人間ですw
なので周りの女の子と全然話が合わなかった(笑)

赤西も春馬君も岡田将生君も好きだけど、いわゆる「抱かれたい男」的なものとかでは全くないんですよね~。
30才以下の男に異性としての魅力を感じたことが殆ど無いわ(・∀・)

おおっと、話が逸れた・・・。

地元の映画館の上映スケジュールを調べたら1日に2スクリーン使って8回も上映してるんで時間を合わせ易そう。

「サブウェイ 123」も見たいなぁ。30年くらい前の映画をリメイクしたサスペンスもので面白そう。ちなみに赤西が好きだと言ってたデンゼル・ワシントンが出演してますコレ。
この前舞台挨拶とPRの為に来日してましたね、彼。


さて、写真集見るかな・・・。




拍手レス

「【BANDAGE】公開日」「拍手レス」「Aマニュアル、その他ジャニーズ事。」「【硫黄島からの手紙】/【ザ・バンク】」「残酷な天使のテーゼ~赤西Ver~」への拍手ありがとうございました!




子供の学力低下は問題かもしれんけど、大人の学習能力の無さも結構悲惨だよね、と思った8月31日。

明日セブンにKAT-TUN写真集が届くみたいなので取りに行ってきます。


以下、拍手レス。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。