トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2009年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年01月
ARCHIVE ≫ 2010年01月
      
≪ 前月 |  2010年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

KAT-TUN『D-MOTION』初披露@Mステ




のわあああああああああああ!!!


やっぱりお前らカッコいいやんかーーー(´Д`*)



っちゅー感じで久々にテレビ出演でガツンときましたね!

何て言うんですか、こう、KAT-TUNの本領発揮みたいな?
キプフェからハマった新参者が偉そうに言うのもアレなんですけどね(・∀・)


やっぱ赤西の出来って全体にかなり影響するよなーと実感もしたしさ。
調子良かったのかな?楽曲のベクトルが元々赤西が得意とするものってのも有るからなのか、水を得た魚って感じで(笑)。
(年末のMステSPとか何だったんだよアレ)

そーだよー、あの「余裕綽々でっせ」みたいな空気出してこそTHE・パフォーマー赤西だよー(こんなにべた褒めすんの久々な気がする・笑)

しかしビジュアルがLANDSのナツと変わらんってのはどうかと(爆)。あのグラサン+ポニテがMyブームなんすか?


赤西だけじゃなくてKAT-TUN全体に生意気な悪ガキみたいな空気があって、見てて気持ちいいっすねああいうの。
好きだー!!!

こういう曲にもきっちり中丸のボイパ入れてくるんだなぁ(笑)。
田中もこういう曲が得意分野って感じで「自然」なんだよなー雰囲気とかが。お決まりのラップパートいれてないけど存在感十分だわ。


んでやっぱ仁亀の空気って良いよなぁって思う。

仲良しどうこうっていうんじゃなくて、2TOPって意味で(むしろ個人的にはこの2人が仮に犬猿の仲だったとしても構わんのです)。

ステージ上でのああいう確かな関係性って素敵です。


コレ、CD発売いつでしたっけ(オイオイ)。
なんか今回は完全3種商法みたいで。発売日覚えてないのにそれだけは知ってるっていう(笑)

全部揃えるのに4500円とか無いわーやめて欲しいわー

CDジャケットは今回は結構良い感じです。顔ジャケでもこれはOKな部類です。


スポンサーサイト

既に置いてきぼり&事故のこと

「LANDSのLAST LIVEは」「『Twisted Maple Trees』=音楽的エクスタシー」への拍手ありがとうございました!




BANDAGEを撮影したのがどこのライヴハウスだ的なワードで検索かけてきた方がいたので一応書いておきますが、クランクインした日に使用したライヴハウスは横浜BAY HALLです。
ちなみにその日に歌ってたのは「Olympos」。


BANDAGEの中継舞台挨拶はいつの間にか申込期間が終わってましたw
ちょっと油断するとすぐに置いていかれるのでもはや諦めの境地(笑)。

正直今はそこまでBANDAGE関係にばかり時間と注意力とお金を割いていられないのでねー。
下手に「なるべく追わなきゃ!」みたいに気負うとストレスフルだと分かったのでメディア関係はだいぶアバウトですわ。
雑誌に関しては本当に欲しいヤツは後からいくらでも手に入るので焦る必要も無いしなーって。

映画は明日こそ観に行ける予定っす。


話しは変わって、昨日、生まれて初めて追突事故に遭いました。家族4人で車に乗って普通に信号待ちしてたら後ろから軽自動車にガツンと突っ込まれて。

完全に相手の脇見運転。
相手の車がさほど速度が出ていなかったので幸い車体後部が多少凹んだくらいで、幸いにも家族4人とも身体的被害はありませんでした(と言ってもやはり衝撃は相応のモノでしたが)。

で、この相手ドライバー(50代くらいの女性)、脇見運転とか関係無しに運転技術が壊滅的。

事故現場から車で2分~3分のとこにある交番一緒に行って事故があった事を報告し、再度事故現場に戻ったんですが、この時Uターンをしなきゃいけなかったんですね。

特に道が狭い訳でも交通量が多い訳でもない普通の道路なのに、女性ドライバーがうまくUターン出来ないんですよ。

事故後で動揺してたというのを差し引いても「おいおいおい」っていう感じの。
うまくハンドル切れなくて2車線道路の真ん中で車線に対して直角な位置で止まっちゃったりしてて、Uターンし終わるまで普通に通行してた車数台が待ってるような状態。

ゴールド免許だったことから考えても明らかにペーパードライバー。

前々から思ってる事だけど、運転免許は2年にいっぺんくらいの実技試験を義務にしようよ。
そこで不合格なら剥奪か、せめて仮免状態に戻すくらいのことしないと・・・。

簡単なUターンも出来ない人が鉄の塊を数十キロの速度で走らせてるとか怖過ぎるって。

女性ドライバーの車には小さい子供が乗ってたけど特に怪我はなかったみたいで良かった(加害者側の車にも追突の衝撃はあっただろうからね)。


事後処理は1時間くらいで終わったかな。とにかく誰も怪我しなかったのは不幸中の幸いでした。

でもああいうペーパードライバーは少なくないんだろうなぁ・・・。

1月16日『DEVILOCK ENDO PRESENTS GOOSEBUMP(the HIATUS 他)』@クラブチッタ川崎

the HIATUSのカテゴリそのうち作ろうと思います。

はてさて行ってきました。新年一発目のライブ。

『DEVILOCK ENDO PRESENTS GOOSEBUMP』@クラブチッタ川崎

出演はthe HIATUS、DJ ENDO、OGRE YOU ASSHOLEの3組。

20100117001633


個人的にチッタは3度目。確か06年の夏以来3年半(!)振り。
川崎駅から近くてロッカーが多いのは素晴しいんですけど、完全に動線を無視した内部設計のライヴハウスです。

一応イベント形式ではあるんですけど、どっちかつーと対バンに近かったのかも。DJプレイは機材転換の時だけでしたし。

OGRE YOU ASSHOLE、結局予習はせずに臨みました。ボーカルの独特の高音ボイスで、ピロピロした音が色んな曲で鳴ってるんですよね(何だこのアホみたいな表現)。
正直最初の曲でそのピロピロ音を聴いたときは一瞬「ドラ◯もん」のOPテーマが頭を過った。
歌も演奏も安定してて、曲の展開が面白いなーと。

DJしつつ機材転換しつつでお次がthe HIATUS!

フロントエリアは常に圧迫祭りっぽいし、DVD見てても凄い事になってるしなので、初ハイエイタスは大人しめに様子を見てみようと思い3柵目の上手寄り最前で柵によっかかるカタチでスタンバイ。
しかし男が多いから周りの平均身長高くて、おまけにチッタはフロアに段差もないからステージがよく見えねぇ orz
赤ブリみたいに段差有るとチビ的には嬉しいんだよなー。

んでライヴ始まったらやっぱ前方はダイブや何やら凄かったんだけど、ぶっちゃけ「あれくらいならイけるかも」と思った(ホントかよ)。眼鏡かけてるからそこだけはちと不安だけど、今度は前に突っ込もうかな。


ライヴはものっっっっそい良かったです。
今まで見て来た色んなライヴの中でもトップクラスに良かった!!あぁ幸せだ。

まさかの『The Flare』始まり!
うおおおおいきなりソレかい!!って感じでテンションMAX。

とにかく細美さんの声が絶好調だったのか、終始凄く通ってて感動した。音程アレンジも色んな曲であったし、「これぞライヴだーーー」みたいなね。

んで細美さんがめっちゃくちゃ楽しそうに歌ってるんですよ。
表情だけじゃなくて全身から「歌うのが楽しくて楽しくてしかたないっす」オーラが出てて、あの姿見ただけでこっちが嬉しくなるくらいの。

聴きたかった『Antibiotic』もちゃんと聴けました!が、この曲あたりからキンキンする高音が耳に入って来てちょっと聴きづらかった・・・。2~3曲でキンキン音はおさまりましたけど。音響トラブルか機材トラブルかよく分からんです。

『Centipede』はサビから入るアレンジになってました。カッコイイ。

管理人の位置と身長的に、ウエノさんと堀江さんと柏倉さんが全く見えなかった orz
ウエノさんがたまに前に出て来たりして煽った時は見えましたが。

柏倉さんのドラムさばきはちゃんと見たかったなー。ライヴ行った以上少しくらいは見たいっす!

音はちゃんと聞こえてましたけどね。リズム隊の安定感は素晴しいと思います。

『Twisted~』もすっごい良かったー。歌い出しのところで細美さんちょっと微笑んでた?歌詞的には決して楽しい歌じゃないけど、なんか優しい表情してた気がする。
アウトロはガンガン自分の中に迫ってくるし、頭振ったりのけぞったりしながらギター弾いてるmasaさんも異常にカッコいいしで満足じゃーーーーー!!!!

あ、masaさんがモヒカンになってました。ウエノさんさんと細美さんで片サイドずつバリカンで刈ったらしいです(笑)。モヒカンと言っても髪をおっ立ててるんじゃなくてセンターの髪をワックスでまとめてる感じ。個人的に凄いカッコイイと思う。

アンコールの『Little Odyssey』はDVDより遥かに表現力豊かで綺麗でした。歌い終わった後のブレスまで綺麗だよ。身振り手振りも多くなってた。

ラストの『Insomnia』はもう頭ガンガンに振ってきました(・∀・)
大好きですこの曲。
サビ後の本来『Just keep up the prayer ~』と歌う部分でもう一度『I'm not the one you want~』のフレーズを歌ってて、それが酷く印象的。


思ってたより細美さんのMCが少なかったです(笑)。
「みんな動物的でいいねー」とか、「お前らが海とか風とかと同じように自然に見える」とか。「自分でも言いたい事上手く纏まんないけど」って言ってましたが、何となく伝わりますよー。

あと、MC中に男性客がステージに向かって「もっと来いよ!」と叫んだら細美さんが笑いながら「お前ももっと来いよ」と即答。スゲーな(笑)。

アンコ終わって捌ける時に細美さんマイクレスででっっかい声で「ありがとうございました!」と言ってて、いやいやこちらこそ!な気分。

the HIATUSは今月末から合宿に入るみたい。アルバム楽しみだわーーー(´Д`*)

次のツアーで、チケットが取れればどこにでも遠征しそうな自分が容易に想像出来て怖いです(笑)。
ライヴ見ちゃったらもうスコーン!!と墜ちますねこのバンド。恐ろしやー。

以下、拾い物のセトリ。

The Flare
Storm Racers
Ghost In The Rain
Lone Train Running
Antibiotic
堕天
Centipede
Silver Birch
ユニコーン
紺碧の夜に
Twisted Maple Trees

EN
Little Odyssey
Insomnia


グッズはストラップだけ買おうと思ってたんですが、あまりにライヴが良かったんで買うつもりの無かったタオルとステッカーも買いました(笑)。

20100117001625


リダイヤルで間違えてオカンの携帯にかけたりね

赤西ソロコンの一般発売日だった訳ですが、2時間近く粘るも見事撃沈 orz

空売りかと思いきや取れた人もいるっぽいですよね。
のわあぁぁぁーー!!羨ましかーーー!!

バンデイジもとうとう公開っすね!!
月曜の試験が終わったら見に行こうかと思ってます。


今から新年一発目のライヴ行ってきまー。

『Twisted Maple trees』=音楽的エクスタシー

BANDAGEのオールナイトは聴いてません。なぜならAMラジオが聴けない環境だから(つД`)
あとでレポ探そう・・・。

本日いよいよDEVILOCK@チッタですー。

初the HIATUSなので超ドキドキです。『Insomnia』と『Antibiotic』と『Twisted Maple Trees』は絶対に聴きたいのです。

1stアルバムの中だと『The Flare』がかなり人気みたいで、わざわざプロモ作ってるくらいなのでバンド側的にも一押しなんでしょうけど、個人的には今のところ『Twisted Maple Trees』が断然好きなのです。

DVDでしか見た事ないですけど、ライヴverだと尚良し。

んで、細美さんが以前MC中に『Twisted~』を歌うのは自分にとって射精みたいなものと言ったらしいんですけど、その表現凄く分かるなぁっていう。
その発言って単なる下ネタではなくて、ホントにそういう「音楽的なエクスタシー」のある曲だからだと思うんですよね。

その証拠に(?)DVDでこの曲のアウトロ弾き終わった時の細美さん、一瞬凄い恍惚とした表情なんですよ。両瞼閉じて、唇は薄く開いてて。
あれは見るたびにドキッとしますマジで。

『Twisted~』を聴いた時にそういう「絶頂感」という単語が頭に浮かんでて、なんかDVDの細美さんの表情見たりとか、MCの発言とか知って「ああ、やっぱそうなんだ」と思った次第。

悲痛で綺麗で壮絶な曲です。一段と感情的になる“Should I Regret the color of my dress”からが凄い「怒濤」。

聴いてるこっちがアレだけ「クる」んだから、歌ってる本人はもっと凄いんだろうなぁ・・・。


音楽的エクスタシーといえば『Antibiotic』のPVも細美さんがそこはかとなくエロイ雰囲気なので、この曲も細美さんにとってはそうなのかなー、とか。(CDの声も色っぽいんですけどね)

特にアウトロでシンセいじってる時の挙動がね、音に陶然としてる感じで良い。
PV自体凄くアングラな雰囲気あって素敵です。逆光でメンバーの姿が陰になってる画とか凄くいいっす。

ピアノが凄く綺麗な1曲。

YouTubeにレコ社の公式ページとしてPVアップされとるので貼っておきます。色んな人に聴いて欲しいなー。

『Antibiotic』




PCで表示されない人はコチラからドゾ。
http://www.youtube.com/watch?v=B-18-xRdahc

BANDAGE【Olympos】買った



ブックレット見たら収録曲の9曲中4曲がキタダマキ氏(ex Syrup16g)によるベースでした・・・びっくりー。


以前、YoutubeにアップされてたMステ出演時のBANDAGEの動画に「もしかしてベース弾いてるのキタダか?」的なコメントが付いてましたけど、マジでキタダ氏だったっぽいですね。
(CDだとBANDAGEのベースは前田啓介氏ですが)


さっそくPCに取り込みましたが、明後日のイベントに向けてハイエイタスをヘビロテ中なので感想は後日。


六本木での試写会は普通に落選です(・∀・)

グータンヌーボの放送日が昨日だった事をすっかり忘れてて「ぬわーーー!!」って感じです。放送してた時間帯は居酒屋で友人と色々と語らってました。
他の番組は忘れないように気をつけよう・・・。

「ぬわーー」といえば今日のフレンドパークにチーム【ブラッディ・マンデイ】が出てたんですねー。居間に降りたらオカンと妹が見ててその時知りました。もうダーツを残すのみの時間でしたけど。
相変わらず春馬君はさわやかイケメンでしたし吉瀬さんは清潔な色気が健在でございました。目の保養~。

【ブラック会社に勤めているんだが、もう俺は限界かも知れない】を見て来た

友人と見てきました。

予想以上に面白かったです。

いじめが原因で高校を中退したニートのマ男くんが、プログラマの国家資格を取って就職活動をするも長年にわたる「ニート」という期間があったせいでことごとく不採用。

ようやく採用された会社は「ブラック企業」だった・・・。みたいな下地で展開される映画です。

2ちゃんスレ発祥の映画ですけど、長くもなく短くもない時間でうまくコメディタッチで纏まりつつ、考えさせられるシリアスシーンもありで。

んでもって役者さんも誰一人浮いてなかったし、エンドロール後に流れる「ラストシーン」まで含めて非常に良かったです。(この映画はエンドロールが始まっても席を立ってはいけませんよー)

最初は小池君が主演と言う事で「どうなんだろうなー」なんて失礼ながら思いましたが、(多少小綺麗な感はあるものの)いい演技でした。


思わぬ「当たり」作品

しかし就活中に見る映画ではなかったかも知れん(笑)。



フランツ・カフカの名作「変身」が森山未來君主演で舞台化されます。

めっちゃくちゃ見たいですんけどコレ。
日本で上映されるのは18年振りらしいですよ(その時の主演は宮本亜門氏)。

ぴあのインタビュー写真が可愛い。

「変身」は中学時代に一度挑戦するも意味が分からず途中で挫折したので再チャレンジしようかな。(コクトーの「恐るべき子供たち」や三島の「金閣寺」も挫折したなそういえば)

ただ、妹役が穂のか氏というのが何だかなぁ・・・・。単なる「七光り」ではないことを期待しますが。

kyoさんがReal faceを歌ったって



今知ったよ(笑)!!

なんかほんとカオスだなJACK IN THE BOXw

ちなみにセッションCでやったらしくて面子が以下の通り

Vocal:kyo(BUG/D’ERLANGER)
Guitar:ミヤ(ムック)
Guitar:弐(ギルガメッシュ)
Bass:研次郎(cali≠gari)
Drum:Sakura(S.O.A.P.)
Key:都啓一(SOPHIA)

この面子でリアフェって一体誰が「やろう」って言い出したんだ。リアフェやるまでの経緯が一番気になるよ(笑)。音人あたりのインタビューで明らかにされるかしらw

ドラム3人でのセッションもやったのか・・・見てみたかったな。逹瑯のBUCK-TICKもいいなぁ。マオはエグザイル歌ったんかい。

(でも何故だか毎回JACKには触手が伸びないんだよねー)


さて明日舞台を見に行って、明後日友人と映画見に行って、土曜は川崎でのイベント(DEVILOCK)に行ってきます。
就活してる人間のスケジュールとは思えない(我ながら)。
元々舞台のチケットは夏に取ってあったんですが、そこにデビロックが加わり、友人からの誘いも重なり、みたいな感じです。

吉祥寺でのオールナイトDJイベントに細美さんとテナーのホリエさんが出ましたが(ホント仲がよろしいんですねこの2人)、さすがにこれには参加せず(当日券目当てに並ぶ気力もなければ、オール後に10時からバイトするのもキツいっていう)。

そういえば昨年あたりから何かと音楽誌や音楽系サイトで見かけることの多かったFactですが、聴いてみたらかなり良いです。You tubeにレコ社の公式ページがあったんでそこからぺたりと「A Fact Of Life」貼っておきますわ。



一部PCと携帯では見れないと思うんで一応URLも。

http://www.youtube.com/watch?v=MXHF3FbJIgA&feature=PlayList&p=40B620E457A2C6A2&index=0

LANDSのLAST LIVEは

AXでやるんだねー。あ、管理人のポストには当然のごとくハガキ届いておりません。
(しかし2月のソロライヴに外れたとき程の脱力感が無いのはやっぱ音楽的に自分の好みに合わないからなのか)

1回で1400人ってことはちょいと余裕を持たせた感じですか。
んでオクに既に出されてる(苦笑)ハガキ見てみたらブロックごとのスタンディング形式って書いてあって「はて、ブロックごと?」と思ったんですけど。
元々柵でゆるーく区切られてはいますけど、それとは別に「囲い」のようなものを作るってことなんかな?

出来れば映画がDVD化した時の特典ディスクとかに収録して欲しいっすね(気が早い)。


だいぶ前にアルバムのジャケットも公開されましたが、相変わらずバンド感ゼロで笑ってしまったよ。
ジャケットの赤西の写真は非常に良くて気に入ってはいるんですけどねー。


なんだかんだでもう公開まで1週間切ったんだなぁ・・・。
公開初日の六本木の舞台挨拶、webで申し込みはしましたが当たる気がしないじぇー orz
競争率考えるのも疲れるのでもう当たったら何かの間違いだくらいに思う事にします(笑)。

あ、そういえば関連グッズのことですけど、なんでウチワ(苦笑)。
他は良い感じにバンドのツアーグッズっぽいのに。まさかAXのライヴであれ使ったりするのか。

ストラップくらいは記念に買おうかなー(・∀・)

今更の。

「ベストアー&Mステ・2009」への拍手ありがとうございました!




明けましておめでとうございます。(遅)

例年通り正月休みなんぞ無いに等しい状態で1年をスタートしました。昨日あたりは少し落ち着いた感じ。
録ってあったカウントダウンとスマスマ今日のうちに見ようと思います。


昨日といえば初めて細美さんのラジオ聴いたんですけど、どうも「夏前に新譜、その後にツアー」という大雑把なスケジュールはあるそうで。現在製作モードに突入してて「俺コックピット2」も作ったみたいです。
「Insomnia」がホントに良かったので新譜楽しみだなぁー。

16日のチッタの出演者が更新されてて「OGRE YOU ASSHOLE」と出てました。名前を聴いた事があるって程度なのですが、予習していこうかそのまま何も知らない真っさらな状態で見ようか。


んで、ハイエイタスにハマったその流れで初めてエルレもまともに聴きました。ホントすっげー今更な感じですけど。

何のアルバムから買っていいかよく分からんので、無難に(?)ベストを購入。
21曲入りで2500円という値段(定価ですよ)。アマゾンだと更に安くて2000円。いいのかこの値段で。

ハイエイタスと共にこっちもヘビロテ中ですわ。ちょっとザラザラしたサウンドとか凄く好みだー。
んでもって細美さんの声とメロがやっぱいいよなぁ。
何でもっと早く聴かなかったのか自分・・・。

高校時代、同級生が「エルレ良いよー」って言ってくれてたにもかかわらず「へぇーそうなんだ」って言って受け流してた orz


このアルバムの中だけでも細美さんの発音の変化とかが割りと面白かったりして。

素人耳にも彼の発音が日本人離れしているってのは分かるんですけど、エルレ初期の頃と今とじゃ結構違う気がする。
しかしホント「後天的に英語を身につけた」人とは思えないよねこの人。

この音楽における「発音」に関しては赤西とかを見てても(聴いてても?)多少思うところがあるので、いずれ書きたいけど、書けるかな(知らんがな)。


エルレ聴いて改めて思うけど、日本語詞の曲にたまに若干違和感あって何でだろうなーと。
「音」としての日本語がうまくメロディに噛み合ってない気がするというか。

日本人が不慣れな英語詞を無理矢理使った曲を聴いた時に感じる違和感を、細美さんの日本語詞に感じる(笑)。

たまにレヴューとかで「細美さんはちゃんと“英語脳”で英詞を書いてるから曲に乗せた時に違和感が無い」というのを見かけるんですね。
管理人は英語堪能な人間ではないので英語脳の何たるかはよく分からんのですが、もしかしたらその“英語脳”のまま日本語の歌詞も書いてんのかな?と。だからちょっと不自然なのかな?と。

英語堪能な方がいたら教えて下さい(笑)。


ELLEGARDEN BEST(1999~2008)ELLEGARDEN BEST(1999~2008)
(2008/07/02)
ELLEGARDEN

商品詳細を見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。