トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2016年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年03月
ARCHIVE ≫ 2016年03月
      
≪ 前月 |  2016年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

【ドラマ】『臨床犯罪学者 火村英生の推理』について


<神は細部に宿る>という話

をちょっとしたい。


2016年1月期ドラマとして放送された『臨床犯罪学者 火村英生の推理』が昨夜最終回を迎えたよ。

一部のミステリ好きにはもはや説明不要の超人気シリーズとして知られている「作家アリスシリーズ」(もしくは火村シリーズ)が原作のあれ。

「作家アリスシリーズ」については10年以上前に何作か読んだっていう程度で(しかも細かいトリックとかもはや朧げだし)強い思い入れなどが無い分、原作どうこうをあまり気にせず割り切った頭で見れるかな〜とか思いながら視聴し始めた訳です。

で、原作と比較してどうこう以前にあまりにも脚本がお粗末すぎてミステリドラマとして成立してないだろこれって唖然としながらも斉藤火村と窪田アリスの衝撃的な萌えっぷりに撃沈し、まんまと最終話までリアルタイム視聴をした次第

何だろうこの敗北感。


というかそもそも私は「連ドラ」なるものを最後まで見続けた経験がほぼない。視聴完走した作品なんて人生でも多分片手で十分なレベル。
スポーツみたいにライブ性が重要な訳でもないのに毎週同じ時間にテレビの前にいなきゃダメとか無理ぽだし、録画したらしたで見ないまま放置しちゃうようなモノグサなのですわ。

そんな私に最後まで見させた斉藤工版<火村英生>と窪田正孝版<有栖川有栖>の萌えたるや。


「萌えの暴力」に1ランドKOされたというしょうもない動機で最終話まで見たんです。
で、最終話までみたからこそ言いたいことが腐るほどある。

(長い前置き)


言いたいことを一言に集約するなら『脚本もっと練って下さい(血の涙)』に尽きる。

以下、その一言の中に込めた感想と要求をひたすら書きなぐるでござる。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。