トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ KAT-TUN番協レポもどき@HEY!HEY!HEY!TOPLIVE・イベント(K-T) ≫ KAT-TUN番協レポもどき@HEY!HEY!HEY!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

KAT-TUN番協レポもどき@HEY!HEY!HEY!

ちょっと遅れた話題ですが『LIPS』のPVが解禁ですね。番協前に某つべでニュース映像を見ましたがなかなか良い感じな映像に仕上がってそうですね!
亀梨のばっちりアイメイクが似合いすぎててびっくり~。どこのビズアル系ですか、みたいな。
どーせなら赤西もやってしまえば良いのに、と思いました。
ちなみにまだ予約してません。地元のCD屋は未だに『Keep~』の初回盤売ってますから、多分予約しなくても買えるだろうなと思います。


あのですね、KAT-TUNの番協に当選したっていう記事を書いてからのアクセス数が凄い事になってるんですよ。普段の平均アクセス数の20倍くらい。いやー、凄いね。
そんな訳でHEY!HEY!HEY!の番協に行ってきましたよー。
中丸曰く「15000人の中から選ばれた300人」。倍率50倍ってことですね。よく当選したなこんなの、と他人事のように。
レポというよりは個人的な備忘録要素が強いです。一切期待をせずにドーゾ!!




前日のファミクラでのチケット引き換え時に行われる事になっていた【応援練習】なるものは、事実上無いに等しかったです。収録に関する簡単な説明と指示が有っただけです。
スタッフからの指示を要約すると、

☆イントロと間奏と、曲の終わりにとにかく「キャーキャー」言ってくれ
☆振りを各自で考えて来てくれ
☆棒立ちはNG。元気よく

といった感じでした。多分、振りを考えた人なんてほとんどいなかったと思われる。あんな縦ノリ必至の曲で「振り」とか言われてもなぁ、という感じ。むしろヘドバンしたいくらいだ(笑)。
「スニーカー以外の靴や、過度に露出する服はNG」という注意も有りました。


集合時刻(19:00)10分前にフジテレビ湾岸スタジオに到着。
身分確認やらなんやらでずーっと建物の外に並ばされ、室内に入れたのはなんと集合時刻から約1時間後。ふざけてんのかっていうね。
終始、番協参加者の扱いが悪かったし、収録始まるまでの流れもグダグダ。ホント勘弁して下さい。

20:30頃にようやく収録の説明が行われる。
☆スタンディング形式なので、安全の為に自分が配置された場所からは絶対に動かない!
☆イスが無いから凄く近い。近いからこそちゃんとルールを守ろう!
☆本番の時は曲が流れ出す前に「カッカッカッ」という合図があるので、その合図が終わった後に思いっきり黄色い声を出して下さい!

簡単にまとめればそんな内容の話し。「黄色い声」って限定されたのでちょっと困った(笑)。ふだんライブとかで黄色い声を出さないんで。

いざ収録スタジオ内へ。整理番号順にどんどん配置されてくんですが、私は番号的に中間あたりだったんで、前方とも後方とも言い難い位置の上手側に配置されました。
スタンディングの場合はヘタに前に行くよりは後ろに下がった方が(視界的にも人口密度的にも)断然見やすいので、後ろに行きたかったんですが、配置された場所から動くなと言われている以上勝手に下がる訳に行かず。
本番前にちょっとした予行練習をして、本番スタート。

撮影用に『LIPS』、番恊さんだけに『Keep the faith』&ちょっとしたトークという内容でした。

背が低い上に配置された場所が場所だったんで、あんまりステージが見えない(死ーん)。でもちょこちょこ隙間から頑張って見てました。

亀梨はハット無し。PVばりのがっつりアイメイクを3%くらい期待してましたがやはりダメでした(当たり前だ)。ドラマで鍛えたからか、細身だけどけっこうしっかりした体格という印象。赤西はハット有り。でも角度的にあまり見えなかった。
やっぱ生で見るのとテレビで見るのッて違うもんですね。田口が彫刻みたいな顔立ちで驚いた。あの顔は反則だろう。赤西が田口を「カッコいい」という理由がわかった気がした。
田中は普通にカッコいい。ずっと金髪ツンツン・ヘアでいて欲しいかも。上田&中丸もあんまし見えなかった。

メンバーのポジショニングが完了してから、「では10秒前ー!」というスタッフさんの声とともに照明暗転。例の「カッカッカッ」という合図がなりいざ曲が!!と思ったらハプニング発生。
『LIPS』って最初に亀梨のソロから入るじゃないですか、あそこは本来黙ってなきゃいけないんですが一部の人が「キャー」って言っちゃったんです。
これは多分、事前の説明が悪かったんじゃないかと思うんですよね。前述の通り、「カッカッカッ」という合図のあとに声を出せっていう指示だったから。その通りにして盛り上げようとしたんじゃないかと思うんですが。
で、「あれ?ここって声あるんでしたっけ?」みたいな事を亀梨が言って(言い方が優しかった)、一旦中断。

テイク2へ。
これがOKカットです。押しが強かったりで、ステージほとんど見えなかったですが生声聞けたんで良かったです。やっぱ赤西の声は良い。中丸の声も好きだー。もうみんなして振りとか全然無いですね(笑)。ひたすら跳んで拳突上げる系。

曲が終わった時、あまりにも押しが強くてお客さんが将棋倒しに。コレに関しては後述します。
メンバーが捌けたあと、スタッフからの説教。グチャグチャになってるフロアを「もうすこし後ろに下がってー」とスタッフが整理。

フロアが落ち着いたところでメンバー再入場。

(以下のトークは正確に再現されてる訳では無いので、ニュアンスだけを感じていただければ。)

田中「みんなのおかげで1発で終わりました。ありがとうございます。1回でOKが出たんで、特別にもう1曲歌うか! でもあんまり押したりしないよーにね、危ないから。怪我したら大変だからね」(イントロの失敗はカウントされてないらしい/笑)

ここで『Keep~』を歌ったのが先だったか、トークを続行したのか既に覚えてません(爆)。歌ったのが先だったかなー。

田中「『LIPS』が6日に出る訳ですが~、もう予約した人!」
ほとんどの人が手を挙げてましたね。その後、今後の個々の活動の話題へ。
田中「『寿司王子』の映画が公開されます! 中丸のページもヨロシクね。」
彼はマニュアルで中丸にお返事してましたからねー。ほのぼの。
田中「あと、亀の『1ポンドの福音』もね。シスター・アンジェラ・アキ(笑)」
亀梨「こいつホントにメールで《いいなぁ~、シスター・アンジェラ・アキ》って送ってくんの(笑)」
亀梨が耕作風に「シスター!」と言ってました。言ってすぐに恥ずかしがってましたが(笑)。可愛いなぁ。
赤西「俺、今度の7月4日で24ポンド」
中丸「いや、ポンドは関係ないでしょ(笑)」
亀梨「え?24になんの?」

赤西のボケにすかさず中丸がツッコんでくれてウハウハ(赤西・中丸のタッグが好きです)。
そしてなぜ亀梨は赤西の歳に疑問系の発言だったんだろうか(笑)。

田中(もしかしたら亀だったかも)「お前、今度の7月4日とか言ってるけど、半年後だぞ(笑)」
田中(同上)「えーっと、中丸は今度の9月4日で32歳だっけ?」
中丸「25だよ! ていうか、歳の話しで俺を前に出すのやめろ」

相変わらずいじられる最年長を見るとほのぼのとします。
カツンのこの雰囲気が好きだなーとしみじみ思いました。

『Keep~』を歌ってる時だったかな?中丸が田中の帽子をかぶってました。正直、似合ってなかったけど、そんなとこも良いと思うよ、長老。
そして赤西が「sweety」と言った瞬間にやはり悲鳴に近い歓声があがってました。


うん、そんなこんなで、そろそろ記憶も時間も限界に来ているのでこの辺で終了。上田の記憶が全くないのは多分ほとんど視界に入らなかったからだな。やっぱ後ろで見たかった。
とりあえずアレです、早くライブに行きたいです。中丸のページとか見てるとそろそろやりそうな感じ?
ラルクさんはしばらく動きそうにないんで、ツアーやるなら遠征とかしようかしらとか思ってます。



以下。収録時のマナーについて感じた事を率直に。

偏見かも知れませんが、何となく「スタンディング形式に慣れてない人が多そうだな」とは思ってました。基本的にジャニーズはイス付きの会場でしかやらないんでしょうから。
なので、ある程度の「押し」の酷さは想定してましたが、想定通りというか想定以上というか。
「スタンディング慣れしてない人が多い可能性が高い」ということを考慮しても酷い。
ジャニファンのマナーに関してはあまり良い噂は聞きませんが、「噂通りだな」という感じでした。
撮影直前にあれだけ「危ないから前に押すな、きめられた位置から動くな」と言われたのに、メンバーが登場した瞬間にそこに向かって動くっていうのは、どういうことなんでしょうか。

『LIPS』が終わったとき、番協者の一部が将棋倒しになりました。
もちろんスタンディング形式である以上、多少の押し合いというのは当然ありますが、度が過ぎるとホントに危険なんですよ。
みんなが一斉に同じ方向に詰めたら、その方向にいる人たちがどうなるかくらい言われなくたって分かりそうなモノじゃないですか。
場合に寄っては押されすぎて呼吸困難になる人とかもいるんですよ?
メンバーに群がるようなあの光景はハッキリ言って「醜い」です。

私の近くにも押されて倒された人がいたので、周りの人と一緒に起こしたんです。で、その時にフイっとステージ側を見たらメンバーが心配そうな複雑な顔してて。
一瞬とはいえ、メンバーにあんな顔させてしまったのが本当に残念というか情けないというか恥ずかしいというか。自分がやった訳じゃないのに、何だか居たたまれなくなってしまった。

大好きなタレントやアーティストがあんな近くにいたら興奮するのもわかります。
でも、もうすこし、「今自分が何をしているのか」を冷静に考えて欲しいです。

スポンサーサイト

Comment

編集
>まっつーさん
こんにちは(・∀・)
ホント、ライブは素直に楽しみたいものですよね。ちょっとずつでも改善されていけばいいなぁと思います。

>ちょこさん
初めまして。お褒めの言葉ありがとうございます(ペコリ)。
10回以上行かれてるんですか(゜Д゜) 凄いですね!
私は番協というものが初めてだったんで比較対象がなかったんですが、やはり今回は今までより酷かったんですね・・・。うーん、残念です。
やっぱりお客さん同士でイヤな思いをしたくないし、何よりメンバーには気持ちよく収録して欲しいですよね。

コメントありがとうございました。


2008年01月31日(Thu) 17:33
編集
はじめまして。レポ読ませて頂きました。
すごくしっかり書かれていて感動しました♪

私もこのHEYの番協に参加しておりました。
今までKAT-TUNの番協に10回以上参加しましたが
ここまでひどかったのは今回がはじめてです。
将棋倒し…怖かったですね。
押し合いへし合いで一緒に行った友達とは終わった頃には
だいぶ離れていました。
真ん中のほうにいた方はかなる倒れたりしたみたいで・・・。
1回でもこういうことがあると、ジャニファンは~って言われてしまうのが悲しいです。
1人1人がしっかり自覚を持って参加しないとダメですよね。。
同じくKAT-TUNの悲しそうな顔忘れられません(><)
はじめてあんな顔見ました・・・

せっかく大好きなKAT-TUNに会えたのに、残念な気持ちもありました。
長々と失礼致しました!
2008年01月31日(Thu) 01:03
編集
誤解でしたか~こちらこそ失礼しました(^^;)しかし、「は」の理由はそんな事があったのですね。またライブ行ける時には素直に楽しめるといいですね。お疲れ様でした。
2008年01月30日(Wed) 01:09












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。