トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ おまえなんかN.Y!TOPメディア ≫ おまえなんかN.Y!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

おまえなんかN.Y!

先ほど録画しておいたスシ王子の番宣@香港を見ました。
中丸がひたすら食べてました。ひたすら「うまい」を連発してて可愛かったー。逆ダイエットをしてるようなのでちょうどいいお仕事だったのでは。
ドラマは見た事無いんですが、予告を見る限り色んな意味で凄まじい事になってそうな映画なぁ、と(笑)。
監督が『トリック』などを手がけた堤幸彦氏なんですねー。監督からべた褒めされてました中丸。



そんな中丸がイチゴ狩りに行った記事が載っているはず(中丸のページにそんな話題がありましたよね)のYou&Jの会報が届きました。

が。

中丸のイチゴ狩りはおろかKAT-TUNのKの字も無いっていうオチ。

前回の会報もカツンは載ってなかったですよね?
「ジャニーズのFCは金を払って家畜の気分が味わえる」という格言(?)を見かけた事があるし、正直入会するにあたってチケット獲得以外の目的は無いんですが。

それにしても酷ぇな、オイ。

会報の最後のページの下の方に、「次号はKAT-TUNを特集します」とかいてはありますけどね。丸々カツン特集ってことなのかな?

まずこの合同FCというのがね、非常にアレですよね。
(このシステムを含めて、思うところをちょっと書いてみようかと。見て気分が悪くなる人もいるでしょうから追記にしておきます。)


会報とともにライヴの振り込み用紙と案内が。
まず何が嬉しかったかって、振込手数料が500円ってことですよ(笑)。ドリボの申込手数料が800円というのをどこかで見かけたんで、おんなじなのかと思ってた。
関ジャニのライヴもちょっと行ってみたいなとか思ってるんですけど、資金を工面出来るかどうか・・・。その前に当たるかどうかも分かりませんけど。

大学では周りに結構ジャニーズが好きな子が何人かいるんですけど、私自身「カツン好きー」をカミングアウトしていないんで、当選した暁には1人でいく事になると思われます(笑)。

とりあえず当たってくれ(・∀・)


合同FCにまつわる雑多な思考。

昨年の冬頃にKAT-TUNにハマるまでは基本的にジャニーズに興味が無かったんですが、それでも上で書いた通り、FCの評判の悪さは耳に入ってきてはいたわけです(以前入会していたラルクのFCも大概にお粗末なFCでしたが)。
ただ、あの格言(?)は恐らくFCの対応や会報内容の酷さに視点を置いたものだよな、と思う訳でして(もちろん、そういった評判を頭っから信じたりはしないですけれどね)。

しかしこの「You&J」というFCはそういったモノ以前に、「合同FC」というシステムが非常に厄介だな、と実感してます。

会報の件に関してもそうですが、それ以上に一つの名義で3グループのFCに入っている扱いですから、当然転売目的のチケット申込は増える訳ですよね。
どんなに綺麗事言ったって、そういう事をする人たちは実際にいるわけですから。
FCから届くメールで、ドリボの定価以上のチケット売買に関する文章が有りました。
要約すれば「そういうのは違反だからやめてね」です。

でもそういう形式だけの「お願い」をする前にFC側がやらなきゃいけない事や出来る事なんてたくさんある訳で。それをやらずに「お願い」だけするなんていうのは無責任もいいとこだと思うんです。
FC側がやれる事の一つに、「合同FCを解体する」という事があるはずなんですが、実際には合同のままだと。
で、何でなんだろうな、と当然思います。他のグループはこういう形式じゃないですから。


長らくバンドのファンをやってきた人間にとってジャニーズという事務所の性格、及びジャニーズファンの気質というものにはカルチャーショックを受ける事も少なくないですが、この合同FCというシステムはジャニーズの世界に存在する気質と「特定の意志」の煽りを食らった分かり易い事例だなと思います。

どんなジャンルでも一度内側に入れば、ある程度の構図、諸事情、気質というものがぼんやりと見えてくるもので、やはりこの合同FCに関しても解体しない「理由」が色々な状況証拠から推察出来ます。このFCの発足時期も一つのポイントだろうな、と。
ただ、それがファンからの不評を買ってしまうのでは元も子も無いだろう、というのが率直な意見です。
解体させたくない「理由」を優先するあまり、本末転倒になってしまって悪循環を引き起こしてるようにしか見えないんですよね、このシステム。

いつまで続くんでしょうか。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。