トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 「どちらでも」な赤西@ananTOP赤西仁 ≫ 「どちらでも」な赤西@anan

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「どちらでも」な赤西@anan

毎年恒例企画「好きな男嫌いな男ランキング」に伴い赤西のインタビューが載ってるってことで買ってきましたanan
表紙はV15を達成した木村拓哉氏。

基本、「木村氏と福山氏の2トップは不動で、残りの枠の半数はジャニーズ」ってのがテンプレなランキングではありますが、赤西の順位がちょい意外。

そして何といっても赤西の「抱きたい男」1位ね。
それなりにガタイも良くて(たまに良過ぎる/笑)、「抱かれたい男」2位にランクインしてて、本人も事務所もそういう「母性本能くすぐられちゃうvV」な路線で売ってる訳じゃ無いだろうに、それでもV2を達成ってのはある意味凄い。

ただコレに関しては順位が云々というのは結構二次的なものだったりする訳で、個人的に興味深いのは「抱かれたい男」と「抱きたい男」両方にランクインしてるのが赤西だけっていう部分。

この芸能人が好きーー!という中でも「抱きたい」と「抱かれたい」は、ランクインしてる面子がガラリと変わる所からも分かる通りだいぶベクトルが違うと思うんですが、その両方にいるっていうのがね。
得票数見ると「抱かれたい」が1518票、「抱きたい」が1531票とほぼ同数だったりするし。

「抱きたい男」にも「抱かれたい男」にもなれる

真面目な話、これは赤西の武器の1つだよな、と思います。
(ananのランキングで真面目な話をする事になるとは)
ちなみに管理人はどちらか選べと言われたら断然「抱きたい」派です笑!!


さて肝心のインタビュー。
大きい写真が2枚あり鉄板の白Yシャツ赤西がいらっしゃいます。SEXYという点に関しては本人自覚無しな位置づけは相変わらず。
自分のことを「タレント性がない」と分析してるってのは初耳だなー。

いわゆるテレビタレントやアイドル、引いては社会人として「それはちょっとどうよアンタ」な点というのは多々あると思いますが(笑・・・っていいのかこれ)、本来の意味での「タレント(才能)」ならば十二分にあると思いますよマジで。
赤西が見つけつつある「自分のスタンス」がどんなもんなのかまだよく分かりませんが、そういうのをあまり早く達観しすぎないで欲しいかも(笑)。

『(自分のファンは)見守ってくれるタイプの方が多い気がするし、すごく感謝している』とのこと。
赤西に「見守られてる」という意識や感覚があったのか、っていう。どのへんでそう実感したのかをちょっと聞いてみてほしかったな、これは。
インタビューとは言ってもスペースの都合上、そんなに突っ込んだものじゃなかったのがちょっと残念でした。

写真には満足したんでまぁいいか。

今日はカツカツ未公開だー。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。