トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ あぁ、やっぱり。TOPメディア ≫ あぁ、やっぱり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

あぁ、やっぱり。

カツカツ見ましたー。

常々「意図的な感動系の映像」が苦手だと自覚していましたが、やっぱりダメだった。

特に9.11の映像。

亡くなられた方々の最後の言葉を見ればそりゃ悲しくなるし泣けてくるし、あの状況でも家族や恋人への思いを残したその胸中たるや想像を絶するものがあるんですけれども。

同時にその映像で「泣かせよう」ってな姿勢が露骨に見える事に気分が悪くなるんだわ。


それに、あの飛行機に乗ってた人、全員が全員そういう覚悟の境地で死を迎えたかのか、とかそういうことどうしても考えちゃうし。

怖くて助かりたくて最後まで犯人や状況を恨みながら死んでいった人だっていたんじゃないのかな、みたいなね。


何なんだろうな、取り上げ方の問題なのかな、これは。

一応「愛とは何か」というテーマでやってるセカンドシリーズですが、【一つの愛の形】、【一例】としてああいう最後の言葉を紹介したんであれば、まだ素直に見て自分なりに考えてその心境を昇華させる事も出来たと思うんですけど。

「泣ける映像です!!どうぞ!!」みたいなノリで出されても。

こういう企画はいまだにテレビでも雑誌でも「有効」らしいですが、少なくともカツカツでは2度とやらんでくれよ、と思いました。

うーん・・・この話はこの辺でやめときます。



後半のゲームに関しては明日に書くかも。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。