トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ White X'mas@Mステ1週目TOPメディア ≫ White X'mas@Mステ1週目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

White X'mas@Mステ1週目

ホワクリ・メディアプロモーション第一弾、Mステ!

結局一度も音源を聞かないままテレビ初披露を見ました。

曲の方なんですが、3回しか見てないしテレビ見た後もまだ音源を聞いていないんで、あれこれ書くのはまだ控えとこうかと思います。

第一印象だけを言うなら、「これはタイトル曲というよりはカップリングorアルバム曲がベストポジションじゃないかなー」です。
こういう曲が“アルバム曲”として入ってたらそのアルバムの一定の質が保証されるよねっていう感じの。

パフォーマンスに関してはまだメンバーが歌い込んでなさそうだなー、と(頑張れー)。
あと踊らないカツンってちょっと違和感ある。メンバーみんなしてなんだか手持ち無沙汰な感じに見えたんですけど(笑)。
やっぱ勢いとかダンスでごまかせない分、歌唱の部分での粗とかが気になっちゃいますよね。

それでも亀梨はやっぱり「安定」してると思いました。
田口ソロ『夏の場所』を作曲した人が手がけた方の曲だからか、田口の声がマッチしてるなっていうのも感じました。あの独特の声も気にならないです。

さて、赤西。
相変わらず低音が不安定だなと思いましたが、それでも中音域とあの表情で帳消し+αでした。

赤西はあの歌ってる時の表情込みで「表現者」だと再確認。
表情が饒舌というか。
声だけでも良いけど、あのステージ上での立ち振る舞いとか表情が赤西仁という才能を語る上では外せないですねー。

短い時間、カメラに写るだけでも印象的っつーか、「鮮烈」です。
「赤西仁論・序」でも書きましたが、管理人的には赤西って「マゾヒスティック」なんですけど、この映像もやはり「マゾヒスティック」だったなー、と。
あるいは「センシンティヴ」。

《「抱きたい男」2年連続No1》は伊達じゃないな!!(笑)

ラストのサビ前の間奏の時、手をウエストあたりでポカポカやってリズムを取ってる赤西が非常に可愛らしかったです。

それにしてもみなさん本当にビジュアルが宜しいですよね(・∀・)
赤西って本人は「マイペースにやりたい」って言ってるけど、どっちかってーと忙しい方が良いんじゃなかろうか(笑)?
少々お疲れなのかなとも思いましたが充実してそうな感じに見えました。

そして田口の親御様はとてもファンキーな方なんですね(笑)!!!!


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。