トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ JのMOZAIKU NIGHT (Toshiya篇 )レポ前編TOPLUNA SEA ≫ JのMOZAIKU NIGHT (Toshiya篇 )レポ前編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

JのMOZAIKU NIGHT (Toshiya篇 )レポ前編

新しくLUNA SEAカテゴリ作りました(笑)。


さてさて今更需要が有るかどうか不明ですがJのMOZAIKU NIGHTーToshiya篇ーの文字起こし。あまりにも長いので分割します。


会話文のところの表記ではToshiyaはToと表記してあります。
基本的に話題が変わった時に改行しますが、同じ話題でも長く続く場合はところどころで改行してます。

「」の中にある(笑)系以外の()は管理人の勝手な補足です。

携帯からだと見辛いと思われますがご容赦をー。


追記からドゾ!!




中村さんが少々遅刻(?)されたらしく、本番10秒前にブースに入った模様。番組始まって以来の最短記録だそうで。

中村さん&J曰く「これが生放送の面白いところ」(笑いながら)

中村「それではさっそく今日の1曲目、紹介して下さい!」
J「はい、えー、ついに出ましたね。25日リリース、ニューアルバム。U2ですね。」


U2:《GET ON YOUR BOOTS》♪


中村「今月のテーマは“発見”。自分の性格に関してとか美味しいお店とか。Jさんの発見話も後ほどお聴きしますんで。いっぱい有るでしょ?」
J「そう言われてみるとあんま無いかも知んない(笑)」
中村「(笑)」
J「いやいや、ちょっと探しますよ(笑)」

~メール募集やこの後の番組などの告知が一通り行なわれる~

J「さぁ!それでは」
中村「それでは!」
J「さっそく今夜のゲストのナンバーをまず一曲聴いて下さい!DIR EN GREYで“RED SOILl”」


DIR EN GREY:《RED SOIL》♪


中村「お聴きいただいたのはDIR EN GREYで“RED SOIL”でした」
J「はい!それでは今夜のゲストを早速紹介しましょう。2月4日にDVD【A KNOT OF】をリリースしたDIR EN GREYのベースToshiyaさんです」

(ここで一瞬間が空く)

中村「・・・・(笑)どうもこんばんわ、先に言って下さい!(笑)」
To「あぁ、俺ですね(笑)。いや、初めて“さん”付けされましたね」
中村「あぁ、Jさんから?」
To「はい。」
全員「(笑)」
J「高いよ、これは(笑)」
中村To「大笑」

To「ちょっとビックリですね」
中村「あぁ、“Toshiyaさん”という響きがもう意外でしたか?」
To「ちょっと意外すぎました」
中村「いつもは“Toshiya”って(呼び捨てにされる)?」
To「そうですね」
中村「なるほどー、というわけで来て頂きましたが・・・」

J「耳を澄ませるともう一人このスタジオの中にいそうな気配がしませんか?」
中村「それもかなり大きな・・・体積を占めてる(笑)」
J「お顔がちょっと赤らんでるように見えるんですけれども(笑)」
中村「じゃあその方に自己紹介していただきましょう」

増田「こんばんわー増田サックス(?)です」
全員「(笑)」
J「増田さんも今日は来てくれました」
増田「さっき電話貰って“ちょっと飲みに行きませんか”と。そしたら拉致されました(笑)」

中村「増田さんとToshiyaさんはお付き合いが長い?」
To「そうですね、長いですね」
中村「もうどれくらいになります?」
To「どんくらいですか?(増田さんに確認するように)」
増田「デビュー当時からだよね?」
To「そうですよね・・・最初は俺酷い口の聞き方してましたよね?」
増田「ええ。(超キッパリ)」
全員「爆笑」

中村「それは雑誌のインタビューか何かで?」
増田「そうですね。ホントに、僕にとってのDIR EN GREYとJさんの共通点って、10年間ずっと取材し続けてきたってことだけなので」
中村「おぉ~」
J「嬉しいですね」

増田「そんなに長くやってるアーティストって実は他にいなくて。」
中村「その割にJさんとToshiyaさんが“ふ~ん”って(笑)。もっと喜んだら良いのに(笑)!!」
J「いやいや喜ぶのは俺の、だってそれはだって・・・ゲストだろこれは(?/何やら言いたい事があるらしいが巻き舌調で言うから伝わってこない笑)!!よーし(Toshiyaに)喋らせよ」
To「いやいやいや(笑)」
J「いやいやいや、じゃないよ(笑)」

中村「ユウさんという方からメールが来てます。『J兄のファンというToshiyaさんがきっかけでDIR EN GREYのライヴにも行くようになりました。お互いの初対面のエピソードなど有りましたら是非お願いします』」
J「(中村さんに被せ気味に)何何?Toshiyaが俺を好きでいてくれる、それがきっかけでDIRに行くようになったの?」
中村「そうそうそう」
J「で、逆はいないわけ?」
全員「爆笑」

J「ちょっと待ってそれぇ、DIRのファンって酷くない?(笑)。あ、じゃあちょっと(逆がいたら)メール下さい」
中村「メール下さい(笑)」
J「でも嬉しいですよ」
中村「ですよね。それで、知ったからJさんのもっていうんでライヴにも行かないといけないですよね(笑)」
J「なるほど、素晴しいですねー(笑)」
To「(若干笑いながら)居たたまれないんですけど」
増田「年長者の僻みが出てしまいましたね(笑)」
J「まぁでも自然な流れですよね」

中村「初めて会われたのはいつなんですか?」
To「初めて・・・初めては、でもちゃんと会話をしたのは飲み屋でですよね」
中村「また出た飲み屋(笑)」
To「確かそうだと思うんですよ。それまでは挨拶ぐらいはあったんですけど、お話をしたのは暗いところで・・・」
J「あぁ、俺が・・・・・(JもToも変な沈黙)」
To「(大笑)」
中村「なんだ(笑)?何の“間”だったんだろう」
To「いやぁ・・・まさにMOZAIKU NIGHTな感じで(笑)」

中村「その時の印象は?」
To「その時ですか?いやぁ、“変わんねーなこの人”って思いましたけどね(笑)」
中村「イメージ通り?」
To「イメージ通りというかまぁ、良い意味で期待に応えてくれました(笑)」
中村「どういう意味の期待だったんだろう(笑)」
増田「さっきの沈黙の先に話せないストーリーがありそうですね」
J「いやいや(笑)」

中村「Toshiyaさんのイメージは?」
J「あのね、もの凄くあのぉ・・・何て言うのかな、いつ有っても変わらないテンションでいてくれる・・・子だよね」
中村「可愛い後輩。・・・子?(笑)」
To「(大笑)」
J「(照笑)、なんつったら良いんだか分かんないけどさぁ」
To「(笑)」
中村「なんでそんなちょっと照れたように」
To「すいません、なんかちょっと、気持ち悪いんですけど(笑)」
中村「改めて言われるとね(笑)」

中村「良い関係な感じ?」
J「俺もだから、そう、後輩とか、線引きしてみんなと付き合った事がないんで、うん。」
中村「夢のベーシスと対談という感じだと思うんですけど」
増田「そうですね。雑誌とかでも一回もないですから」
中村「あ、そうなんだ?豪華な~対談だ本当に。作品の話もお聞きしたいと思うんですけど」
J「はいはいはい」

中村「DVD【A KNOT OF】。これはどんな内容なんですか?」
To「そうですね、とりあえず過去3年くらいの、やってきものを“良いトコ取り”みたいな。入門編みたいな感じでとても入り易いと思ってるんですけど」
中村「海外のものも入ってるし、日本のも入ってるし」
To「はい、そうですね」
中村「見させていただいたんでけど、すっごいですよね海外の盛り上がり。ほんとに、数字で知ってても映像で見ると凄いと言うのが(改めて)伝わってきますけども」
To「はい」

中村「国によって雰囲気は違ったり?」
To「そうですね、若干やっぱありますけど、でも単純に楽しむことをちゃんと分かってる人達というか、分かってる人種なんでしょうね」
増田「楽しむ事に貪欲だよね」
敏也「貪欲」

J「蘊蓄の前に(貪欲)ってことですけどね。それは俺やっぱり凄い感じてると思うよ。実績としてさ、俺思うんだけど、日本で今までこんだけの規模で世界を相手にしたバンドって多分DIR EN GREYが最初だよ」
中村「本当の意味でね」
J「でも、でもねぶっちゃけていうとそれを許さない日本のロックシーン、それを許さない洋楽至上主義なシーンがあるじゃない?」
中村「うんうん、あるある」
J「だから、俺はもう本当にそんなの『クソ食らえ』って、(ここでToshiyaが「ははは」と笑う)DIRのファンの子達は言い続けないと、これは・・・これは、いかんよと。」
全員「うんうんうん」
J「で、バンドがそれを言い始めたら終わるんですよ」
To「あぁ、深いっすねぇ・・・」
中村「深い」
J「バンドがそれを言ったら終わるんですよ。だけど、その、(バンドが)何と戦ってるのか。何と戦ってるんだよ、と言う事なんですよね。だから、それをちゃんとファンの子達は理解・・・理解というか感じて欲しいよね」

中村「うん。尚且つ言葉にもしてどんどん言って欲しいと」
J「そうそうそう」
中村「分かってるし理解してるとも思うんですけどね。そう言う意味でもこのファンクラブの人たちだけでなく沢山の人に今回のDVDを見てもらえるっていうのは大きな機会になりますよね」
To「そうですね、そういう意味でリリースしたって言うのも凄い有りますけどね、正直」
中村「実際生で是非確かめていただきたいと思いますけど。まだまだお話お伺いしたいと思いますがずはここで1曲聴いてもらいたいと思います。Toshiyaさんの方から曲紹介お願いします!」
To「DIR EN GREYで“DOZING GREEN”」


DIR EN GREY:《DOZING GREEN》♪





本日はここまで。
えーっと、なんだか本当に2人がくだけた関係なんだなぁという感じが伝わってくるラジオです。
管理人、DIRは詳しくないんですが(LUNA SEAもハマりたてだからさほど詳しくないけど/笑)Toshiyaってあんなに笑う人なんですか(笑)。
「あはははは!」って思いっきり笑うのが何か意外な感じでしたー。

初対面の飲み屋で何が有ったんだろう(笑)。凄い含んだ空気だったから気ーにーなーるー。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。