トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 偶然、そして微ヲタクTOP日常 ≫ 偶然、そして微ヲタク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

偶然、そして微ヲタク

今日は昼過ぎに国民年金の手続きのために市役所に行って参りました。思えば、市役所の中に入るのは小学生の時の社会見学以来。結構綺麗で洒落た作りでした。
私は病院の如く待たされるものと思って漫画持っていこうとしたんですが、兄が「待たないよ。何回か行ったこと有るけど、誰もいなくてすっげー暇そうにしてるもん」とか言うので何も持ってかなかったんです。

そしたら待ちました(チーン)。20分ちょっとだけど。

多分、『消えた年金問題』を境に国保年金課を訪れる人が増えたんでしょうね。他の課は全然待ってる人いませんでしたもん。


そこでちょっとビックリした出来事が。

自分の順番が来て、カウンターに座る。
手続書類を書くにあたって担当の人に誘導されながら書く項目がいくつか有り、そこに自分の誕生日の項目が有ったんですね。

担当A「お誕生日は?」
了「○月●日です」
担当A「ではここに書いて下さい」

そんな感じで書いてたら、隣に50歳位のおじさんが座ったんです。
その人は私がやっているのと同じ手続きを、自分の子供の代わりにやりに来たみたいなんですよ。
それで当然、担当者が違えども私と同じ事を聞かれる訳です。

担当B「お子さんのお誕生日は?」
おじさん「○月●日です」

私&担当A「!?」

なんと同じ誕生日!!

そんな私と担当Aのリアクションに気付いた担当Bが「どうしたんですか」とか聞いてきたんで、「誕生日が同じなんですよ」と返しました。
おじさんも「へ~、君も○月●日生まれなんだ」とちょっと驚いた感じ。
しかし赤の他人なので適当に言葉を交わした後は、話す事もないのでまた各自の手続きを黙々と進めてたんです。
で、この手続きは学生証のコピーが必要なんですよ。おじさんはコピーをせずに学生証をそのまま持って来ていたみたいで、担当Bがコピーを取るために学生証をおじさんから受け取ったんです。
それを横目でチラリと見たら、


大 学 ま で 同 じ な ん で す け ど (〇Д〇)


それはもう良く見慣れた学生証で。わざわざそこで指摘はしませんでしたけど、これは流石にビックリでしたよ。
同日の同時刻に、同じ年月日生まれで同じ大学の人間(片方は代理だけど)が同じ手続きをするとは。

ん~、こんな事もたまには有るんもんなんだなー。

内心ビックリしつつ担当者の説明を聞いてました。
このカウンター、隣の席が近い上に仕切り板とかも無いから、担当Aと担当Bの説明が一緒に聞こえるんですよ。
聞き取りづらいぞコラ!!



市役所には父が車を出してくれたんですが、その車内でコレ聞いてました。
20070906000408.jpg


スラムダンクのアニメのサントラです。確か私が小学生だった頃に兄だか母だかが買ったと記憶してます。
久々にスラムダンクに再燃したんでコレも超久々に聞いてみようかなと思って(まともに聞くのは初めてかも)。
聞いた瞬間にアニメの映像がハッキリと浮かんで来ました。
これにもちょっとハマりそうな予感(笑)。
微ヲタク精神が蘇りつつある最近です。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。