トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 「星の大地に降る涙」 7月3日公演TOPLIVE・イベント ≫ 「星の大地に降る涙」 7月3日公演

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「星の大地に降る涙」 7月3日公演

@赤坂ACTシアターに行ってきました。立ち見まで出る盛況っぷりでしたよ。

20090704003605


管理人は確かローチケ3次先行というあまり熱心さの無い方法でチケット取ったんですが、どういうわけだか1階O列(15列目)というなかなかな座席をGETしてしまいました。

役者さんの表情もそれなりにちゃんと見える距離で満足ですー。

管理人は完全に春馬君目当てです(これからは「春馬君」呼びで固定していく方向でいきます)。

んで、みなさん仰ってる事ですが、春馬君があそこまで舞台演技が出来る子だったとは・・・・!!という印象が強いですね~。
(そしてオペラグラスで見たときの顔が、汗だくでも凛々しくて素敵過ぎた/笑)

カーテンコール時に寺脇康文氏が「若干19歳、初舞台にしてこの貫禄。末恐ろしい男です」と評していましたが、もうまさにその通りですわ。

寺脇氏も決してお世辞で言ってるんじゃないと思いますよ。

当たり前っちゃ当たり前ですけど、ちゃんと「舞台発声」でした。
(本人も雑誌のインタビューで「俺、こんな声が出るんだ!って自分でも驚きましたね」と発言してます)
まだ声がぶれたり、厚みが足りなかったりするところもありましたが(やっぱ舞台発声の基礎がしっかりしてる人たちは声の“通り具合”が凄いです)、それで評価が下がるようなものでは無かったかな。

殺陣やダンスは春馬君の身体能力の高さを充分に確認出来る出来。いや、マジで凄いですよ。
激しくない踊り(踊りというか舞いに近い雰囲気だったけど)をするシーンもあるんですが、身体の動線が凄く滑らかで見惚れます。
歌にしろ、ダンスにしろ、殺陣にしろ、台詞回しにしろ、予想以上に素晴しくて、春馬君のこれからが本当に楽しみ。もっとガンガン舞台に出ればいいと思う。


舞台全体に関して言えば、まずミュージカル要素がかなり強い事に驚く。
「え、何でここでダンス?」みたいなシーンもあったけど、基本的にはエンターテイメントで楽しめました。
寺脇氏と岸谷氏のアドリブ掛け合いはもう丁々発止で絶妙。流石です。爆笑モノでした。
あの歌覚えちゃいそうだよ(笑)。

他にも笑いどころが(相当)多くて楽しかった。

ストーリー自体は正直なところ管理人の感性にクるものではなかったかな・・・。
オリジナル脚本(ですよね?)なのに「長編作品を無理矢理2時間半にまとめてしまいました」的な違和感があるのは何故だろう。

そして「反戦」というテーマ自体は別に良いのですが、この手のテーマは創作芸術として扱うのが難しいんだな、と再確認。

戦争なんて無い方がいいに決まってるんです。それはある意味「当たり前の結論」なんです。
あくまでも個人的な感覚なんですけれど、当たり前の事を当たり前にやられちゃうと(創作芸術としては)どうしようもない、という印象にしかならないんですよね。

「廊下を走るな」という警告をストレートに言われても胸に響かないのと同じ理屈だと思う。


でもベテラン俳優さん達の演技を生で間近で見れたこと、「お遊び要素」が凄く楽しかったこと、何よりも春馬君の潜在能力を確認出来た事。それでチケ代の元はギリギリで取れたと思ってます。

これ↓はパンフレットとフライヤー。

20090704003310


パンフレットは値段(2000円)の割には凄く充実してるんで買いかと思われます。
地球ゴージャスさんの歴代の公演作品も載ってるんですが、【瓶詰めの地獄】って夢野久作の作品じゃなかったっけ。これもオリジナル?

「ムサシ」を観に行ったときにも思いましたけど、入場口で渡されるフライヤー枚数が凄いですよね舞台って。

伊坂幸太郎氏の「死神の精度」が舞台化されるんですねー。
藤原竜也氏出演の「イングリッシュサムライ 按針」、小日向文世氏出演「海をゆく者」、山本耕史氏出演「ドリアン・グレイの肖像」が気になってます。どれか一つは観に行こうかな・・・。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。