トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ nitro diary大量更新&大原画展の詳細発表TOP日常 ≫ nitro diary大量更新&大原画展の詳細発表

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

nitro diary大量更新&大原画展の詳細発表


峰倉氏の公式ブログが1ヶ月半ぶりに大量更新されましたが何やら色々ゴタゴタしてますなぁ相変わらず。「WILD ADAPTER」は実は最遊記シリーズ以上に好きだったりするんで早く解決して欲しいところ。
ずーっと落ちてた公式HP[nitro]はサーバとの契約期間が終了していた模様で、これ機になくなると。

刊行ペースにも悟りを開き気味な管理人ではありますが、しかしマジで一回この人は仕事の整理をキチンした方が良いと思う(スケジュール管理に関してはもはや専門マネージャーが必要なレベルなんじゃなかろうか)。
前回記事で「WAシリーズの複製原画集出して欲しいー」とか言っといて何なんですけれど。

「WA」が何やらトラブってて、「ぱふ」のインタだと「BUS GAMER」も当分書けない感じ出し、「蜂の巣」に至っては今いずこ....orz

そして一迅社は全サを何とかしないと詐g(ry
基本的に本誌を読まないし、ファンの方のブログを覗いたりってこともしなかったので今まで全く知らなかったんですが「これは酷い」という感じ。


さてそんな中(どんな中)「最遊記シリーズ大原画展」の詳細が出ました。

nitro diary
一迅社公式

開催会場:池袋サンシャインシティ 文化会館4F Bホール
開催期間:2009年10月30日(金)~11月1日(日)
開催時間:10:00~18:30 *最終入場は18:00まで
主催:株式会社一迅社
入場料金: 無料


物販やトークイベントも(人数制限付きで)あるみたいです。
出版社主催の公式イベントだけどコスプレ有りなのか・・・、改めてこの漫画のファン層が分かるなぁ(笑)。

ちなみに会場はこんな感じです→施設概要

面積2343㎡。
図面の読み方よく分からないんですが、図面に書かれてる数字がセンチを表してるならばBホールはおおよそ32m×73m(=2336㎡)のハコってことに。

  デ  カ  ッ !  !


作者本人もかなりデカい箱だと仰ってましたが、ホントにデカい(笑)。
ちなみに該当ホールの利用料金は164万円/日だそうで。流石都心の大ホール。高い。

いや、でもね、164万円×3日間=492万円ですよ。これだけ大規模にやるんだから人件費も設営費も相当なものじゃないですか。

それを入場無料でやるって事は、それだけ物販での収益を見込んでのことなのか。(正直あの出版社に赤字覚悟でこういうイベントやるような体力は無さそうな感じなんで)。


そうそう、ビックリしたのが峰倉氏の同人サークル「バックギャモン」のブース。
現段階ではこのブースで何をするのかよく分かりませんが・・・公式イベントで同人誌売るってんなら相当凄い気が。
それとも例の「最遊記アンソロジー」でしょうか。今のところ一番気がかりなブースです(笑)。

あとサイン会ね!これは是非って感じです。
しかし合計で400人・・・、整理券手に入れるの相当厳しそうだ。

リロブラ発表のトークショーも参加したいんですがこれも整理券確保が厳しそう(つД`)


ちなみに、今のとこ特別な予定が無ければ3日間通う気です(・∀・)

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。