トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ KAT-TUN「Going」@MステTOPメディア ≫ KAT-TUN「Going」@Mステ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

KAT-TUN「Going」@Mステ

Mステで披露された「Going」を見ての感想など。放送当日にブログ非公開にしてて、先にツイッターで呟いちゃったんでひとまずそのツイートを転載。


Mステをサラっと見てきた。Xの「Say Anything」に亀梨が反応してくれてて嬉しい。肝心のKAT-TUN新曲ですが、残念ながらあまり好みでは無かったなぁ(赤西がいるとかいないとか関係無しに音楽的好みの問題として)。
3:32 AM Apr 30th webから

好き放題に新曲の感想。「Going!」はアレンジが全く好きではない。「GLORIA」とか「MIRACLE」に通じる退屈さを感じてしまう(この2曲よりはまだイイけど)。そんな中でも中丸の存在が一際光ってるので、中丸メインで良いじゃないかという気がしたけど、それは難しい話しなのかな。
3:52 AM Apr 30th webから

曲はアレでしたが全体の雰囲気は頼もしいというか安定してる。同じ5人体制でも留学騒動の時とは訳が違うので当たり前かも知れませんがメンバーが状況を理解し受け入れてるとこういう空気になるんだな、と思いました。
4:02 AM Apr 30th webから



以下、感想。
長めなんで追記に畳んでおきます。




赤西とかカツンってグループに関してはちょこちょこ好き勝手に分析(という程ご立派ではないけど)してましたが、初めてリアルタイムで5人制カツンを見たので素直な印象を書いておこうかなと思います。

パフォーマンスを見た率直な印象としては、ノリのいい曲でもカツンが凄く「綺麗にまとまってる」。揃いの衣装込みで。
その「綺麗な纏まり」は5人だけだと自然発生するものなのか、赤西不在という状況を一枚岩で乗り切ろうという共通意志によってイレギュラー的に発生するものなのかは良く分かりません。(比較検討する手段がないし)

「綺麗にまとまってる」けれど、「不敵」な印象はだいぶ薄れるなー、と。スッパリと言ってしまえば「パンチが足りない」感じ。
曲が爽やか系だったからかも知れませんけど、でも「SIGNAL」も爽やか系だったもんなぁ。

そしてこの「綺麗なまとまり」をどう評価するかは、カツンの何が好きなのかでだいぶ意見が分かれるとも思う。

個人的に「分かり易い一体感」をカツンには求めてなくて。
「何かみんなして好き勝手やってそうだけどちゃんと核の部分で繋がってる」雰囲気と言いますか、「どうにもこうにも何かがはみ出してるけど6人揃ったら最強じゃね?」、みたいな空気に惹かれてたのでね。
だから「パンチが足りない」という印象になっちゃうんですけれども。

でも中にはそういう普段はバラバラっていうのよりもグループとしての分かり易い一体感とかの方が好き!って言う人もいっぱいいるんでしょうから。

なのでこの赤西不在による「綺麗なまとまり」を「モアベター」と感じるか「ちょっとパンチに欠ける」と感じるかは、本当にカツンに何を求めてるかでパッキリと分かれそう。

あ、そういう「綺麗なまとまり」は個人的に望んでませんけど、だからといって5人に不満が有るとかじゃないですよ全く。むしろこの「綺麗なまとまり」を生んでる原因は赤西ですからw
(※念のために補足しておきますが、2wayでの世界進出に対する賛否と5人体制カツンに対する印象は全くの別問題として捉えてます)



んで改めて考えてみて思ったですが、不在によってグループに「綺麗なまとまり」を生み出すメンバーってもの凄く珍しいんじゃないかと。
さっきも書きましたが、メンバーの不在がグループにいつもと違う空気を生み出す部分は絶対にあるでしょうから一概には言えませんけども。

でも仮に一時離脱するのが他のメンバーだったとしたら、と考えた時に「綺麗にまとまってる図」というのがちょっと想像出来ないんですよねー。
そういう変化の仕方をグループにもたらす赤西は(小林氏の言葉を借りれば)ちょっとアウトしてる感じでやっぱり面白い男だなーと思った次第。

そして自分は「そういう男を抱えてるKAT-TUN」というグループに妙な魅力を感じてしまうのだよなぁと。

勿論、赤西という一種の不安定要素抱えてても崩れないKT-TUNの凄さというか基礎体力がその前提に有るからこそだとは思ってます。
その辺に関してはこの記事(→DVDでカツンを語る)で語ったので割愛しますが。


音楽的な部分でも少し書こうかと思いましたけど・・・・長いので次回に持ち越します。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。