トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 0706【GOLDKIDZ FESTIVAL 2010】@表参道FABTOPLIVE(9mm) ≫ 0706【GOLDKIDZ FESTIVAL 2010】@表参道FAB

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

0706【GOLDKIDZ FESTIVAL 2010】@表参道FAB

「You&Jin 全米ツアー決定」、「9mm革命ツアーセトリまとめ~Zeppシリーズ篇(0620修正済)~」、「9mm革命ツアーセトリまとめ~ホール篇~」、「9mmさん、祝××××!!」、「まさかの展開」への拍手ありがとうございました!




東京NHKと横浜をアップする前にこっちを(爆)。

急遽9mmの出演が告知された【GOLDKIDZ FESTIVAL 2010】@表参道FABに行ってきました。

主催してるのが金子さんだから「金=GOLD 子=KID」でGOLDKIDZ FESTIVALというイベント名なんですが、これに対してmudy on the 昨晩のメンバー(すいません名前を存じ上げません)が「小学生レベルのネーミング」とバッサリ(笑)。「でもそんな金子さんが好きです!」って言ってました(笑)。

出演順は「TEAM VERYS」→「cinema staff」→「mudy on the 昨晩」→「SPANK PAGE」→「9mm parabellum bullet」。

地下にステージがあるライヴハウスで、キャパは350~400くらいだとか。(ロッカーは地下2階に80個くらいしか無い)
そんな規模のライヴハウスなんでぎゅうぎゅうになるかなーと思ってたら、逆に大バコよりすっごいゆったりした空間でビックリした(笑)。

9mm以外全然知らないバンドばっかりだったのですが(昨晩がインストバンドということさえ知らなかった・爆)最初から最後まで楽しめました!
フロアに余裕あるからいつもは終演後に飲むお酒を飲みながらじっくり聴ける。(でもクーラー効き過ぎですげー寒かったよ)

個人的に一番いいなぁと思ったのが「cinema staff」でした。アルバム出たみたいなんで買おうかな・・・。ワンマンも見たくなったのでお財布と相談中。
あと「SPANK PAGE」のボーカルの声もやたら印象的。メロも綺麗だったしサウンドも好きな感じで気になる。

出番終ったバンドのメンバーさんが普通にフロアとかドリンクカウンター付近にいたんで話しかけたりサイン貰ってる人がチラホラいらっしゃいました。残響スタッフと思しき人も普通にフロアにいるし、客もバンドもスタッフも限りなく同じ場所にいるなーって感じ。
あんまりそういうの経験したこと無いんで新鮮でした。

転換時に暗幕が貼られてて、機材とかで次のバンドが分からないようにしてるのかと思ってたんですが、どうも前にいた方の話しだと各バンドのメンバーが自分たちでセッティングしてたらしい。
DIY精神(違)が溢れるイベントです。


9mmはトリ(5組目)で登場。

管理人は後方で見てましたが前方もほぼ圧縮が無かったようで、相当快適だったみたいです。(もっと前行けば良かったかな)

色々な点を客観的に見て9mm目当てだったお客さんが相当だったと思うんですが、革命ツアーのフロアで遭遇した数々の「おいおい・・・」とか「うーん?」ってなる事柄がほぼ一切無くて、(良い意味で)凄く平和でした。

あんなに平和だったのは人口密度の低さゆえなのか客層ゆえなのか、ちょっと考えたり。


イベントなのでやってもせいぜい7~8曲かなと思ってたんですが、アンコ含めて11曲もやるという嬉しい大誤算!

セトリ↓

1.Hide&Seek
2.Psychopolis
3.Cold Edge
4.光の雨が降る夜に
(MC)
5.The Revenge Of Surf Queen
6.(teenage)disaster
7.Termination
8.The Revolutionary

-EN-
9.STAY GOLD(Hi-STANDARDのカバー)
10.Lovecall From The World
11.Sector


多分合ってるはず。この位なら何とか覚えてられる(笑)。
この日のセトリはGOLDKIDZ氏こと金子氏によるリクエストで決定したみたいです。ハイスタのカバーは「GOLD」にちなんで、だとか。大変美味しいセットリストでございました。

視界も拓けてるし踊るスペースも十分。贅沢な空間だったなぁホント。
メンバーもすっごい楽しそうで。滝さんとかステージギリギリまで身を乗り出してギターかき鳴らしたり、和彦さんは何かの曲でアンプ上のピックを取る→フロアに投げるを数回繰り返したり(笑)。

サーフクイーンでだったかな?卓郎さんが「ギター!」て叫んで滝さんのギターソロ始まった時にフロアの一角が「うおおおお」ってなってアツいな!と思った。

「光の雨が~」の歌い出しの“イルミネーション”を“表参道”に替えて歌ってたりして、その遊び心と良い意味での余裕に感動しつつ笑ったw

アンコで出てきた時卓郎さんが「俺、このイベントずっと“GOLDEN”KIDZだと思ってたら“GOLD”KIDZだったんだね。“GOLDEN”だと何が違うの・・・?」って言って和彦さんの方見たら、和彦さんも「分かんない」って感じで(笑)。
したらその反応見た卓郎さんが「あちゃー」って感じで手首スレスレの部分の手のひらで自分のおデコをスコーン!と弾いてた(伝わりますかねこの動作/笑)。

しかしゴールデン(形容詞)とゴールド(名詞)の区別がつかないあたり卓郎さん相当英語苦手なんですね(ノ∀`)
でもそんな英語音痴っぷりを発揮した後に英詞の「STAY GOLD」をカバー(笑)!いや、かっこ良かったですよ(笑)!

あ、横浜もそうでしたが、卓郎さんが柔らかい雰囲気で何か良かった。

例のアナウンスを恒例にせざるを得ない状況になっても卓郎さんが横浜で「ホール回ってきたけど、やっぱライヴハウスっていいね」って言ったりとか、このイベント前に和彦さんが同じように「やっぱライヴハウスはいい!」と呟いたりとかしてるの見ると本当にライヴハウスっていう空間が好きで好きで仕方ないんだろうなぁと。

だから凄い楽しそうなメンバー見て素直に嬉しかったです。(同時に改めて色々思ったり)

アンコラストのセクターで完全燃焼して帰って来ました。ホント楽しかったです(´∀`*)


ツアーに参加した時も思ってたことなんですが、9mmさんのライヴって時間短くても全然「短い」って感じないなぁ。
ワンマンライヴでアンコ含めて1時間半あるか無いかって、数字だけ見たら短い部類だと思うんですけどね。「えー、もう終わり?」って気がしない。
1曲あたりが短いから曲数多く出来るっていうのもあるんだろうけど、密度濃くて満足出来ます。

今回の11曲も大満足でした!


次は22日のGG10@AX。
先行も一般もダメだったんですが、声をかけて下さった方がいたので無事に観に行けることになりました。多謝。

うっしゃ!来週の週6シフト頑張る!

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。