トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 0825/the HIATUS【ANOMARY TOUR 2010】@新木場studio coast~9mm篇~TOPLIVE(9mm) ≫ 0825/the HIATUS【ANOMARY TOUR 2010】@新木場studio coast~9mm篇~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

0825/the HIATUS【ANOMARY TOUR 2010】@新木場studio coast~9mm篇~

ハイエイタスにゲストバンド9mmという見事な俺得ライヴでした。書いてたら微妙に長くなったので9mm篇とハイエイタス篇に分けますです。なのでカテゴリも9mmのLIVEってことにしました。


大学でバイトしてから新木場向かって到着したのが4時半くらい?9mmさんの8月限定スペースT欲しくて酷暑の中物販に1時間半並びましたよー!
ハイエイタスの物販とゲストバンドの物販分ければ良いのにね(ぶつぶつ)。
でも物販が込みそうなのは何となく予想してたので暇つぶし用に文庫本用意していったおかげであんまり退屈しませんでした。管理人以外にも文庫本読んでる方が2人くらい(笑)。

ハイエイタスのライヴにゲストで出る9mmってことでどんなセトリ組んでくるかなぁとわくわくでした。ゲストバンドが自分の知ってるバンドだった時ってこういうのも楽しみ方の一つなんだなぁ、と。全く知らないバンドでもそれはそれで楽しみだけど。

10分押しくらいで始まったのかな?さすがにこれは19時9分ではなかったです(笑/9mmさんはこの前のツアーで律儀に各会場19時9分開演だった)。

9mmが一応アウェイですけど、自分が1柵目にいた(というか流された)せいか普通に盛り上がっててちょっと拍子抜けといえば拍子抜けかも(超アウェイな状態期待してたから)。
1柵目後方にいたけど良い感じなさじ加減のノリだったので、汗だくになるくらい踊れてたまにぶつかって、且つ不快な挙動の輩もいないというちょっとした天国でしたー(´∀`*)

相変わらず下手にいたので卓郎さんと一彦さんしか視界に入らない。卓郎さん髪を耳にかけてました。色っぽくて好き。

以下セトリ。順番自信無しですが曲目は合ってるハズです。(順番もだいたい合ってるかと)

Psychopolis
Invitation
Wonderland
We Are Innocent
Black Marcket Blues
Battle March
キャンドルの灯を
The Revolutionary
Living Dying Message
Cold Edge
Discommunication


セトリも流れも個人的には良い感じでした。1曲目サイコってあたりから押せ押せなムードでテンション上がりましたよー!
『Invitation』の“シェルターの中で”の部分は「ANOMARYツアーで!」に替えられて盛り上がってた!
『Wonderland』も前奏付きがデフォになったのかな?ゼンマイ同様に不気味な導入イントロがツボ。

ていうかホント卓郎さんの声伸びてていいなぁ。聴きやすいしCDよりずっと通るし。

イノセント後にMC。以下大体こんな感じだった的まとめ。

「9mmのこと知ってる人も知らない人も色々といると思うんですけど、ハイエイタスは自分たちのツアーの時にゲストで出てくれて、今度は自分らがゲストでこうやって出て、また一緒にやれるのが凄い嬉しい。恐るべき後輩、というのか恐るべき先輩というのかよく分かりませんけど(笑)」(確かにキャリア的には大先輩だけどバンドとしては後輩だからねハイエイタス)

「んーと、特に言いたいこととか無くて。...ホント何も無くて。僕らが演奏するんで、みんなはそれを楽しんでもらえれば。」

ぼんやりした口調(いつもの菅原さんな感じ?)で言ってました。
何て事無いような口調でしたけど、後者のMCに関しては個人的にはとにかく音楽(演奏)きいて欲しいんだろうなと解釈しました。菅原さんの「言いたいこと何も無い」という言葉をよくきいてる気がするなぁ...。

ツイッター上でのちひろさんのライヴマナーに関する言及があったばかりなので、その台詞が余計に印象に残ったり。

そんなMCのあとに「次はみんなが知ってそうな曲やります」と言ってBMBへ。
ということは前半4曲はファン以外にはマイナーな曲だと思いながらやったのかなー。アウェイの会場で皆知らなさそうだなって曲を立て続けにやる姿勢はかなり好きです。

周りが凄い盛り上がってから1柵目は9mmファン多いのかなと思ったけど、このBMBの途中の“ぶらっくまけっぶるーすでおーまえをー“の手拍子の仕方で「あ、やっぱ違うんだな」って分かった(笑)

でもそうやって盛り上がった後に『Battle March』やるあたりが、何て言いましょうか素敵(笑)。この日のセトリだけ見たらファン以外にとっては一番マイナーなんじゃないのっていう。

『キャンドル~』はひたすらいい曲だし、和彦さんのアップライトもだんだん余裕な感じになってる気がする。いつもよりベースの音がハッキリ聞き取れてちょっとテンション上がりました(´∀`)

『Cold Edge』は10-FEETのせいで「ちっひっろ!(以下略)」を思い出して困ったよ!シングルだからかこれもかなり盛り上がってたなぁ。

『Discommunication』では途中で和彦さんのストラップ外れたけどスタッフさんに直してもらってる間、足下のスピーカーにかけた足にベース乗せて普通にガンガン弾いてました。ベースのボディが上半身に対してほぼ垂直に角度がついた状態でのスラップだったので手の動きが見てて凄い楽しかった!トラブルもなかなかオイシイですね...。


終始テンションよくいい気分のまま9mmさん終了!終わったあとは自分でもビックリするくらい汗だくでした。楽しかったなぁ。
ハイエイタス始まるまで会場外に出ててもOKってことだったんで外に出たんですが当然の如く全然涼しくないw

まぁでも密集地帯から抜け出して新鮮な空気に触れられたのは良かったので他のライヴでもこうしてくれると嬉しいかも。


=9mm篇終了=

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。