トランジスタ・ブレイン

しがないAヲタによる赤西ネタとバンド系音楽ネタメインのブログです。最近はUVERworldがアツい
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 羽生結弦にハマるの巻TOPフィギュアスケート ≫ 羽生結弦にハマるの巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

羽生結弦にハマるの巻

とてつもなく久々のブログ更新です。
昨年は転職したりとかUVERにころっと転んだりとか様々ありました(ざっくりとした総括)!

さて今年に入ってから、2月に行われたソチ五輪で羽生結弦というフィギュアスケーターにつまづいてドツボにはまってしまいました。

思えば私が羽生君(“ゆづ”なんてとても呼べないw)を最初に認識したのは前の会社にいたころです。
彼の書籍、「蒼い炎」という書籍が刊行された2012年


蒼い炎蒼い炎
(2012/04/07)
羽生 結弦

商品詳細を見る


「最近人気のある選手なんだ〜、へぇ〜」くらいにしか思ってなかったんですが、それから早2年。
見事に惚れました。

オリンピックの時期にたまにテレビで見かけたり、ネットでのプーさんネタとかあざと可愛いネタ(笑)とかは見てて、あぁそういう可愛らしい系キャラの男の子なのかねとか思ってたんだけど、ところがどっこい(死語)

どこかで見かけた「少年ジャンプを地でいく」という表現がぴったりの努力、友情、勝利の世界の住人じゃねーかと気がついてしまう訳ですね!

負けん気強いし、勝つ事に貪欲だし、非常にアスリートらしい人だなぁと思います。
おまけに頭の回転も早いし、人当たり良さそうに見えて影がありそうだし、CAすら公開処刑にする抜群のスタイルも相まって二次元を凌駕する属性を持った三次元という感じw

で、彼をきっかけにプルシェンコにも興味を持ち更にそうなると必然的に(?)ヤグディンという天才スケーターを知る事になり、ソルトレイク五輪での演技を見て胸を打たれ、フィギュアのアツい歴史をひしひしと感じる日々です。

ていうかヤグプル2人のエピソードが「どこのハリウッド映画長編三部作だよ」って言いたくなるくらい壮絶でビビるわ。これ本当に実話ですか?的な。
フィギュアスケートって恐ろしい・・・!


そんなこんなで過去の試合動画とか漁って楽しい日々を過ごしております。
あ、羽生君が5月に映像作品を出すとかでもちろんBDの限定版予約してますw


羽生結弦「覚醒の時」 (初回限定豪華版) [Blu-ray]羽生結弦「覚醒の時」 (初回限定豪華版) [Blu-ray]
(2014/05/21)
羽生結弦

商品詳細を見る


まだ何が収録されるか分かりませんが、レビューに既に書かれている通り、とにかく2012年、ニースでの世界選手権の『ロミオとジュリエット』は入れていただきたく。初めて見た時は本当にドラマティックで衝撃的でした。
フィギュア見て感涙する日が来るとは夢にも思わなかったよ・・・

羽生結弦 2012世界選手権 FS(B.ユーロ日本語字幕)


とろこでAmazonって発売前の商品のレビューって出来なくなったんじゃなかったっけ??勘違い??



世界選手権は実はEXだけ観に行ったんですが、そこで見た羽生君のロミジュリの感想を別記事でかけるかな・・・。

あとアイスショーに行ってみたいなぁ〜とか思って調べたらチケットがクソ高くてワロタ。
SOIは行くことにしたけど、幕張のFOIはどうしようかしら。

これ以上お金のかかる趣味を増やしたくないんですが、うまく他のライブとかとの兼ね合いをつけたい所存。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。